システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、浅間山(群馬県、長野県)が噴火との事。
家の前にチリが積もっていたけどここまで飛んでくるんだなぁ。

オバマ演説集を読むと言うか、CD付きなので聞く。

本によれば、オバマさんのスピーチの秘密は3つ

1.実演
 話の内容と話手の経歴/行動が一致している事。
 「黒人父と白人母を持つオバマさんが白人と黒人の融和を訴えている。」

2.再現
 繰り返し話法。
 「彼等は何を見るでしょう?
  我々は何を伝えるのでしょう?
  我々は何を見せるのでしょう?
  ~
  我々は話します!
  我々は望みます!
  我々は信じます!
  YES! We Can!」

3.イデオグラフ
 覚えやすくインパクトのある言葉/フレーズをスローガンに。
 「Hope! Change!!」


以下、素人の戯言。

オバマさん、演説が上手だ上手だと褒められているけど、
ヒラリーさんの方が演説は上手だと感じる。
具体的には聴衆コントロール技術とでも言えば良いだろうか。

演説の切れ目に聴衆が「うぉ~!!ヒラリー!!」と歓声を
あげたくなった時に、ちゃんと待ってあげたり、
演説の盛り上げ方も「さぁ、皆さんここで声出して良いんですよ~」
とわかりやすく切れ目を作るから支持者は声出して盛り上がれる。

オバマさんは、そういう所にあまり気を使わない。
もちろん、ボソボソとしゃべるブッシュさんよりは上手だけど、
ヒラリーさんは抜群で旦那のビルよりも全然上手。

ただ、オバマさんの演説が圧倒的なのは「感情」。
「私、バラク・オバマはこう思うのだ。こうしたいのだ。」
が、ヒシヒシと伝わってくる。

正直、6割くらいしか聞き取れない今の僕でもここまで感じ取れて
心動かされるのだから、世界各国での熱狂は無理もない。

ヒラリーさんの場合は、ヒラリーさんが聴衆に合わせてたけど、
オバマさんの場合は、聴衆がオバマさんに合わせている。

「YES! We Can! YES! We Can!」って叫びだしたくてウズウズして
るんだけど、オバマさんが喋ってる間は待つよ~って感じ。

大統領のスピーチがFPのプレゼンテーションや講義講演に
そのまま活かせるわけではないけど、話し手の情熱や想いは
話法やテクニックを超えて大切なんだなぁ、と思った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/55-e4de4df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。