システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵本と同じでプロレスの観戦作法が中々難しく感じている。

例えば、
「ロープに投げ飛ばされたらロープの反動で戻ってきて相手の技を受けなければならない」
等々の暗黙のルールがレスラーにもレフェリーにも観客にも共有されているような気が
するのだけれども、その暗黙のルールを把握して歓声をあげる事が難しい。

とは言っても、プロレスを否定しているわけではなくて、今は亡きジャイアント馬場さんが
還暦を過ぎてからリングに上がった試合を見た事があるのだけれども、とても面白かった。

さすがに60歳を超えていると体は大丈夫なのか見ているこっちがハラハラするんだけれども、
相手の選手も偉く気を使って技を出したり技を受けたりしているし、
アナウンサーや観客も馬場さんが往年の必殺技を出すと
「河津落としぃ~!」「うおぉ~!!!」
「十六文キック!!」「うわぁ~~!!!」
と非常に盛り上がって、僕自身も「これが十六文キックか!」と偉く興奮したのを鮮明に覚えている。

何でいきなりプロレスの話かと云うと私の先輩FPの弟さんが実はプロレスラーで
ヤス・ウラノというリングネームでご活躍している事を知ったので。

自己PRの「得意技 得意といえる技はありません」非常に謙虚で、さすがは先輩FPの弟さん!
と感心。実は先輩FPより学歴高いのにプロレスラーの道を選んだ人なので、FPが教育費問題を
アドバイスする際に非常にわかりやすい紹介事例になる方でもある。

経歴を見ると自主興行も開催しておられて頑張っておられるんですね~。

機会があったら試合も観戦しに行きたいと思います。

追記:
書き終えてから改めて思いましたが、プロレスも絵本も先日のクイズもだけど、僕自身、
物事の本質から外れた細かいところにコダワリ過ぎる傾向があるなぁ、と感じます。
ある意味人間が小さいとも言えるので反省でございます。
決して、批判をしているわけではないのでそう受け取った方おられましたらごめんなさい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/173-4fc286bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。