システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本記事、現時点ではまだ一次資料を見つけ切れてません。
間違っている可能性もあるので気軽な読み物程度と考えてください。

----------------------------------------------------------------

これからの世界、つまりサブプライム後の世界がどのようになっていくのかよく考える。
忘れてはいけないのは、もう、倫理崩壊(モラルハザード)が起きてしまっている事。

アメリカのローンは日本と違いノンリコース契約が主流。
つまり、家のローンが払えなくなったら家のカギさえ返せば借金はチャラになる。
日本のように「売却したらローンだけ残るから歯を食いしばって返し続ける」なんて必要はない。

元々高給取りの金融機関だけ「倒産すると経済が混乱するから」との理由で税金で救済され、
その金融機関の経営者が「政府から救済策を引き出した」事を理由に巨額ボーナスを要求するのを
見たら、ローンを返すなんて馬鹿らしくなるだろう。

無理してローンを払い続けるより、
「家のカギを返す」
 ↓
「その家が競売に出される」
 ↓
「その地域の住宅相場が下がる」
 ↓
「担保価値がさがって、誰かが家のカギを返さざるを得なくなる」
 ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・

の連鎖が始まれば「おっ、今まで買えなかった良い家が安く買えるチャンスだ!!」
って発想になる。
もちろん、これは持ち家のカギを返しても住む場所が確保できる比較的余裕がある人のモラルハザード戦略。

余裕がない人はどうするか?
「ローンを一切払わずに住み続ける」がモラルハザード戦略。
(戦略と言うか必然的にでもあるけれども)

サブプライム構造の復習

1.Aさんが下記の条件で銀行から住宅ローンを借りる。
「1000万円借りました。利息を含めて毎年180万円ずつ、10年で返します」

2.銀行は同じようなローンをBさん、Cさん、Dさん、Eさんとも契約する。
合計すると「5000万円を貸して、10年後に9000万円になる」権利を持つ事になる。

3.このままでも十分ウハウハ。
でも、この権利を売って現金を回収し、より多くの人に貸した方が、10年待たずとももっと儲かる。

しかし、今のままだと「Aさん達がちゃんとローン払ってくれるかわからない」と言われてしまって
売れないので、証券会社と協力して比較的安全な契約と混ぜる事にする。

4.信用力の高いT社にお金を貸す。
「5000万円借りました。利息を含めて毎年600万円ずつ、10年で返します」の契約を結ぶ。
つまり「5000万円を貸して、10年後に6000万円になる」権利。

「5000万円を貸して、10年後に9000万円になる」債権(信用度低い)
 +
「5000万円を貸して、10年後に6000万円になる」債権(信用度高い)
 =
「1億円を貸して、10年後に1億5000万円になる」債権(信用度そこそこ高い)

の出来上がり。

5.銀行や証券会社の利益を500万円乗っける。
 「10年後に1億5000万円になる債権が1億500万円!!」

6.小額からでも買えるように1000分割する
 「10年後に15万円になる債権が10.5万円!!しかも、あの超有名企業T社の債権を50%組み入れ!」

これを聞いた低金利に悩む日本のクマさんは、
「10年後に15万って事は年率3.7%!しかもあのT社の?これは買いでしょ!!!」
と10.5万円購入したわけですが・・・・・・


Aさんがローンを支払わなくなったとき、クマさんはAさんの家の差し押さえを請求できるのか?
非常に困難

この非常に単純化した例でも、1/1000しか権利がないし、そもそも債権額の1/1000が
そのままAさんの家の1/1000の権利になるのか相当揉めそう。

なお、実際のサブプライムは構成がもちょっと複雑で、
「A~Eさんの中でローンを支払えなくなる人は過去の統計的に30%発生するから、
債権の70%を格付けAAA、残り30%を格付けBBBとして販売」なんて事やってるから、
ローンと債権の対応が1対1になってない。
つまり、AさんのローンはAAAの方として売られたの?BBBとして売られたの?がわからない。


クマさんがきっちりと債権を回収するためには
 A 1000分割された1億500万円をすべて買い集めて債権を分解し、
 B ローンを払わないAさんと裁判で争って立ち退きを要求し、
 C Aさんが立ち退いた後、Aさんの家を競売し、
 D Aさんの当時1000万円だった家を500万円くらいで買い叩かれる
事が必要になる。

・・・・・・・・10.5万円のために、クマさん、これやるの?

つまりAさんとしては、ローンを払う余裕があってもなくても支払わずに
「我々は金融機関に騙された被害者だ!政府は救済をっ!差し押さえは許せんっ!」
と叫んで持家に居座り続けるのが賢い戦略となる。
世論は完全にAさんの味方。


・・・・・・・・・Aさんがこれを始めたらBさんCさんDさんEさんは?

オバマさんが闘わなくてはいけないのは、不景気もだけど、
こっちのモラルハザードの方が手ごわいかもしれない。

まぁ、アメリカ人の時にはノーテンキに見える陽気なノリと明るさと前向きさは、
「サブプライム?オウ、イッツオーバー!ゴーゴー、ロッケンロールッ!チェ~ンジ、チェ~ンジ!」
なんてノリで本当に困難を打破してしまう勢いもあったりするので、そこは素直に見習いたいなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/29-bc275dd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。