システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/03(金)に「時効特例給付支払決定通知書が到着!」という記事を書いた。

要約すると、「過去5年を超える年金支払いミスを支払う決定通知が来たけれども、
いつ振り込まれるか書いてなくて残念」って事。

その後、特に連絡はなかったけれども、ひっそり銀行に振り込まれていたようだった。
年金時効特例給付支払の振り込み時期
(クリックで拡大します)

6月15日が、過去5年以内の支払いミス分+通常の年金額の振り込みと思われる。
7月15日が、過去5年を超える支払いミス分と思われる。

通帳見る限り「国民厚生年金」としか書かれていないので、「思われる」としか言いようがない
のですが、時効特例給付支払決定通知書に書かれていた金額と7月15日の振り込み金額が
ぴったり一緒だったので間違いないと思います。

6月30日日付の時効特例給付支払決定通知書が7月15日に振り込まれていたのは
かなり優秀だなぁ、と感心しましたが、やっぱりわかりにくい。

年金って2か月に一回、振り込まれるのですが、振り込まれる年金の額が月によって
かなり上下するので6月15日の金額が正しいのか、まだ確かめる事ができてない。

また、8月15日以降の年金額が、記録ミスを修正した金額になっているのかも、
確かめる事がまだできていない。

FPなのにだらしないなぁ、と思われてしまうかもしれないが、年金の年額は計算できる。
ただ、隔月の振込額がいくらになるべきかは、まだ計算方法が分からない。

税金と社会保険料が関係して上下しているのだと思うけど、国民年金と厚生年金が一緒くた
で振り込まれるし、厚生年金も「国が預かってた金額は情報として出せるけど、
企業が代行した部分は企業に聞いてください」ってスタンスで各種書類が書かれているから、
とても計算しにくいんだよね。

実は自分自身の年金記録が間違ってる疑惑があり、そっちも調査しようと
思っているのだけれども、なかなか、そこまでいかない。

私の中では、年金不払い問題、まだまだ解決まで遠い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/320-85f79f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。