システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳩山首相が母親から不正献金を受けていたとニュースになっていた件、
ちょっと展開が変わっていた。


NIKKEI.NETより引用
鳩山氏の母、首相の姉にも資金 相続対策の可能性

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金問題で、首相の母親(87)が
鳩山首相や弟の鳩山邦夫元総務相のほかに、首相の姉にも資金提供していたことが14日、関係者の話で分かった。
相続対策のための贈与だった可能性があるという。東京地検特捜部は資金提供の経緯などを慎重に調べている。

・・・
</NIKKEI.NETより引用>

贈与税がなかった大昔、自分が死ぬ前に全部財産を配ってしまい、相続税がかからないようにする人達がいた。
そのため、贈与税という物が考え出され、導入の経緯から贈与税は罰則的な意味合いがあり、税率がかなり高い。

だから単純に生前贈与するだけではまったく節税にならないのだけれども、制度や特例を上手に使って
相続税対策を生前にしておかないと、遺族が困ることになる。

鳩山家の場合も、相続税対策の一環を色々と行っていたのだろうけれども、どんな事をして何がアウトと
判断されたのか正確な事情を知りたく思った。

とかく、現首相のスキャンダルと言う事で、面白おかしく書かれてしまうけど相続対策を専門にするFPにとっては
今回の事例はとても興味深いものだと思う。


誰か解説して欲しいなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/404-c9743322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。