システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会場周辺地域の新聞に折り込みチラシで宣伝したり、講師の影響力
畠中さんの連載での宣伝、地道なクチコミ活動等々、でかなり手ごたえがあるとのこと。

ただ、個人的な宣伝活動では「行くよ~」と明言してくれる人が思ったより少なく苦戦中。
FP資格保持者、もしくはFPに興味がある人達は反応良いけど、その人達は私が宣伝しなくても
内容を知れば来てくれる人達。あまりFPを知らない人こそ、来て欲しいのだけど反応がにぶく感じる。
普段から友達付き合いを大切にしてない部分もあるかなぁ~、っとちょっと反省。

「講演、個別相談会、すべて無料です!」って逆にアヤシイのかなぁ。
FP協会が主催で会場費や広告宣伝費を出してくれていて、
私を含めた運営協力スタッフはほぼ手弁当(当日弁当代と交通費概算は支給される)なので
無料が実現できているけれども、これを商業ベースに乗せたら実は大変。

おそらく、良くある「○○新聞主催△△フォーラム」のように数万円の入場料を取るか、
どこか大きなスポンサーがついて、そのスポンサーに不都合な事は腫れ物に触れるような
扱いになるフォーラムかどちらかだと思う。

FPの有用性の認知が足りない?せっかくの日曜日にワザワザ勉強したくない?
そんな所なのかなぁ。

サラリーマンの生涯収入って幾らだと思います?
昔は、3億円と言われていたけど、最近は下がって2億5千万くらいと言われています。
ちなみにフリーターは8000万円。これが格差の原因。

この話を聞くとほとんどの人が、「そんなに?」と驚くけど、私の2~3歳年上の先輩に会社で
給与振り込み口座を作ってから、一度も記帳をしてない人がいました。
記帳をずっとしてないとまとめられてしまうのですが、ある時必要に迫られて
記帳したところ

入金 100,330,000
出金 100,130,000
残額 230,000

と記載され、何っ!俺、いつのまにか1憶稼いで1億使っていたの?
と、驚愕したとか。
まぁ、この人はIT+運送業とダブルワークしてましたが、意外に稼いでるもんです。

2億5千万円だとしたら、消費税だけでも1250万円です。
10種類の税金を合わせると、大体、4000万円くらいが税金になるそうです。
節税の知識があると、この4000万円を1000万単位で減らせたりします。

ましてや、FPは税金だけではなく、6分野について専門知識を学んでいるわけですから・・・

原因は色々とあるかもしれないけど、最終的な結論は自身の努力不足。
とにかく携帯に登録してある人すべてに声をかけてみよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/23-c7d1811b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。