システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本有数の巨大繁華街、新宿。

ホストやホステスの美男美女、休日デートを楽しむ恋人たち、
合コン、打ち上げ、飲み会、宴会、老若男女、様々な人達が
わいわいがやがやと楽しんでいる中、街から浮いている人を探す。

それがパトロール。

外見だけではわからない人もいるし、暗がりに佇んでいる人も。
数えきれないくらい歩いた道のはずだけど、いつもの新宿ではなく
全く違った街に見えてくる。

やる事は「こんにちは、新宿連絡会です。お元気ですか?」と声をかけて、
チラシを配る事。体は大丈夫ですか?何か欲しい薬はありますか?
できる事は限られているけど、これも人との繋がりを確認できる機会なのだと思う。

今日のチラシには、東京マラソンの立入禁止区域の説明や
炊き出しスケジュール、シャワー等利用できる施設や制度の説明、
次回花見っ!?のお知らせやコラムなど。

「仲間たち。」の書き出しで始まるコラムは、非常な名文。

「当日は午前7時に開場し、最終組のスタートは午前9時10分である。
交通規制も都庁周辺は午前10時までなので、後片付け等も含め午前中で
この大イベントの混乱もなくなる。あとは、何もなかったかのように元に
戻れば良いだけである。
 オリンピック誘致に関連した大きなイベントなので、トラブルのないよう
細心の注意を払っておきたい
。」

驚愕する。

自衛の意味もあるかもしれないけれども、ホームレスの方達が、
オリンピック誘致まで意識して東京マラソンに蔭ながら協力している事を
石原都知事はご存じだろうか。


一言でホームレスと言っても色々な人達がいる。

「風邪薬があったら欲しいんだけど。あぁ、ありがとういつもありがとう」

「なんだ、お前らは、来るな!」

「うぃ~、あ~、う~、が~」

「もう俺は76だから死ぬんだ!だから良いんだよ!」

「炊き出しなんて今日行ったけど何もねーじゃねーか、意味ねえぞ!」

「カユミ止めをください、それと貴方の名刺をください」

「もう花見の季節かぁ、確か弁当がでるんだっけ?」

「~って薬をくれよ!今日はない?頼むからくれよ!頼むよ!」

「俺は大丈夫だ、まだ働ける。それよりあっちの爺さん達を」

「俺の両足はもうダメだ、歩けないんだ病院でもダメだって言われたんだ」

「風邪薬をくれ!ケチケチしないでもっとくれよ!」

「小銭をくれ!」

「胃薬をください。すんません、いつも助かります。ありがとうございます」

感謝する人、怒る人、すがる人、拒む人、嘆く人、酔っぱらってる人、
自分の中でどうやって心の整理をつけていけば良いのだろう、
「ここまでは力になれる。これ以上は無理だ」と、その線引きは?

ぶっちゃっけ、僕は腰引けまくりの逃げまくり。

感謝する人には笑顔で答える事ができるけど、
怒る人はスルーで、
すがる人からは逃げて、
拒む人にはどうしようもなく、
嘆く人からも逃げて、
酔っぱらってる人もどうしようもない。

どうしようもない。時間もないお金もない力もない覚悟もない。

新宿区は人道的な見地から、保険証がなくても簡単な手続きで
指定の病院を紹介してもらえる制度があるらしいのだけど、
嘆く人は、その人が生きようと思わない限り、どうしようもない。
「病院に行った方が良いですよ」それしか言えない。

すがる人は僕個人の力にすがられても断るしかない。
制度の紹介や一緒に苦しみ悩む事はできるけど、
僕個人にすがられても限界がある。
「それは無理です」と言うしかない。

何人かの先輩ボランティアに聞いてみたけれども、やはり人それぞれ。

嘆く人を「甘えてる」と切り捨てて先に行く人もいたし、
病院に行くように時間をかけて説得しようとする人もいた。

後者が優しい人?単純にそうとも言えない。
ネガティブになってしまっている一人を説得する時間で、
生きようと前向きな心を持って闘っている複数の人の力に
なれるのだから、前者の人は心を鬼にしているのかもしれない。

正直な話、まだ自分自身の心の整理はつかない。
ただ、自己責任論と紙一重なのかもしれないけど、

・嘆く人や拒む人は、その人自身の選択を尊重する事。
・すがる人は、まず自分の足で立つ必要がある事。

だと感じた。


かなり長文で重たい話になってしまったけど、最後に明るい話題も。

この地道な活動は15年間続けられているそうですが、
今年の冬、この最後のセーフティーネットにかかった人で、
新宿区内で路上死した人はいないそうです。

また、ホームレスの人達が一番欲しがった薬って何だと思います?

風邪薬?胃薬?マスク?カユミ止め?



正解は「頭の良くなる薬」でした。

いや、そんなのあったら俺が飲んでますからぁ~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpfp.blog121.fc2.com/tb.php/116-9816dd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。