システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CNN.jpより引用
米失業率、4月は8.9% 25年7カ月ぶりの高水準

ニューヨーク(CNNMoney) 米労働省は8日、今年4月の雇用統計を発表し、
失業率は前月比0.4ポイント高い8.9%だったと報告した。1083年9月以来の高水準。

ただ、非農業部門の就業者数(季節調整済み)が前月比で53万9千人減と、過去半年間では
最小の減少幅となり、雇用悪化に歯止めがかかりつつあることを示唆した。ここ数週間、
初めて失業手当てを申請する人数も減っているという。
・・・・
<CNN.jpより引用>

ふむふむ、大変だなぁ、と思いつつ日本ってどうだったかな?と思って
総務省統計局のページを見行ったら面白い資料を見つけた。

[関連資料]
主要国の失業率(エクセル:49KB)

・ドイツってほとんど変わっていないんだ。
・韓国って3%台のままなんだ。

等々、結構びっくり、同時に「失業率」の定義が各国により違う事も知った。

例えば、下部注意書きにも

日本,イギリス,ドイツ,フランス及びイタリアは全労働力人口であり,韓国,アメリカ及び
カナダは軍人を除く労働力人口である。

と書いてあるので、日本が4.8だからアメリカが8.9は2倍マズイ!なんて単純に考えると
色々と間違いそう。
間接税率の比較議論などもそうだけど、社会構造や定義を考えずに数字だけ比較は危険だと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/181-b9a5c31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。