システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FPの教科書的に書けば、

「生命保険契約者保護機構により、破綻した時点の補償対象契約の責任準備金の
90%まで補償される。但し、高予定利率契約を除く」

となる。

昨日の記事に書いたとおり「責任準備金」はあくまで正常時の見積もり
だから、実際に破たんしてしまった場合は大変だぁ、大変だぁ、となって
「責任準備金の90%を補償」 は、「保険金の90%を補償」にはならない。

定期預金は銀行が破たんしても1000万円とその利息までは保障されるけど、
保険には最低保障制度はないわけですね。

大和生命の例で「最大80%の減額」とあったようにかなり減ってしまう場合がある。

おそらく、80%減額されるのは但し書きの「高予定利率契約」だと思うのだけど、

高予定利率契約の補償率
 = 90%-{(過去5年間における各年の予定利率-基準利率)の総和÷2}

で計算されるので、逆算すると、 20% = 90% - {5 x (X - 3.0%) ÷ 2}、
つまり予定利率31%だったって事!?

ちょっと高すぎるように思えるので、どこか間違っているような気がする。
明日、大和生命に電話して聞いてみよう。

えっと、とにかく20年以上前に加入した保険は所謂「お宝保険」として非常に
良い条件で契約している場合があり、そういった契約はかなり減額されます。

お宝保険の中には、すでに保険料の払込を終えているため、本人も忘れているものなども
あるので、帰省した際にご両親の契約を見てあげると良いかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/142-52cc2863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。