システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日から何度か記事に書いた革新的なライフプランニング手法をテーマにして、
某資格学校でお話させて頂く機会を頂く。

ブログに書いたのはここ数週間だけれども、実は一年以上前から温めてきたアイディアも詰め込み、
何故、セーフティーネットか」で書いたFPの存在意義に対する問いかけに、自分なりの答えを
出したつもり。

お客さんは全員FPだったので、どこまで共感を得られるか不安な所もあったけれども、
アンケート結果を見る限り、かなり好意的に受け止めてくださった方が多くて肩の荷が下りた気持ち。

気恥かしかったので宣伝しなかったけど、名前で気づいたFP仲間が数名、応援を兼ねて受講に
来てくれて大変ありがたかった。この場を借りて感謝。

「見てる方が緊張した」なんて感想も頂いたけれども、やってる本人は気負いがあるから
固く見えるかもしれないけれども、緊張やあがってしまう事がほとんどないのがKYの良い所。

ホント、ターバン巻いたイスラム教徒で一杯の教室でも仏教やキリスト教の話ができると思う。
「そういえば、難しい顔してサーベル振り回してる人がいたなぁ」とか後で気づくパターン。

今のうちは笑い話ですむけれども「聴衆の反応によって話題を変えたり間をとる」なんて高度な
芸当は、相当修行を積まないとできないんじゃないかと思う。

先生は3番、落語家やお坊さんは2番、露天商が一番だっけ。

先生は、強制的に話を聞かす事ができるから、お客さん(生徒)はどんな話でも聞いてくれる。
落語家やお坊さんは、お客さんはお金を払っているからつまらない話でも多少は我慢してくれる。
露天商は、その辺を歩いてる人に話を聞かせて物を買わせなきゃいけないのでチャンピオン。

だから目標は、フーテンの寅さんに設定すべきなのだけれども、果てしなく遠い道のりだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/326-deda46d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。