システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本FP協会で認定しているAFPとCFPの両資格は、資格を取った後も学習義務がある。
約2年間の間に単位を取得して更新しないと、失効してしまう。

AFPが「(FP実務と倫理を含む3課目以上で)15単位以上」
CFPが「(FP実務と倫理を含む3課目以上で)30単位以上」

キンザイのFP技能士だと1級でも2級でも3級でも資格そのものには単位取得などの
義務はないのだけれども、資格を取った後、年会費を払う特別会員になると、
色々な特典(仕事紹介なんかも書いてあったけど実態不明)とともに学習義務がついてくる。

CFP受験申し込みと同時にマイページにアクセスしたので、単位申請をしたけれども
申請用紙が部屋内行方不明で6単位しかまだ申請できず。

かなり沢山単位は取得済みのはずなのだけど何単位くらい取得しているかちょっと楽しみ。
日本のFP界のトップ集団を目指す!
本気のFP!
真剣にFPを極める!

と頑張っておられる知り合いの皆様に怒られそうだけれども、
先日の仲間内の打ち合わせ時に提唱された「道楽としてのFP」には一理あるような気がしてきた。

「お金にならないし、時間は取られるし、理不尽な事あるし、他人に理解されない。」
等々の表面的な部分だけで道楽としてのFPが提唱されたわけでもない。
(上記だけでも驚くほど共通点があるけれども)

たとえば、50ccの原チャリを一生懸命チューニングして、色んなパーツ付け替えたり、
オイル替えたり、色塗ったり、ヘルメット買い替えたりして、その結果、

「おっしゃ~!時速30km/h速くなったぞ~!!!」

なんて喜ぶ人っている。

どう考えても今まで使ったお金と手間があれば、もっと速くて良いバイク買える、
それどころかたぶん、余裕で軽自動車買えるくらいなんだけど、そんな指摘は無意味なのだ。

昨日の俺より今日の俺は時速30km/h速いのだ!それが嬉しいのだ、凄いのだ、ワクワクするのだ!

ねぇ、それ、何の意味があるの?お金になるの?もっと効率良い事あるんじゃないの?

わっかんねーかなぁ。この加速がすげーンだよ、それといい音鳴らすだろ、このマフラー!
後、このオイルがさぁ・・・・

その価値観を他人が否定する事はできないし、する必要もない。

役者馬鹿、空手バカ、釣りバカ、バイク馬鹿、FP馬鹿。

この境地に入ると「お金にならないし、時間は取られるし、理不尽な事あるし、他人に理解されない。」
等々の嘆きが、

「えっ、だから何?それって大事な事?それよりさぁ、すげーんだよ、これが・・・」

と、普通にスルーするようになり、結果、道楽FPは恐ろしい程の高みに自分でも知らないうちに
登っていく事になるのかもしれない。
過去記事を見直して読みなおしたところ、FPを知らない人が読んだら
CFP試験って問題作成者と心理戦をして選択肢を予想する試験なんですか?
と誤解されそうな気がしてきたので一応フォロー。

FPとしての知識はAFPの段階で8割フォローされていると思います。
じゃあ、CFPはどんな事が試験にでるのか?

例外事項とか特殊規定とか日本語のアヤとか、誤解を恐れずにいえば、
ものすっごい勢いで重箱のスミを突くような問題が出てきます。

どのくらい凄いかと言うと、CFP試験講座の講師、例えばタックスプランニングだったら
税理士資格保有者が講師をしている場合が多いのですが、その講師レベルの人達でも
「私が受けてもCFP試験では満点は取れませんからね」って公言しちゃうほど。

そのような事情で、どうしても解けない難問奇問対策として「統計で考えるCFP試験対策
が生み出されたのです!!
(嘘です、試験問題解いてて疲れたので現実逃避して書きました。)

CFP試験とAFP試験の大きな違いは、
・AFP試験は科目分けされていないので、得意分野で稼ぐ事により苦手分野をフォローできる。
・CFP試験は6科目にわかれているので、苦手分野でもその分野のエキスパート達と競う事になる。
 例:タックスプランニングが苦手でも税理士資格保持してる受験者と同じ土俵。

それと、
・AFPは絶対評価でX点以上取れば皆、合格!
・CFPは相対評価で上位X人が合格!
 との話を聞いた事があるけれども、これは真偽不明。

 ただ、個々の科目の合格率がAFPより高く見えるのは罠って事は実感。
 かなり出来た!!と思ったのに落ちた事があるので、問題が簡単だった時は
 合格点が高くなっているのは確実。

とは言っても右のリンクにある、江戸のファイナンシャルプランナーさんとか、
FP.MAKIDAIさんは、CFP6科目一括合格した人なので、
頑張って努力して一気にクリアしてしまう人もいるので、
CFP受験についてアドバイス欲しい人は見に行くとよいかも。

それと、AFPやCFPは維持費がかかるから技能士が良いなぁ、っとFP技能士を目指してる方には、
同じく右のリンク先にある

FP技能士2級用
 「現役講師がこっそり教える!2級FP技能士試験・独学合格応援ブログ

FP技能士3級用
 「独学で合格!大学生のためのFP3級試験合格応援ブログ

をお勧めしときます。

3級ブログは、2年以上続けておられるけれども、無茶苦茶大変だと思います。
僕自身、半年ブログ続けるだけでかなり大変だったので、その偉大さが実感できます。


PS
拍手コメントに「私は毎度のことで勉強不足でした」と今回CFP受験された方から
反省の弁を頂きましたけど、そうですね~、試験の難しさもあるし、モチベーションの維持や
勉強時間の確保等々、なかなか思い通りにいかない時ってありますよね~。
僕も努力不足だったと反省する点はあるので今回ダメだったら、また11月挑戦しようと思います。
プレジデント4月13日号の特集が「年収1800万円の勉強方法」だった。
その中に「取得時間・予算別 不況に強い資格図鑑45」と云う記事があり、
以前書いた「不況に強い資格ファイナンシャルプランナー」を思い出してさっそくチェック。

記事の内容そのものは「~だから不況に強い」と理由を書いたものではなくて、
「自己投資して勉強すればリストラされる事も少なくなるし、起業・副業にもできるかもっ!?」
との内容。そして、一覧表で資格取得にかかる時間、費用、合格率が載っていた。

一覧表には、AFPが載っていた。
 アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー(AFP)
 取得時間:100時間
 費用(主に通学費):15万8000円
 合格率:38.9%
 説明:「個人資産運用のアドバイザー。試験は国家資格の2級FP技能士検定を兼ねており
      合格者は技能士も名乗れる。合格率は学科」

合格率を学科だけ切り出した意味がわからなかったのですが、
学科と実技を合わせるともう少し合格率は下がるし時間かかると思います。
昔は持ち込み可で誰でも受かるような資格だったらしいけど、今は結構難しくなりました。

他に興味深かった資格は
 ソムリエ(ワインエキスパート資格)
 取得時間:45時間
 費用(主に通学費):12万1000円
 合格率:39.7%
 説明:「ソムリエは5年以上の実務経験が必要だが、ワインエキスパートは実務経験なしでもOK。
      試験は、筆記、口頭試問、試飲。」
との事。

試飲は厳しいなぁ。これも試飲対策に色々と呑む事を考えると12万円は厳しそうだよね。
まぁ、ビールと発泡酒とその他の雑酒の違いが中々わからない私にはちょっと取得は難しそう。
先日の同窓会時に「CFPネタはツマラナイ」と心温まる
ご声援を頂きましたが、これだけは書いておかなくてはと
思っている事があったので僭越ながら書かせて頂きます。

いや、以前、FP資格について外向きの文章を書いたじゃないですか。
あれ読んで、全面的に鵜呑みにされてしまうと困るので一応、書いておかなくてはなぁ、
と思っていた事があるのです。

いや、あの記事で使ったデータに嘘はないと思います。
「なりたい職業一位」や「弁護士より難しい」とか。

ただ、どういう場面で使われていたデータなのか、
裏が取れてないのでそのまま鵜呑みは危険かなと。

例えば、僕がどうしてもヨイショ記事を書かなければ
いけなくなったら書きますよ、きっと。

日本でも高収入が見込める資格として認知されており、
司法書士、不動産鑑定士、を抑えて第五位にランクされた。
(YAHOO JAPAN調査)

って、書かせて頂きますよ、えぇ、はい。

CFPライセンスがどの程度、海外で権威があるものなのか、
私の個人的な体験を2つお話すると、

1)CFPライセンスを取得後、数年間アメリカ暮らしをしていた人が、
 「そんなに権威を認められている資格とは気付かなかった。」
 と言っていた。

2)私がTOEICを受験した際、試験英文の中に、
 「Mr.A, certified financial planner, ~」
 と「certified」が明示された表現があった。
 「certified」=「認定された」と直訳も可能なので
 問題作成者がCFP(R)を意識して設問を作ったのかはわかりません。

 念のため、TOEICに電話で聞いてみたのですが、
 『試験問題は日本で作っていないので確かな事はわからないが、
 登録商標とは意識されておらず「英語圏で一般的な単語」
 として使われたのだと思う。』
 との事でした。

なので、英語圏でFPがとても普及しているのは間違いないけど、
CFPが登録商標だと知っている人はあまりいないのでは?
と感じています。

<サンプル文章>
最近、「ウインドサーフィン」に凝っていて、
海岸沿いに「ウイークリーマンション」を借りて没頭しています。
そうそう、この前買った「ジープ」で京都に行ってきます。
旅行の様子は「写メール」でレポートするのでお楽しみに。
もちろん、お土産に「鹿せんべい」を「宅急便」で送りますよ~。
でも、遊んでばかりいないで「CFP」試験準備もがんばらなきゃ!^^
</サンプル文章>

上記のカギカッコでくくった単語は全部、登録商標ってご存知でした?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。