システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワクチン接種済みだったのに新型インフルエンザで死亡者が出た!とニュースになっていた。

新型インフル国内死者100人 厚労省「引き続き警戒を」
<47ニュースより引用>
京都市によると、死亡した男性は悪性リンパ腫や糖尿病の基礎疾患(持病)があり、
11月16日に新型インフルエンザのワクチンを接種済みだったという。
</47ニュースより引用>

でも、注意深く記事を読んでみよう。

この人はインフルエンザで死んだと書かれているけれども「持病」があったのだ。

極端に言えば、ガンで余命一ヶ月状態で免疫力も落ちている時に新型インフルエンザに
かかって死亡しても、お医者様の死亡診断書が「新型インフルエンザで死亡」と書かれたら
「新型インフルエンザで死者発生!」した事になるのだ。

そして、マメ知識として覚えておくべきことは、ガン保険ってガンで死亡した場合には
死亡保険金が払われるけれども、ガン以外の原因で死亡した場合は死亡保険金は
支払われない場合があるのだ。

ガンで死亡したかどうかは、「お医者様の死亡診断書」で判断される。

実際、うちの祖父は「肺炎」で死んだ事になっているが、その前から肺ガンで
手術入院してもう意識もないような状態で免疫力も落ちていた。

ガン保険には入っていなかったので問題はなかったけれども、
もしガン保険に入っていたら、損した事になっていただろう。

ちゃんとお医者さんの方に「ウチはガン保険に入っていますので死亡診断書を
書く際にはご考慮をお願いいたします」とお願いしとかなくてならないのだ。

実際には、身内が亡くなってアタフタしている際に、そこまでは中々気が
回らないかもしれないけれども、普段から身内の保険の契約内容を把握していれば、
不可能な話ではないと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。