システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21時過ぎ頃、新宿西口を歩いていたら占い師さんが5人も並んで店を出していた。

この冷える中、頑張るなぁ、この人達もきっと、今は下積みなんだよなぁ。
そのうち、「~の父」だの「~の母」だのとブレイクするのを夢見て頑張ってるのかなぁ、
と思うと、我と我が身を励まされ、共感を覚えつつ観察してみた。

帽子やメガネ、服装、立て看板、机の上の灯篭、色々なところで特色を出そうとしていて面白い。
「料金一件3000円」と明示しているところもあれば、全く表示をしてないところもある。

「占い」
「手相」
「~流」
等々、色々あるがその中で一際目を引いたキャッチフレーズが、

ズバリ アタル!

どうなんでしょう、コレ?
インパクトは凄いのですが「神秘性」と言いますか、女性読者を意識した表現を使うなら

スピリチュアル

な雰囲気をブチ壊しているような気がしませんか?

いや、もちろん個性で勝負していくんだったら良いと思うんです。
細木数子さん的な「ズバリ 言うわよ!」を連想させるし。

ただ、人が占いに求めているものって「当たる、当たらない」なのかなぁ、
と思うとかなり統計が取りたくなった。

でも満足できるレベルの統計って1日、2日じゃダメだから
「5人のうち、誰にどんなお客さんが何人どんな時間帯の何曜日に来るか?」
を一か月ずっと張り込んで調査するなんて、そこまで暇じゃないしなぁ。

しかも5人が途中で休まれると困るし、出勤時間も合わせて欲しいので、
その調整も必要だよねぇ~、と思い、断念する。

もし、私があそこで営業開始するならば、

Aパターン
 キャッチフレーズ「ファイナンシャルプランナー」
 料金「一件3000円。ただし別途成功報酬1.5%」と明示。
 小道具「ノートパソコン」

Bパターン
 キャッチフレーズ「金運相談」
 料金「明示せず。」
 小道具「そろばん(一応2級だし)」

だったら圧倒的にBだよね。
あの寒空にAパターンでお客さん来る可能性0だよね。

って事はやっぱりある程度のアヤシサが必要なんだろうか。
スピリチュアル系ファイナンシャルプランナー、とかどうだろう?
霊媒体質の経済評論家、みたいでチグハグだけど横文字だからそれっぽくない?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/47-a8a6dd5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。