システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の未来について色々と考えていたら眠れなくなったので
おかねの革命~エンデの遺言」をもう一度みたら更に目が冴えてきたので
自分の文章をもうちょっと推敲してみる。

「2兆2千億円 - 発行経費分」利益がでる
「2兆2千億円 - 発行経費分 - 回収費用分」利益がでる

7)で2兆円でちゃんと回収するんだからMAXでも2千億円ですね~。
政府紙幣の発行でお金を増やしちゃいけないのだ。

それと、基本コンセプトとして採用するか悩んで不採用になったものも書いときます。
1)政府紙幣は銀行に預金できない
 制限付け始めると「電子マネーは?」とか色々出てくるので全て制限なしにしました。
 どうしてもお金使いたくない人はそれはそれで良いです。
 受け取った銀行が給料に使ったり支払に使ったりして頑張ると。

2)政府紙幣で支払いを受ける場合、値段の3割以上は政府紙幣を拒否できる。
 私が何かお店を経営してたら
 「政府紙幣の支払歓迎!クーポン切れした政府紙幣も受け取ります!」
 と実質3%値引きセールすると思うので同じようにビジネスチャンスと考える人は
 いるからそんなに心配する必要はないと思って却下。

それとネット検索してたら同じような事考えてる方がいたですよ。
今こそ政府は「政府紙幣」を発行すべき
しかも同じIT関係で。

着想が同じで実現方法が違っているけど、仮に実現方法も似てたら
これ、盗作と疑われる事になっちゃうんだなぁ~っと思うと、なかなか厳しい。

ブログは気軽に書いて、ある程度まとまってきたらホームページに
情報としてまとめるって事を考えていたけど、同じようなアイディアが
ないか調べないと厄介な事になる可能性もあるわけなんだな~っと実感。

そしたらもっと気合入れて書いてる方もいて
減価する貨幣とは?
これは大変だ!もっと深く調べないとイカン!

他にもケネディやリンカーンは政府紙幣を発行しようとしたから暗殺された!なんて事を
書いてる人もいたので、このままだと私も暗殺されるかもしれない!

って事で本アイディア撤回で。
麻生さん、ごめんなさい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/72-c66f4615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。