システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来場者数も非常に多く、FPフォーラム全体で考えるとおかげ様で大盛況でした。

以下、個人的な反省点

1.基調講演/セミナーが一杯で入れない人が何人かいたようだった。
 実際、一杯で入れないのはどうしようもないのだけど、
 こちらから話しかけて多少でも無念の思いをくめていたらと後で思った。
 その時は案内係に夢中でそこまで気が回らなかった。

2.セミナー入場管理に整理券を配ったが、それを「受付で予約してください」
 「受付で予約券を受け取ってください」と案内してしまった場合があり、
 その結果「チラシには事前予約不要と書いてるのにっ!」と不満を
 感じられたお客様がいたようだった。
 言葉の表現の問題だけど不用意だった。
 案内係同士で打ち合わせして統一できていたらと後で思った。

3.会場は中央の巨大エレベーターで1F→5Fに直接移動する必要があり、
 構成的にわかりにくかったと思う。ただ、結構冷えるエレベーター下で
 案内を頑張ってた担当もいたのだけど、「そこ(エレベーター下)で案内をしないで欲しい」
 と会場側から申し入れがあり、途中から案内ができなくなった。
 事前に会場側に案内の制限等を確認し、案内板準備するなりができていればと後で思った。
 迷われた方には大変申し訳なかったと思う。

後で思った」多すぎ。
1、とかKYじゃなければ、残念そうにしているお客さんがいるっ!ってすぐに感づいたと思うのだけど、
後で気づくんだよなぁ。

やっぱり、せっかく寒い日曜日にわざわざ来て頂いたのに不便や無念の思いをされた方が
少しでもいたとしたらとても申し訳なかったなぁ、と思う。

ディズニーランドの哲学だったかな、顧客満足度って「100-1=0」、
つまり99%完璧でも1点でも嫌な思いをして減点があると満足度は0になっちゃうって
読んだ事がある。
言うのは簡単だけど自分でやると偉く厳しい世界だなぁ、とつくづく実感。


個別相談は、現在、自分が持っている物を全て出せてお客様にもご満足いただけたかと思う。
ただ、理想を100とすると50くらいしか実力がないのも認識。

・聴く能力が足りない。-10
お客様が「言っている事」ではなくて「言いたい事」を聴きとらなくてはいけないのだとわかった。
これは「本音を聞き出す」事ではなくて、「どういう意味でその単語/表現を使ったか?」という事。

・知識体系が雑。-20
お客様が質問してきた際、「概要」は「ぼんやり」出てくるけど、確信を持ってないので
「ぼんやり」とした「概要」しか話せない。
頭の中で完璧な絵と表がさっと出てきて、お客様にわかりやすいようにその場で絵を
書きながら図解できるくらいまで整理して磨かないと駄目。

・まとめが下手。-5
相談の最後に
「お客様の抱えている問題は結局どういう事であり、今後、どのように対処していく結論となったか」
を明確にまとめて伝えきれてない。時間配分もダメ。

・質問能力が足りない。-10
「同じ質問を2度された」とお客様が感じてしまった時があった。
聞きたかった事は違う事のつもりだったが、質問の仕方が悪い。

また、例えば配偶者の有無でケースが変わってくる場合、「ご結婚はされてますか?」
と質問するのは良くない。
「ご家族構成は?」と聞く方が得られる情報量も多いし、心理的抵抗も少ない。
これは、同じ協力員の方にアドバイスして頂いた事だけど大感謝。

・表現力が足りない。-5
敬語表現など、とっさの表現を言いよどんでしまう事があった。
模擬講義の時もそうだけど、日頃の言葉使いから修正していかないと駄目だと思う。

などなどなどなど課題山盛りテンコ盛り。

課題は多いですが、とても良い経験になりました。

機会を与えてくださったFP協会、アドバイザーの皆様、実行委員の皆様、協力員の皆様、
講師の皆様、そしてもちろん、ご来場いただいたお客様、どうもありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/44-367c5876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。