システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yahooニュースより引用
<賃貸マンション>更新料訴訟でまた無効判決 京都地裁

 賃貸マンションの更新料条項が有効かどうか争われた3件の訴訟で、京都地裁は25日、
いずれも「消費者契約法違反で無効」とする判決を出した。7月の京都地裁、
8月の大阪高裁と同様の判断で、更新料を無効とする流れの定着を示すものと言えそうだ。

 借り主が家主に、更新料計34万円の返還を求めた2件では、瀧華聡之裁判長が
「更新料は極めて乏しい対価しかなく、贈与のようなもので、一方的に消費者の利益を害する」と
述べ、全額返還を命令。定額補修分担金12万円も「同法違反で無効」とし、12万円の返還を
命じた。

 逆に家主が借り主に不払いの更新料10万6000円の支払いを求めた訴訟では、
佐野義孝裁判官が「更新料を賃料の一部や補充とみるのは困難」と家主側の主張を退け、
請求を棄却した。
</Yahooニュースより引用>

ちょっとうろ覚えなのだけど、更新料や礼金って、その地域の慣習によって事情が違っていて、
法的な根拠がしっかりしているわけではないと、師匠が言っていたのを思い出した。

なので、師匠が自分の事務所の契約更新時に「どういう根拠なのか?」と営業マンに
問いただしたところ、
「先生、そんな難しい事言って私を困らせないで、そうなっているんですから受け入れてくださいよぉ~」
などと、泣き落とし作戦をされて敗れたと苦笑いしていた。

昔は、大家さんの立場はとても強かったから「貸して頂いてありがとうございます」
って事で、礼金を支払う慣習できた。
でも、人口がドンドン減って、総世帯数より住宅数の方が多い時代だと
「借りて頂いてありがとうございます」って事で逆礼金が発生する時代になるかもしれない。

でも、良く考えてみると「フリーレント」って逆礼金だよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/325-fca9f523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。