システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥様、聞きました?
1月の鉱工業生産指数速報が前月比10.0%低下の76.0と、3カ月連続で過去最大の
下げ幅を更新したんですって。

鉱工業生産指数速報は先行指数ですね。

そして求職者1人に対する求人数を示す有効求人倍率も0.67倍と前月より0.06ポイント低下。
8カ月連続で悪化ですって。

有効求人倍率は一致指数ですね。

あ、でも完全失業率は季節調整値で4.1%となり,前月に比べ0.2ポイント低下ですって!
明るいニュース?でも失業率って「働く意思を持ってる」けど職に就けない人の割合だから
本格的な不況だと「職につく事」を諦めてしまう人が増えて見かけ上は、下がるんですわよ!

完全失業率は遅行指数ですね。

今回、先行指数、一致指数、遅行指数が綺麗にそろって発表されましたね。
とってもわかりやすいのですが、「まだ不況は本格化していない」って事を示しているように
読めてしまいますわよ、困りましたわね~。

☆★☆

相変わらず、お先真っ暗なニュースが多いのだけれども、ちょっとだけ明るい話を。

いろいろな分野で私が一目置いてる人、この人先見の明があるなぁ~って思ってる人は、
ほぼ例外なく現在の状況をひそかに楽しんでいるフシがある。

最初「皮肉かヤケクソになってるのかな?」とも思っていたんだけれども
どうもそうではなくて、純粋に面白がってるというか楽しんでいるというか期待している。

ゆでガエルの話ってご存知ですか?
熱いお湯にカエルを入れるとカエルはすぐに飛び出して逃げるけど、
水にカエルを入れてから、徐々に熱するとカエルはお湯とともに茹であがって死んでしまうってお話。

今までの日本って徐々に衰退に向かっていく、総人口も減り、超高齢化、若者が未来に
期待が持てない、だけど既得権益を持っている人達は大して不都合を感じない社会、
つまり徐々にお湯になってた。そこに、今回の大危機でザバーっと熱湯が注がれてきたって事。

泳いでるカエルしか感じていなかった危機が、一気に表面化してきた。
ハスの上に居座って特に不都合を感じていなかったカエル達も飛びあがざるをえない状況がやってきた。

私は、ある程度収入が保証されてるSEから全くどうなるかわからんFPになんて言ってる人なので、
水の温度が上がってるのはだいぶ前から知ってたけれども、モロに熱湯を被らざるをえない
立ち位置に自分から行っちゃってて面白がるなんて事は言ってられないんだけれども、
期待の意味はわかる。

根拠ないけれども歴史が証明している。

ヤバイ人っぽい言いかたに思われるかもしれないけど、今回の危機は下手したら国難クラス。

チョンマゲ、刀の時代に大砲持ってる西洋人がやってきたら、
刀で切りかかって根性見せつつも、素直に良い所を吸収して明治維新で近代化。

忠実にそれを再現した海外産の世界史ゲームをやった外人の感想は「日本チート(いんちき)!」。
確かに何で、こんな国土小さい資源ない人口もたいしていない敗戦国が経済大国になってるの?

まぁ、大概の外国人は、ブッシュさんが「イラクを日本化!」などと言ったように軽く見ているのか、
自分たちのモノサシで測っているけど、たぶん、その認識は甘い。

本当の危機に一丸となると、日本はインチキクラスの強さ。

米金融大手JPモルガンが今回の不況から立ち直るのはもしかしたら日本が最後と言ったらしいけど
「確かにウチの大臣は酔っ払いだったけどティモシー・ガイトナーはトム・ハンクスみたいでイケメンだよね。」
と言い返しとけばOK。

出口の見えないトンネルに怯える必要はない。
火が燃え盛っているからこそ、火事場の馬鹿力が発揮できるのだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/95-40135a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。