システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前のプレジデントの記事らしいけれども。

Yahooニュースより引用
「子ども手当創設VS二大控除廃止」の損得勘定

・・・

 しかし、子どもが2人とも16歳以上の世帯に子ども手当の恩恵はない。
公約には公立高校授業料の無料化や奨学金の拡大もうたわれてはいるが、
教育費がもっともかかる時期に、増税が重くのしかかることになる。

 さらに、子どものいない家庭に恩恵はなく、特に妻が専業主婦の場合は税金が増えるだけだ。
結局、一番得をするのは、中学生以下の子どもがたくさんいる共働きの夫婦ということになる。

・・・
</Yahooニュースより引用>

確かに配偶者控除がなくなると「税金が高くなってしまうからこれ以上働けない」と言った制限が
なくなるため、ライフスタイルも変わってくるんだろうな、と思う。

それと「教育費が一番重くなる時期は高校~大学だが、その頃には手当がなくなる」って点も
注意が必要かな、と思う。

しかし、子供手当って将来どうなるかわからないから、これを前提にライフプランって考えにくいなぁ。
少なくとも、子供手当を収入の中にバッチリ組み込んで計画を立てるのは避けた方が無難と思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/375-c01cfbbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。