システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の公約の子供手当に所得制限をつけるかどうかが議論になっているとの事。

産経ニュースより引用
藤井財務相 「マニフェスト断固やる」  

・・・
 所得制限を設けない「子ども手当」の支給にバラマキ批判をあることに関連し
、「豊かな家庭とか貧しい家庭とかは関係がない。子供は社会からの預かりものという
前提にたっている」と指摘。改めて所得制限に難色を示した。
・・・
</産経ニュースより引用>

これ、僕も所得制限はあった方が良いよな、って思っていたけれども
改めて考え直してみて、藤井財務相に一票。

「年収高い人には、不要だろ!」って思う人は多いと思うけれども、
一概にそうとは言えないんだよね。

何故なら、年収高い人って、それなりのリスクを抱えていて不安で一杯の場合も多いので。

例えば、社内の責任ある立場の人、何かあったら責任を取らされる人、
そういう人は、今の年収が高くても、将来が保証されていない場合が多い。
外資系なんかとてもシビアだし、日本でも成果主義で出世競争に敗れるかもしれない。

そして、リストラの対象にされやすいという事もある。
優秀な人だから出世したのだろうけど、会社に何かあると背に腹はかえられないから
年収高い人から真っ先に早期退職勧告対象になってしまう。

ビックリするかもしれないけれども、年収が平均よりかなり高いのに、
教育資金や老後資金が心配でFPに相談しにくる人は珍しくない。

従って、「何か起こっても子供は無事に育てる事ができます!」と国が強烈にメッセージを
発する事は少子化対策として、とても意義ある事だとは思う。

とは言っても、私も独身なので、既婚者で子供2人いる人から、
「ウチの子供2人がお前の年金をささえる事になるんだから感謝しろ!」
なんて事を言われた際にはかなり言い返したくなったけど。

だから「所得制限はあるべき!」と言う意見をまっこうから反対はしないけれども、
貴女は絶対言っちゃだめでしょ!

産経ニュースより引用
「『子ども手当』の所得制限協議必要」福島少子化相

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は17日未明の記者会見で、子供1人当たり
月額2万6000円を支給する「子ども手当」制度の導入に関し、所得制限を行うかどうかを
政府内で協議していく必要があると指摘した。

民主党は所得制限を行わない考えだが、社民党は必要と主張している。
・・・
</産経ニュースより引用>
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/317-3b8162f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。