システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒人大統領は歴史的な事だと報道されていて、
実際、僕も凄いことだと思って応援してるのだけど、
あまりに周囲の期待が大きすぎて可哀想な気もする。

「アメリカの一極支配の時代は終わった」
と言われながらも
「新大統領オバマ万歳、チェンジだ!世界は変わるっ!」
って、アメリカの影響力が落ちたのならそこの指導者が変わっても
大して世界に影響ないはずじゃないかと。

ただ100年に一度の危機と言われてる現在に、
強力なリーダーシップを持った指導者が
現れるのは色々と希望が持てる事は確かかなぁ。

そうそう、次期米財務長官に指名されているガイトナーさんは、
日本赴任経験があって、日本のバブル崩壊をずっと見てきており、
日本と同じ事にはならないとおっしゃってるそうな。

今のところ、日本よりヒドイ事になってるという点では、
確かに日本と同じ事にはなってないけど、
問題の連鎖と対処の遅れは日本に似てると思う。

不安定な世の中がしばらく続きそうだけど前向きに考えれば
チャンスの多い世の中とも言えるはず。
世の中がずっと順調だったら生まれた環境で勝負ついてる事になるし。

それでも先行きのわからない世の中を不安に思う方には、
手前味噌ですが池袋FPフォーラムをお勧めしときます。

先日、基調講演のリハーサルがありましたが、鈴木君(仮)の一生について、
就職、結婚、教育、住宅、老後とそれぞれの段階で必要なお金を明らかにし、
どういう場面で問題が発生し、どうやって解決していけば良いか考えていく
アプローチでした。

鈴木君(仮)は、厚生労働省のモデルケースそのものの人生を
歩んでいきますが、もちろん、人生はそんな画一的なものではありません。
しかし、鈴木君と私は~が違うけど、この場合はどうなるんだろう?
どうすれば良いのだろう?と考えるヒントにはなるのではないかと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/39-a74df6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。