システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の同窓会時に「CFPネタはツマラナイ」と心温まる
ご声援を頂きましたが、これだけは書いておかなくてはと
思っている事があったので僭越ながら書かせて頂きます。

いや、以前、FP資格について外向きの文章を書いたじゃないですか。
あれ読んで、全面的に鵜呑みにされてしまうと困るので一応、書いておかなくてはなぁ、
と思っていた事があるのです。

いや、あの記事で使ったデータに嘘はないと思います。
「なりたい職業一位」や「弁護士より難しい」とか。

ただ、どういう場面で使われていたデータなのか、
裏が取れてないのでそのまま鵜呑みは危険かなと。

例えば、僕がどうしてもヨイショ記事を書かなければ
いけなくなったら書きますよ、きっと。

日本でも高収入が見込める資格として認知されており、
司法書士、不動産鑑定士、を抑えて第五位にランクされた。
(YAHOO JAPAN調査)

って、書かせて頂きますよ、えぇ、はい。

CFPライセンスがどの程度、海外で権威があるものなのか、
私の個人的な体験を2つお話すると、

1)CFPライセンスを取得後、数年間アメリカ暮らしをしていた人が、
 「そんなに権威を認められている資格とは気付かなかった。」
 と言っていた。

2)私がTOEICを受験した際、試験英文の中に、
 「Mr.A, certified financial planner, ~」
 と「certified」が明示された表現があった。
 「certified」=「認定された」と直訳も可能なので
 問題作成者がCFP(R)を意識して設問を作ったのかはわかりません。

 念のため、TOEICに電話で聞いてみたのですが、
 『試験問題は日本で作っていないので確かな事はわからないが、
 登録商標とは意識されておらず「英語圏で一般的な単語」
 として使われたのだと思う。』
 との事でした。

なので、英語圏でFPがとても普及しているのは間違いないけど、
CFPが登録商標だと知っている人はあまりいないのでは?
と感じています。

<サンプル文章>
最近、「ウインドサーフィン」に凝っていて、
海岸沿いに「ウイークリーマンション」を借りて没頭しています。
そうそう、この前買った「ジープ」で京都に行ってきます。
旅行の様子は「写メール」でレポートするのでお楽しみに。
もちろん、お土産に「鹿せんべい」を「宅急便」で送りますよ~。
でも、遊んでばかりいないで「CFP」試験準備もがんばらなきゃ!^^
</サンプル文章>

上記のカギカッコでくくった単語は全部、登録商標ってご存知でした?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/120-ca554b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。