システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はシステムエンジニアなのでFP6分野は全部アウェイ。

保険業界出身の方は保険の見直し相談はホームだから自信があるだろうし、
金融業界出身の方は資産運用相談がホーム。
6分野それぞれに、その分野をホームとする人達がいる。

ただFPを勉強している人の中には私のように「全分野アウェイです」って人は結構いる。
ホームを持ってない人は、ホームを持ってる人にある種のコンプレックスを感じる時も
あるようでそれは無理からぬ事なのだけれども、今日、面白い事に気付いた。

ホームがあるのは強みだと思っていたのだけれども、弱みでもあるのだと。
何故なら、本人も無意識のうちに、ホームの物差しでお客さんを計ってしまうのだ。

FPが相談を受けるのはお客さんのライフプラン、すなわち人生。
にも関わらず「保険に入ってない」=「この人ダメ人間」、「貯金がない」=「この人ダメ人間」の
先入観でお客さんを見てしまう危険があるのだ。

わかりやすい例で言えば、パソコンに詳しいんだけどやたら専門用語を使った会話をし、
専門用語を理解できない人を小馬鹿にしたような態度をとる人っている。

パソコンなんて別に単なる道具だから、詳しくなくても全く問題はない。
でもパソコンに詳しいか詳しくないかを人間の価値を判断する基準にしてしまっているのだ。

それと同じ事がFPの世界でも起こりえる。
そして、本人はそれに気づけない、気づかない。
でもお客さんは敏感に感じ取る。

これ、心底恐ろしい事。
アウェイ出身者で良かったと心の底から思った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/247-e62373a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。