システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調べ物をしていたら、去年のだけど面白い記事が。

サンケイウェブより
なんと!平均報酬2億3000万円 公的資金投入の米銀経営陣
<引用>
最も高額だったのは証券大手メリルリンチのジョン・セイン最高経営責任者(CEO)で
計8300万ドル(約74億円)。基本給、ボーナスに加え、
ストックオプション(自社株購入権)が6800万ドルに上った。
</引用>

えぇ~っ!ジョン・セインさんってあの人ですよあの人!
メリルで駆け込みボーナス支給をしてひんしゅくかった人

2008.12.22の記事で「昨年」って事は一昨年だけど、
「メリルの昨年の報酬総額は一昨年より6%少ないだけだった」と
報道されてたから、それに基づいて単純計算すると「69.56億」!?


7つの大罪で言えば、Greed、すなわち 強欲!


強欲!? いや、たぶん、そんなレベルじゃなくて思想が違う。
この人はメリルを倒産させずに、政府の支援を得て、
バンカメに救済買収させた自分の「手腕」を正当に評価してるんだ。

セインさんに「会社は誰の物ですか?」と聞いてみたら、
おそらく「株主の物です、私は株主の利益のために働いています」
と即答するだろう。

そう、短期利益を追及する株主にとってはセインさんはとても優秀だ。
社員にとってもありがたいCEOだろう。
ただ、社会的責任とか国民の血税とか、そんな感覚は皆無だろうけど。

ちなみに、セインさんは窮地のメリルを救うために
外部からスカウトされてCEOになった優秀な人です。

ジョン・セイン氏(写真付き)

優秀な人なのは間違いないと思うけど、自分の年収をパイロットより低くした
JALの西松社長の方が輝いて見える。

西松社長(動画)


さて、2月11日(水)の日経朝刊見出し。

米金融安定化策  ~官民で不良資産買い取り~
-最大1兆ドル投資ファンド設立-

ほぉ~、1兆ドルとは中々思い切ったなぁ、でも
財源どうするんだろう?と調べてみると、

ブッシュさんが残した7000億ドルの予算枠のうち、
半分の3500億ドルは、もうメリルのボーナス等々に消えちゃったので、
残り3500億ドル(使うのに議会承認が必要)を元手にすると。

で、最初は5000億ドルからスタート、最終的に最大1兆ドル。

おいっこらっ! 3500億ドル→5000億ドルに飛んでるぞ!
それと5000億ドル→10000億ドルもどうすんのか全く書いてない。
かなり調べたけど、英文サイト含めて詳細を報道している所見つからない。

「枠組みだけ発表」って表現を見たから多分、ガイトナー米財務長官自身が
敢えて明言を避けてるんだと思うけど、どう考えても無理がある。
だから昨日、米株式市場は今年最大の下落をしたんだね。

民間から6500億ドル、つまり65兆円集める?
買うのって不良債権でしょう?
社会的責任なんて誰も考えてないんだから相当条件良くなきゃ誰もお金ださないよ。

それとも議会に3500億ドルの積み増しを求める?
セインさんの大活躍を見てる国民が、議会が簡単に承認するわけがないよ。
そもそも3500億ドルの使い道だって議会承認が必要なのに。

その強欲さゆえに、国民は税金の大規模一括投入を許さない。
日本も資金注入が遅すぎる、少なすぎる、逐次投入、場当たり的と散々批判されたけど、
ガイトナーさんの思いとは裏腹に、アメリカも日本と同じ道を着実にたどっていると思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/74-854f5b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。