システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、占い師とFPの違いの一つに相談業務に対するスタンスの違いがある事を書いた。
では、同じく相談でお金を取る弁護士さんとの比較はどうだろうか?

相談料の話を聞かれると、師匠の相談フィーを参考情報として教えてあげる場合が多いのだけど、
「弁護士並みですねっ!」と驚かれる時がある。

日本の社会では 弁護士さん > FP な事は間違いない。
難しい司法試験をパスした弁護士さんは社会的ステータスも高く尊敬の対象として広く認知されている。
しかし、意外な事に今の時代、資格取っただけでは弁護士さんもやっていけないらしい。
大手事務所に所属するなら別だけど、資格を取っていきなり独立してやっていける人は極少数。

しかも、弁護士さんの主要な収入は相談料ではなく、顧問料や訴訟時の手数料がメイン。

つまり、

社会的ステータス
 弁護士 > FP

社会的認知度
 弁護士 > FP

相談料金相場
 弁護士 > FP

である。

FPより恵まれた条件なはずのに、弁護士さんが相談料だけではやっていけない現状。

これを考えると「相談料だけでFPはやっていけるのか?」の疑問に対して、
答えは出てしまうのではないだろうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/339-c99533fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。