システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某所でFPの忘年会。
出席者数80人弱と、下手したらFPフォーラムより参加者が多い規模なので、
私も幹事役を少々お手伝いをしていた。

これだけ大きいと、普通の飲み屋さんなどでは収容できず、イベントホールを
貸しきる事になるので事前からの準備もなかなか大変そうだった。

料理や飲み物の料金はさておき、イベントホール代金は前払いを請求されて、
代表幹事さんが十何万円も立て替えていることなど参加者は全然知らないだろう。

「色々と挨拶や名刺交換をしていたら料理が枝豆しか食べれず高い枝豆になってしまったよ~」
なんて事を言っている人がいたが、料理は予測がとても大変なのだ。

・ホール代金  固定費用
・飲み放題代金 人数x固定費
・料理     人数x変動費

ホール代金は、出席者が事前調査より少ないと確実に赤字=幹事自腹になる。
飲み放題は調整すれば当日の出席者数で変動させてもらうことが可能なので、まぁ、OK。

問題は料理。80人分の料理を2000円分用意したとして16万。
でも、仮に70人しか出席しなかったら、2万円分をどこかで穴埋めしなければならない。
だから予算ギリギリに料理を頼むのは無理なのだ。

何?欠席者からもちゃんと徴収しろ?日本全国の出席者から誰がどうやって徴収するのだ?

って事で高い枝豆を食べたくなかったら、幹事さんが表明する締め切りまでに出欠席を確実に返信する。

もしくは「ちゃんと会費分の料理が食べたいです!」と幹事さんに特別に伝えておこう。
そしたら、ちゃんと会費分の料理をだしてくれるかもしれない。

ただし、会場の外で食べる事になると思うけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/402-a73cb387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。