システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経平均株価が9000円を回復したとニュースになっていた。

実は、株価の動きは先行系列としても採用されている
採用されているのは「東証株価指数(とうしょうかぶかしすう、TOPIX)」。

どちらも日本株全体の勢いを表そうとした指標だけれども

日経平均株価=日本経済新聞社が作成。一部に上場する225社の株価平均を元に作成。
TOPIX=東京証券取引所が作成。一部に上場する全社(約1700)の株価を元に作成。

の違いがある。なので、実は日経平均株価って民間新聞社が作る指標であり、TOPIXの方を
好む人もいる。1700社から225社を選別しているわけだから特定業種に偏るとの批判もある。

しかし、TOPIXもTOPIXで全部含まれてしまうので「どうみても実力に伴わずに株価上がってます」
なんてのや「ここは一部上場してちゃイカンだろ」なんて会社も含まれるからお好みで良いと思う。

ただ、「日経平均株価」という名称が日本経済新聞社の登録商標であり、
投資信託などで「日経平均株価連動~」と名前に入っているものは日本経済新聞社に
商標使用料を払っている場合がある、なんて事は知っておいた方が良いかもしれない。

ちょっと話がずれたけれども、個人的には株価の動きは人間の感覚が反映されるので
あまり指標として信頼できないような気がする。
長期株価下落局面で一時的に株価が上昇するのって良くある事だから。

わかりやすく言えば、悪いニュースがずーっと連続で来て皆、ちょっと疲れて麻痺してる感じ。
新型インフルエンザとか北朝鮮の核実験とか、もう勘弁してください、もうイイヤ。

って事で、これは前向きと言うより逃避に感じていますが果たしてどうなるか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/180-a066b5f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。