システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某所で出されたクイズ

<クイズ>
貴方の前に2つエレベーターがあり、ひとつは天国行き、もう一つは地獄行きである事がわかっています。
どちらがどちら行きか不明ですが、横には番人が控えており、一回だけYESかNOかで答えられる
質問に対して答えてくれます。
番人は天使か悪魔どちらか不明で、天使は必ず本当の事を、悪魔は必ず嘘を言います。
どんな質問をしたらどちらが天国行きのエレベーターかわかりますか?
</クイズ>

もしかしたらご存じな方もおられるかもしれませんが、如何でしょうか?

例えば「左側のエレベーターは天国に行きますか?」と質問したら
 左側が天国行きで番人が天使だった場合「YES」
 左側が天国行きで番人が悪魔だった場合「NO」
なので、この質問では天国行きかどうかわからないですね。



解答例
 「あなたは左側のエレベーターに乗ってやってきましたか?」
 左側が天国行きで番人が天使だった場合「YES」
 左側が天国行きで番人が悪魔だった場合「YES」
 左側が地獄行きで番人が天使でだった場合「NO」
 左側が地獄行きで番人が悪魔だった場合「NO」

これだったら番人がどちらであろうとYESの答えになった方が天国だからわかる!
すごい!
さすが!


意義アリ!!意義アリ!!意義アリ!!

はい、そこの納得いかない顔してるSEのキミ、何が気に入らないんですか?

「この解答例では他に交通手段がある可能性、及び番人の住居を決め打ちし、
且つ、寄り道をした可能性を無視しています!!
もしかしたら人間用のエレベーターと番人用のエレベーターは異なるかもしれませんし、
番人は天国でも地獄でもない番人用マンションに住んでいるかもしれませんし、
天国から地獄に出張した後に勤務しているのかもしれません!!」

おそらくほとんどの人は笑うと思うけど、このブログを読んでいる少数のSEは
上記意見に同意すると思う。

誰が言った言葉か知らないけれども

「コンピューターはやって欲しい事ではなく、やれと言われた事をやる」

例外処理をちゃんと考慮しなくては大障害に繋がる恐れもある。

僕だったらこう聞く。
解答例
 お忙しい所、大変失礼します。
 貴方が貴方の属する世界(ここで言う属する世界とは貴方が天使の場合は天国、
 貴方が悪魔である場合は地獄、と定義します。)に私を連れていく場合、
 左側のエレベーターを使いますか?」

長い!?くどい!?しつこい!?

でも、こんな考え方をしている人達が設計しているから世の中のコンピューターは、
日夜動いているのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/171-3e211733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。