システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NIKKEI NETより引用
基礎年金の国庫負担2分の1に 衆院委、改正法案を可決へ

 衆院厚生労働委員会は17日午後、基礎年金の国庫負担割合を2分の1に引き上げる
国民年金法改正案を採決し、与党の賛成多数で可決した。同日の衆院本会議でただちに
採決する見込み。同委員会はあわせて、委員長提案とした社会保険料の延滞利息を
軽減する法案と、記録ミスで支払いが遅れた年金に物価上昇分を加算する法案
全会一致で可決した。

・・・・・
</NIKKEI NETより引用>

これって以前、「未払い年金の利息に対する民主党案と自民党案」で書いた
「与党内にも民主党案に理解を示す声はある」が、実現したという事でしょうかね。

一歩前進かもしれないけど、民主党案と違うから参院で再び揉めるのかな?

たまに「事務処理が大変だ」とか「財源が大変だ」って事で、この消えた年金、
消された年金問題の根本解決に後ろ向きな意見をみるけれども、民間企業に置き換えて
考えてみて欲しいです。

食中毒起こした会社が「慰謝料の財源のため!」と言いつつ原因を解明しないで営業を続けたり、
保険金の未払いがあった会社が「事務処理が間に合わない」と言って何年も放置したり。

年金って沢山問題があるけれども、一番の問題は不祥事で信頼を失っている事だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/167-d080fc15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。