システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作家の栗本薫さんが亡くなられたとの事。
栗本薫さんと言えば、グイン・サーガをまず思い出す。

昔、コナンやターザン、ペルシダー、火星の大統領シリーズ、
などの剣と魔法の物語が大好きだった。

そんな年齢の時に、日本で同じヒロイックファンタジーの新シリーズが刊行
されると聞いて、嬉しくておこづかいで買っていたのを思いだす。

書き始めた時は「100巻まで続ける!」なんて話だったけれども
結局、100巻続いた事は続いたけど、100巻で全然話が終わらずに
現在までに正伝126巻、外伝21巻が出版されており、ストーリーも
全然収束される気配がないままに他界されてしまったとの事。

主人公たちの子孫が活躍する後伝を書く計画もあったとの事で、
頭の中にはまだまだ続くものすごい壮大な話があったのだと思う。

栗本薫さんは人間関係のドロドロや、人物描写、風景など話の本筋にあまり関係ない部分も
細かく書かれるので、amazonの書評などでも

・今回も相変わらず物語はぜんぜん進みません。
 最後の3行だけ読めば、あとはほとんど読むべきところなし。

・この巻の内容を一行でかけば「~」です。

等々、長年のファンをヤキモキさせていたけれども、ファンの懸念通り未完で終わってしまう事
になるのだろうか。外伝で、正伝がまだ到達していない未来の事を書いたりしているので、
話の筋は多少見えているけど、あの文体を誰かが引き継いで書くのは難しそう。

僕自身は脳まで筋肉でできているような主人公がばっさばっさと敵をなぎ倒すヒロイックファンタジー、
つまり何も考えずに読めるタイプの小説が好きだったので、グインは人間関係のドロドロが読んでて
辛くなってきて、イシュトヴァーンが暗くなっていく辺りから読むのを中断していた。

完結したらまとめて読もうかな、なんて思っていたのでちょっと残念です。
ご冥福をお祈りします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/199-8ff9b612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。