システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お師匠に教えて頂き富裕層向けのセミナーに一FPとして参加してきました。
正直、お師匠様の紹介がなければあまり縁のないセミナーだったのでわくわくです。
テーマは世界経済の景気の先行きとの事で興味もシンシン。

会場は東京駅周辺で、出席者は外国人の方も含めて50人くらいだったでしょうか。
講師の方はセミナー開催会社のシンガポール支社のアナリスト、つまり外国人の方で、
同時通訳付きでした。

本来の対象は顧客、もしくは顧客見込の方への無料セミナーなので、
コーヒー or ミネラルウォーターにお茶受けまでだされボールペンもいただき豪華でしたが、
「ふっ、カステラの抽選権やこの程度で心動かされないぞ!」と我ながら意味不明な
気負いで熱心に受講。

熱心に受講というか、一番前の席に座ったのですが隣の身なりの良い紳士が
爆睡してたので、わざわざシンガポールから来られた講師の方に申し訳なくて、
その分まで私が一生懸命にうなずきながら受講。
(いや、半分以上、英語聞き取れなかったんですけどね。)

セミナーの内容で面白かったこと。

1)世界同時不況との事で各国の過去の不景気からの回復期間が紹介された。
 例えば、米国の不景気は短期間で復活するが英国は長引くなど。
 ただし、これらはあくまで過去のデータなので今回の様に
 今まで類のない危機に単純に適用できるようなデータではないとの事。

2)デフレについて強く懸念していた。
 日本はつい最近までデフレ時代、つまり物の値段が下がる=お金の価値が上がる
 だったけれども、やっぱりこれは世界的には特殊な状態だったのだと思われる。
 ただし、今回の危機についてはインフレを懸念している識者もいるので要注意。

3)最近、いくつかの指標に見えてきた明るい兆しへの楽観論を戒めていた。
 これは偉いな、と思う。「今が底です、今が買い時です」と買い煽るようなセミナーも
 あるけれども営業を抜きにしたアナリストらしい率直な意見だったと思う。

そんなこんなで中々勉強になる一日でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/169-f868d019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。