システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック募金を張ったので、FPとちょっと関係ないのですが寄付の話を。

タンブンってご存じでしょうか?
Googleで検索すると色々と出てくるのでざっと見て
頂きたいのですが、まずは理解しやすいところから。

・タイ仏教で功徳を積む事。
・功徳を積めば明るい来世が待っていると信じられている。
・何か悪い事が起きたらタンブンが足りない。

なるほど、タイの人って信心深いですね~。
では、具体的には何なのかと言いますと、

・観光地で籠の中の鳥を買って逃がしてやる事もタンブン
・托鉢のお坊さんに食べ物を差し出すのもタンブン
・お寺を建てる事が最高のタンブン、出家する事が次点のタンブン

つまり善行を積む事、寄付する事、仏教的な行いなどが
功徳を積む行為に当たるんですね~。

店で籠の鳥を買う→逃がす→店のおじさん鳥を再び捕まえる→…

なんて話を聞いた事があるかもしれませんが、アレもタンブンです。
さて、次から少し不思議な感覚になってきますよ~。

・タンブンは金額が重視される。
・悪事をしてもタンブンをすれば許される。

そう「寄付は金額より気持ちだよ」と思われるかもしれませんが、
タンブンは金額が重視されます。
また、来世のために功徳を積んでいるので現世で多少悪事をしても
沢山タンブンすればチャラにできます。
悪い事をして稼いだお金でもタンブンすれば浄財となるのです。

さて、次から本格的な不思議感覚。

・タンブンは寄付された方が威張る。

托鉢のお坊さんに食べ物を差し上げてもお坊さんはお礼を言いませんが、
あれは、お坊さんだから特別なわけではありません。

タンブンは「功徳を積ませて頂く行為」なんです。

ですから、年長者が若者にご馳走しても若者は感謝しません。
金持ちが庶民に施しをしても庶民は感謝しません。

「功徳を積ませてやった」からです。

まぁ、物乞いの人は今後の稼ぎにかかわるからか、施しをすると
合掌してくれる事はありますが「ご馳走してもタイの人はお礼も言わない」
なんて嘆きは見当違いなんです。

あなたは「功徳を積ませて頂いた」わけですから感謝するのはあなたの方なんです。

結構、カルチャーショックじゃないですか?
実際、なかなか、慣れない感覚です。

でも、これを体験して慣れてくると募金箱や街頭募金やクリック募金を見た時に、

「功徳チャーーーンス!!!」

と思えるようになります。

街頭募金なんて私も昔、あしなが募金をやった事ありますが、
半日声を枯らして頑張って100円も募金が集まらなかった。

それほどの苦行で我々に功徳の機会を与えてくださっている皆様から
「ありがとうございます!」なんてあべこべに感謝までして貰える!

まさに、大ラッキー大チャンス功徳積みまくりじゃないですかっ!!
これをやらずしてどうするよ!!っと。
お礼なんて言わないでください、積んだ功徳が下がるような気がするから!!っと。

まぁ、これを読むとほとんどの人は笑うと思いますが、
実はタンブンはもっともっと恐ろしい文化なんです・・・。

それを体験したから私は心の底から功徳チャンスと思えるようになったのですが、
いつか、その辺りも書くかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/58-69547e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。