システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き運転免許センターの講習で仕入れたネタ。

酒酔い運転の場合、運転者のみでなく同乗者や酒類の提供者にも罰則が適用されるのは
ニュースで聞いてしっていたけれどもちょっと勘違いしていた。

お客さんが車で来店している事を知りながらお酒を出したお店の経営者が逮捕された事件は
ニュースでも報道されたけど、これって商売だけに提供されるのではないとの事。

例えば、当たり前と言えば当たり前だけどお正月に親戚が車で挨拶に来た際に、
食事の際にお酒を出してしまって親戚が車を運転して帰った場合は、
「飲酒運転を行うおそれがある者に対し酒類を提供した」罰則が適用される。

運転者本人が酒酔い運転の場合
 3年以下の懲役または五十万円以下の罰金
運転者本人が酒気帯び運転の場合
 2年以下の懲役または三十万円以下の罰金

また、来た時は電車だったけれども終電がなくなったので車を貸した、なんて場合は
「酒気を帯びていて飲酒運転を行う恐れがある者に対し車両を提供した」罰則の適用

運転者本人が酒酔い運転の場合
 5年以下の懲役または百万円以下の罰金
運転者本人が酒気帯び運転の場合
 3年以下の懲役または五十万円以下の罰金
 
こっちの方が重い罪になる。
酒気帯びってお酒弱い人だとビール一杯で、強い人でも一本で引っかかるレベルだそうです。

またこっちは有名だけど、運転者が酒気を帯びている事を知りながら送って!と依頼して同乗は、

運転者本人が酒酔い運転の場合
 2年以下の懲役または三十万円以下の罰金
運転者本人が酒気帯び運転の場合
 2年以下の懲役または三十万円以下の罰金

また、運転者が酔っている事を知りながら送って!と依頼して同乗は、

運転者本人が酒酔い運転の場合
 3年以下の懲役または五十万円以下の罰金
運転者本人が酒気帯び運転の場合
 2年以下の懲役または三十万円以下の罰金

となるそうです。

酒酔い運転はほんと、危険ですから問題外ですが仮に事故を起こさなくても金銭的に大きな
リスクを抱える事になる事を知っておいた方が良いと思います。
奈良漬を食べたとか言い訳になりませんからね。

私?
自分の運転技術を信用してないので、酒酔いなんてそんなおっかない事は絶対できません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/212-50efab1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。