システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと遅れたけれども九州旅行のお土産。
菅原道真と言えば学問の神様。
シンボルに雷と牛と梅がある。

ざっと調べたところによれば、都で雷により災害が多発し、それを道真公のタタリと恐れた人達
がタタリを鎮めようとした事から天神様として祀られるようになる。

また、天神様=天気の神=農耕に関係ある、との事で同じく農耕からイメージされる
牛も道真公のシンボルとなる。牛に関しては道真公の遺体を運ぼうとしたら、ある場所で
急に車を曳いていた牛が動かなくなり、これは道真公のご意思に違いない!との事で
その場に太宰府天満宮ができたと言う伝説もある。

梅に関しては、道真公が九州に左遷される際に自宅の梅の木を見て、
 東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ
と歌を詠んだら梅が道真公を慕って九州まで飛んできたといういわゆる飛梅伝説がある。

で、牛なんですが学問の神様の使い魔との事もあり、牛の像の頭を撫でると頭が良くなる、
なんて言い伝えもあるそうな。

そこで、CFP試験も近いため、大宰府で見た全ての牛をアップロード。
写メにもご利益あるかどうかわかりませんが、数でカバー。
モニター上の牛の頭をなでなでしてください。


牛1
菅原道真の牛その1

牛2。牛じゃなくてこれは飛び梅、意外にこじんまり。
菅原道真の牛その2

牛3
菅原道真の牛その3

牛4
菅原道真の牛その4

牛5
菅原道真の牛その5

牛6
菅原道真の牛その6

牛7
菅原道真の牛その7

牛8
菅原道真の牛その8

牛9
菅原道真の牛その9

牛10
菅原道真の牛その10

牛11
菅原道真の牛その11

牛12
菅原道真の牛その12

牛13
菅原道真の牛その13

牛14
菅原道真の牛その14

牛15
菅原道真の牛その15
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/206-012d6a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。