システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕自身も科学技術大好きっ子なので残念に思ったのだけれども、新聞報道だけを読むのと
一次資料を見るのではかなり印象が変わった。

一次資料はこれかな。

そこから一部を引用すると下記。

・次世代スパコンの開発には、これまで545億円の国費を投入。仮に、来年度システムの
 本格的着手を行えば、完成までに、更に700億円近くもの国費投入が必要と見込まれる。
 また、完成後も毎年多額の維持費がかかるほか、ソフト開発や研究費など莫大な税金投入が
 必要となる。
・特に本件は、共同開発民間3社のうち2社が本年5月に撤退を表明し、当初計画から大幅な
 システム構成の変更を強いられており、見通しが不透明ではないか。こうした状況の下、
 プロジェクトを強行しても、当初の目標を達成することは困難ではないか。
・重大な事情変更があったにもかかわらず、引き続きプロジェクトを継続し、本格的着手を
 行うことが妥当と判断したことについて、説得的な説明が必要ではないか。

ほぇ~、今年5月に2社が撤退してるんだ。
色々と問題が発生しているプロジェクトだったように思えてしまう。

それと、この写真もちょっとビックリ。

入れ物は当然必要なのかもしれないけど、いわゆる箱モノっぽい印象を受けてしまった。

う~む、科学技術に力を入れるのは大切だと思うけど、
「このプロジェクトに引き続き予算を使うべきか?」は、
相当説得力のある裏付けが必要だろうな、と思う。

まぁ、自分自身がこのプロジェクトに関わっていたら、そんな冷静な気分ではいられないし、
それこそ、ダムじゃないけど研究者/技術者の生活再建をどうするんだ!なんて話にも
繋がるのかもしれないけど、そんな話はダムほど話題性も政治力もないのできっと報道もされない。

頑張れ、理系の人々。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/376-d4658945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。