システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロベエのためにペットショップに行って、塩土を買ってくる。
鳥類は歯がないかわりに砂肝って部分で、石や砂を使って食べ物を
スリ潰して消化するらしい。インコ用しかないけど買って様子を見てみる事にした。

それにしてもペットショップは恐ろしくなる。

「きゃ~、この子、可愛いっ!」「お母さん、お母さん、これ見て!見て!」
確かに愛らしい小動物を見ると温かい気持ちになるのはわかるけれども、
私は、子犬の檻についている「更に5000円引き!」の値札に純然たる経済活動を見てしまう。

特にグハッ、と思ったのは
・手乗りインコ(おそらく生後数週間~数か月)     1980円
・若インコ(おそらく手乗りインコ期間に売れなかった) 1890円
の価格差に「価値の減退」を見て切なくなった。

日本郵政によるかんぽの宿一括売却にクレームをつけた鳩山総務相、言ってやってください!

若インコの方が今までのエサ代や光熱費がかかっているのに安く売るのはおかしいって!
それと雄雌セットで安売りするのもおかしい、一羽ずつ売却するべきだって!
後、この不景気に今売る事にこだわらずに最後まで面倒見ても良いのではないかって!

私は、鳩山さんが自腹でエサ代を支給する条件の下に全力で支持します!

まぁ、かんぽ70施設の取得や建設に約2400億円を要したのに
一括セットで109億円で売るのはけしからんってのは気持ちはわかりますが、
・毎年50億円規模の赤字
・全従業員約3240人の雇用維持という条件
を聞くと、日本郵政側がヒドク不正な入札をしたとも思えないし、
「不景気な今、売る必要はない」って意見も50億円の赤字をどうするつもりなのか疑問に思う。

現日本郵政は
・2400億円もかけたのは「旧日本郵政公社」時代だ。
・1万円で売却し6千万円で転売された施設報道も「旧日本郵政公社」だし、セット販売中の一物件の価格だけ注目も変
・個別に販売して不人気赤字施設が売れ残ったらどうするんだ?
って思いがあるんだろうな、って思う。

過去に不透明な入札があった事に意義を唱えたのは鳩山さんの功績だと思うけど、
郵政以外にも沢山ある官公庁の不透明な入札制度にメスを入れるのではなく、
郵政民営化の見直しみたいな話の方向性はアレレ?と思う。

それと鳩山さんは、もしかしたら土地価格の算定方法を怪しく思っているのかもしれないけど
「取引事例比較法」から「収益還元法」に不動産鑑定評価手法の主流が変わったのは
本当なんですよね。

「取引事例比較法」
ってのは、隣の土地が100万円で売れたんだったらウチの土地も100万円って事。
だからバブル時代は凄い勢いで全国の土地が一斉に値上がりした。
バブルが弾けたら凄い勢いで全国の土地が一斉に値下がりした。

「収益還元法」
ってのは、この土地はどれだけ儲けを出すの?出せる儲けを元に価格を決めようって事。

2~3年前には都市部の地価が上がってるけど地方では地価の下落が続いてるって
てニュースになったのを覚えていますか?

中部読売の記事より
実感ない 戦後最長の景気拡大 地価上昇の原因教えて

これは「収益還元法」で値段を決めているから、「大都市の人気が高くて
賃料で儲けが出せる土地」の値段が上がっているって事だったんです。

でも、「取引事例比較法」じゃないから、隣の土地が高く売れても
自分の土地の値段には関係ない。

この構造の変化にいち早く気づいていた人は、たぶん、大儲けしたんだろうけど、
「都会で土地が値上がりしてるからバブルの再来だ!」
って思って地方の土地を青田買いした人は、多分、含み損を抱えてるだろう、
って話をFPの不動産の授業で聞いて、深く感動したんです。

話がずれたけど、若インコの皆さんが素晴らしいご主人に早く巡り合えますように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/80-8481e1bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。