システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知ってる人には今更の話かもしれないけれども、私と少なくとも一人の友人は気づいていなかった話。

昔、携帯電話は普及を最優先に考えたビジネスモデルになっていた。
携帯電話本体の値段を安く、場合によっては無料にして、そのかわり毎月の通話料を高く設定。
そして通話料金で携帯電話本体のコストを回収していたのだ。

そのおかげで、携帯電話の普及速度は早かったのだけれども一つ問題があった。

購入した携帯電話をずっと使い続ける人は、既に携帯電話本体分のコストを支払い終わっていても、
ずっと高い通話料を払わなくてはならない。
逆に頻繁に新しい携帯電話に買い替える人は激安価格でどんどん使い捨てできる。

これって不公平だよね、って事でお国からも「不健全な営業スタイルじゃ!」と言われたため、
各メーカーは料金プランを改善した。

例えば、私の使っているauだと、2つのコースを選べるようにした。

1)フルサポートコース
 端末の価格は安いけど、通話料金が高いコース(今までと同じ)

2)シンプルコース
 端末の価格は高いけど、通話料金が安いコース

この変更は2007年11月12日から適用された

この日以降にau携帯を買った人は、契約時にどちらのコースにするか選択する事が必要になった。
しかし、この変更の前からauユーザだった人はフルサポートコースと同じ料金体系
(正確にはフルサポートコースが従来の料金体系を踏襲した)


さて、2007年11月以前からauユーザーである人は、問答無用でフルサポートコースの値段を
支払っている。

例えば私の契約している料金プランだと

プランSS
 月額 税込3,780円 ※1「誰でも割」適用後料金 税込1,890円

もし、シンプルコースに変更できたら

プランSSシンプル
 月額 税込1,961円 ※1「誰でも割」適用後料金 税込980円

になる。

シンプルコースに変更できたら、通話料金が安くなる事は知っていたけれども、
変更するためには携帯電話を買い替えなくてはいけない。
しかし、シンプルコースの携帯電話は本体価格が高いから買い換えは断念していた。

ところが・・・

当初、シンプルコースは設立理念に従って携帯電話本体の価格が高かった。
しかし、競争が激化した結果、一年くらい前からシンプルプランであっても携帯電話本体の
価格が非常に安い、場合によっては0円のものも出てきていたのだ。

これが「シンプル一括0円」と言われる販売形式のもの。

気づかなかった!いつのまにか本体価格がこんなに下がっていたとはっ!

新しい携帯に無料で変更できて更に基本料金が下がるならチャレンジする価値はあるだろう、
と思ったので携帯電話を機種変更する予定。

※1
「誰でも割」とは、2年間継続して使う事を条件に基本料金が半額割引される制度。
期間中に契約を解除すると契約解除料9,500円 (税込9,975円) がかかるので、他の携帯電話
会社に乗り換えがしにくくなるが、機種変更等には影響ない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/314-930f6e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。