システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新PCはケースと電源ボックスを買ってこなくては、物理的に動かせない事がわかった。
そして、IDE->USBケーブルは発煙筒としてしか役立ちそうにない。

しかし、メインPCの中にあるファイルを可能な限り迅速に取り出さなくては、
今日の打ち合わせに間に合わない!

って事で考えて考えて、おやぢのPCのIDEケーブルに壊れたメインPCのハードディスクを
直接つないでデータだけ復旧する事を試みる。

ケースを空けてDISKを接続。おやぢのPCを起動。
DISK認識に成功!
よし、それではデスクトップフォルダの中身だけ取り出すぞ!

と意気込むと、

Folder にアクセスできません。アクセスが拒否されました。

しかも、フォルダのサイズが0と表示される。
馬鹿な!馬鹿な!ピンポイントでC:\Documents and Settings\userだけ壊れたとでも言うのか?

一瞬、冷や汗がでるが、迅速にエラーメッセージをGoogle先生に聞く。

フォルダを開こうとするとエラー メッセージ "アクセスは拒否されました" が表示される

そうか、IDE->USBケーブルでトラぶった際に電源を強引に落としたから、
おやぢのPCを立ち上げる際にスキャンディスクが走っていた。

おやぢのPC(WindowsXP home) から 壊れたPCのハードディスク(WindowsXP Pro)
にスキャンディスクが走ったからセキュリティ IDに不整合が起こってアクセスできなくなって
しまったのか。

じゃあ、おそらくファイルは壊れていない。良かった、で、どうやって直せば良いんだ?


この問題を解決するには、簡易ファイルの共有を無効にした後、フォルダの所有権を取得します。

注 : Windows XP Home Edition では簡易ファイルの共有をオフにすることはできません。


大事な事なので2度書きます。


注 : Windows XP Home Edition では簡易ファイルの共有をオフにすることはできません。


つまり、オヤヂのPC(Windows XP Home Edition)ではこの現象を解決できない。
そして、現在自宅にWindows XP Professional のPCは壊れたマシンしかない!


ぐぬぬぬぬぬぬぬぅぅぅぅっぅっぅっぅぅぅぅぅぅっぅ

おのれ!マーフィー!!おのれ!発煙筒!!

とりあえずやり場のない怒りを何かに八つ当たりしたくなったが、
「いや、俺は今まで何度も何度もこんな程度のトラブルは乗り越えてきたはずだ。」
と冷静になる。

そうだ、所詮はパソコン上のデータなど0と1の塊。
自分自身がちゃんとバックアップを取っていても、他人のミスで消されてしまうこともある。
どんなに頑張っても、消失するときは消失する虚しいものなのだ。

そんな時、俺はいつもどうしていたか?怒ったり愚痴ったり悲しんだりして時間を潰したか?
いや、常に真っ先に頭を切り替えてトラブルを解決してきたはずだ!

そう!自発的ゼロベース思考だ!

資料は消えたのでも消されたのでもなくて、俺が自発的に消したんだ!

俺はもっと良い資料を作りたくなったから、敢えて消して一から作り直す事に挑戦する事にしたのだ!

既に一度作った資料なのだから、もっと短時間でもっと良いものが俺は作れるはずなのだ!
さぁ、今すぐ頭をフル回転させて手を動かし始めるのだ!



って事で、多少、予定をキャンセルする事になったけれども、どーにか間に合わせました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/388-6e982974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。