システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然、自分が「先生!」と呼ばれたらどんな気持ちになるだろうか。

誇らしい?
偉くなったようで嬉しい?
こそばゆい?

某議員が総理大臣になった時、記者から「首相!首相!」と呼ばれるのが照れくさくて
「某さんでいいよ」って事を言っていたけれども、就任からかなりたったある日、記者の人がわざと
「某さん」と呼んだら、その記者を凄い目で睨んだ、なんて話を聞いた事がある。

慢心が怖い。できない自分が偶像化されるのが怖い。知ったかぶりをしてしまいそうで怖い。

率直に書くと、先生と呼ばれた時「うはぁ~、何この罰ゲーム!」と思った。
スポンサーサイト
昔、図画工作の授業は5を頂く事が多かった。
こう書くと、手先が器用な人に思えるかもしれないけれども、実際は鬼のように不器用。
ノリ付けとか関係ないところにベタベタくっつけてしまったり、絵もはみ出したり、ひどい出来。

では、どこが評価されたかというと、
・不器用で仕事が雑なので、その分スピードが速い
・スピードが速い分、独創的なアイディアを作品に盛り込む事ができた
の2点だと思う。

図画工作のように独創性が高く評価される科目は良い点を頂ける事が多かったが、
独創性を「私の指示に従わない」と評価する先生からは、非常にシビアな点を頂く事もあった。
そう、某科目は中間も期末も筆記試験でトップを取っていたのに4を頂いたのは良い思い出。
思い返せば、あれが社会の理不尽さに触れた人生最初の時だっただろうか。

前置きが長くなったが、半年以上前に行った「年金3級模擬講義」を読んでの反省。

実は、どう見ても板書が弱点だった。
・板書を始めると原稿に集中してしまって回りを全く見てなかった
・板書の内容が全く整理されていなかった。見直しもできない
・板書の際、完全に脊を向けてしまっているのは良くない
・板書が小さい。後に座っておきながら字が見えないとクレームを言う人もいる
・もっと大きな字を
・誤字が多すぎる

で、今回は作戦として板書は完全に捨てた。
悲しい事に、定額給付金が少なくてホワイトボードが買えず練習ができなかったのだ。

というか、この不器用な僕に完全に背を向けずに聴衆の方を見ながら、板書するなんて無理。

なので、「弱点で勝負する事など無用。評価された独創性で勝負するべき!」って事で
本番の講義を乗り越えた。逆に言えば、模擬講義の頃からあんまり成長してないんだよね。

以下、反省点。
・レジュメにページ番号を入れていなかった。それゆえ、原稿が1ページ抜けてコピーされてしまった。
・綺麗な色遣いだイカス!と自賛していたら、白黒でコピーされると全く見えなくて参った。
・色々な話題を盛り込んだら、「飽きずに聴けて面白かった」との評価と同時に「話題が飛びすぎて
 趣旨がわかりにくいところがあった」との評価も頂いた。話の組み立てをもっと見直すべき。

以上。精進精進。
先日から何度か記事に書いた革新的なライフプランニング手法をテーマにして、
某資格学校でお話させて頂く機会を頂く。

ブログに書いたのはここ数週間だけれども、実は一年以上前から温めてきたアイディアも詰め込み、
何故、セーフティーネットか」で書いたFPの存在意義に対する問いかけに、自分なりの答えを
出したつもり。

お客さんは全員FPだったので、どこまで共感を得られるか不安な所もあったけれども、
アンケート結果を見る限り、かなり好意的に受け止めてくださった方が多くて肩の荷が下りた気持ち。

気恥かしかったので宣伝しなかったけど、名前で気づいたFP仲間が数名、応援を兼ねて受講に
来てくれて大変ありがたかった。この場を借りて感謝。

「見てる方が緊張した」なんて感想も頂いたけれども、やってる本人は気負いがあるから
固く見えるかもしれないけれども、緊張やあがってしまう事がほとんどないのがKYの良い所。

ホント、ターバン巻いたイスラム教徒で一杯の教室でも仏教やキリスト教の話ができると思う。
「そういえば、難しい顔してサーベル振り回してる人がいたなぁ」とか後で気づくパターン。

今のうちは笑い話ですむけれども「聴衆の反応によって話題を変えたり間をとる」なんて高度な
芸当は、相当修行を積まないとできないんじゃないかと思う。

先生は3番、落語家やお坊さんは2番、露天商が一番だっけ。

先生は、強制的に話を聞かす事ができるから、お客さん(生徒)はどんな話でも聞いてくれる。
落語家やお坊さんは、お客さんはお金を払っているからつまらない話でも多少は我慢してくれる。
露天商は、その辺を歩いてる人に話を聞かせて物を買わせなきゃいけないのでチャンピオン。

だから目標は、フーテンの寅さんに設定すべきなのだけれども、果てしなく遠い道のりだ。
Yahooニュースより引用
<賃貸マンション>更新料訴訟でまた無効判決 京都地裁

 賃貸マンションの更新料条項が有効かどうか争われた3件の訴訟で、京都地裁は25日、
いずれも「消費者契約法違反で無効」とする判決を出した。7月の京都地裁、
8月の大阪高裁と同様の判断で、更新料を無効とする流れの定着を示すものと言えそうだ。

 借り主が家主に、更新料計34万円の返還を求めた2件では、瀧華聡之裁判長が
「更新料は極めて乏しい対価しかなく、贈与のようなもので、一方的に消費者の利益を害する」と
述べ、全額返還を命令。定額補修分担金12万円も「同法違反で無効」とし、12万円の返還を
命じた。

 逆に家主が借り主に不払いの更新料10万6000円の支払いを求めた訴訟では、
佐野義孝裁判官が「更新料を賃料の一部や補充とみるのは困難」と家主側の主張を退け、
請求を棄却した。
</Yahooニュースより引用>

ちょっとうろ覚えなのだけど、更新料や礼金って、その地域の慣習によって事情が違っていて、
法的な根拠がしっかりしているわけではないと、師匠が言っていたのを思い出した。

なので、師匠が自分の事務所の契約更新時に「どういう根拠なのか?」と営業マンに
問いただしたところ、
「先生、そんな難しい事言って私を困らせないで、そうなっているんですから受け入れてくださいよぉ~」
などと、泣き落とし作戦をされて敗れたと苦笑いしていた。

昔は、大家さんの立場はとても強かったから「貸して頂いてありがとうございます」
って事で、礼金を支払う慣習できた。
でも、人口がドンドン減って、総世帯数より住宅数の方が多い時代だと
「借りて頂いてありがとうございます」って事で逆礼金が発生する時代になるかもしれない。

でも、良く考えてみると「フリーレント」って逆礼金だよね。
自民政権時代、不祥事が多かった社会保険庁は解体して日本年金機構を作る計画になっていた。

自民党案:
社会保険庁は国の機関だから、働いている人は公務員。つまり、ストライキが禁止されている等の
制限があるが身分が保証されて解雇ができない。しかし、社会保険庁は不祥事が多すぎたので、
解体して日本年機構として再出発させて公務員の身分も取り上げよう。

しかし、民主党案は、入れ物だけ変更しても仕方ない。入れ物を変更する途中で年金の記録が
失われたりするかもしれない!と反対していた。

自民党は、この民主党の反対理由は表向きで、本当の理由は他にあると主張していた。
社会保険庁の職員は全国社会保険職員労働組合に参加しており、この組合は
全日本自治団体労働組合(自治労)の下部組織。
自治労は民主党の支持母体であるため、「公務員の身分」を守るために反対しているのだ、
との主張。

全国社会保険職員労働組合は、社会保険庁がオンライン化された際に、
「キーボードを45分操作したら15分休憩
・「キーボードへのタッチは1日当たり平均5000以内」
等の覚書を社会保険庁長官と交わしていた事がわかり、年金記録ミス問題の元凶と批判を浴びた。

全国社会保険職員労働組合の言い分は、覚書は紳士協定で拘束力はなく、
1970年代の話で今のようにコンピューターが一般的でなかった時代の話であるとの事。

前提知識はここまで。

で、その日本年金機構は政権が変わった事により、設立の前に廃止が決定し、社会保険庁が
存続する事になった。なお、日本年金機構に移行する際には過去に懲戒処分を受けた人は
一部不採用となる予定だった
のだけれども、読売新聞にこんな記事が。

YOMIURI ONLINEより引用
連合、社保庁懲戒職員の雇用維持を厚労相に要請

 長妻厚生労働相は24日、省内で連合の古賀伸明・事務局長、自治労の徳永秀昭・
中央執行委員長と会談し、民主党が発足に反対している日本年金機構について意見交換した。

 同機構は社会保険庁の後継組織で、予定通り1月に発足すれば、懲戒処分を受けた
社保庁職員は採用しないことを決めており、再就職先が見つからない職員は解雇にあたる
分限免職となる。

 古賀、徳永両氏はこうした職員についても、何らかの形で雇用の維持を求めるよう長妻氏に
要請した。
</YOMIURI ONLINEより引用>

政治って大変だなぁ。
さて、どうするミスター年金。
長妻大臣、2000億円程度の予算と2年間で集中的に年金記録問題に取り組むそうです。

YomiuriOnlineより引用
記録漏れ基準を大幅緩和…厚労相対策案

 「消えた年金」の被害者救済が滞っているため、本人の申し立てに明らかな不合理がない
限り支給する方向へ認定基準を大幅に緩和する。該当者不明の年金記録約5000万件に
対しては、持ち主の可能性が高い受給者に、担当職員から記録訂正を働きかける。

・・・

 新対策が最優先課題として掲げるのは、早急な被害者救済。具体策の目玉は、
納めたはずの年金保険料の記録が消えた人を救済する「年金記録確認第三者委員会」の
認定基準見直しだ。

 現行基準では、申し立てが「一応確からしい」場合に限って支給が認められるが、
実際には2007年夏以来、約8万件の申し立てのうち、6割近い4万6000件が
証拠不十分などで却下されている。

・・・

 厚生年金の記録改ざん問題をめぐっては、社会保険事務所の保険料徴収実績を高く見せかける
目的で、社保庁職員が関与していたケースが多数にのぼると指摘されている。しかし、
舛添前厚労相のもとに設けられた調査チームは3件の関与しか確認できなかったため、
再調査で職員の関与の実態を解明する方針だ。

・・・
</YomiuriOnlineより引用>

第三者委員会の認定基準の見直しは自民政権時代にもあって以前書いた
場所によって認定基準が曖昧で3倍近くも認定率が違うと問題になっていた。

今回、大きく変わりそうなのは「立証責任を本人から政府側に転換する」点。

これは、かなり大きな転換。

今までの姿勢は「不正受給をされない事」に重点を置かれていた。
だから、上記の第三者委員会の認定以外にも色んな問題があった。

例えば、消えた年金問題でも記録ミスの可能性が高い場合に、
封筒の色が違う年金特別便を送る配慮はあったが、
具体的な根拠も記録も書かなかった。

1)「こんな加入記録が見つかったのですが、これは貴方の記録ですかね?」
2)「現在、貴方の年金加入記録はこうなってますが間違ってないですか?」

1)で聞くと万が一、別人の記録であった場合に不正受給されてしまう。
そのため、具体的にどんな記録が見つかったのか言わずに2)で聞いたのだ。

その結果、
「現在、貴方の年金加入記録はこうなってますが間違ってないですか?」
 → 「間違ってません」
と答えてしまう全国のお爺さんお婆さんが沢山いて問題になっていたのだ。

「今後は、持ち主である可能性が高い受給者に、職員から直接連絡を入れて記録を
訂正する対策も実施する。」

との事なので、上記問題も解決されるのかもしれない。

また、
・「本人が既に死亡」などの理由で解決済みとされている年金記録
・非常に稀なケースとされている消された年金問題
も、再調査を指示されたとの事。

実現は大変だと思うけれども、頑張って頂きたいです。
20090924130441
相変わらずツンツンしてます。

鳩を飼っている人の日記を見ると懐く鳩もいるみたいなのですが、謎です。
定額給付金の締め切りがせまっているそうです。

Yahooニュースより引用
<定額給付金>350万世帯が未申請 締め切り迫る

 政府が景気対策として各世帯に支給する定額給付金の申請期限が迫っている。
締め切り日は市区町村ごとに異なり、既に終わった自治体もあるが、9月下旬から10月上旬が
ピークだ。総務省によると、8月末時点で全国の約350万世帯が未申請。もらう意思のある人は
早めに手続きしたほうがよさそうだ。

・・・

 定額給付金は今年3月から支給が始まり、支給額は1人当たり1万2000円。
今年2月1日時点で18歳以下と65歳以上の人は2万円になる。申請期間は各自治体の
受け付け開始から半年間で、締め切り後は受け付けられない。申請のなかった給付金は
国庫に納められる。
<Yahooニュースより引用>

自らの意志で申請していないのか、忘れているのかわかりませんが、350万世帯って多いですね。

私個人は、定額給付金を「貰う」と表現するのは多少、抵抗感がありました。
結局、元をただせば国民が支払った税金ですよね。

税金の場合は「還付される」となり、ニュアンスは「戻された」事になるのですが、
定額給付金は「貰う」となり、ニュアンスは「頂いた」事になるのが変だと思っていたのです。

でも、今回の選挙の結果を見たら「頂いた」と思っていた人はほとんどいなかった、
もしくは誰もそんな細かい表現は気にしていなかったんだな、って事が良くわかりました。
2009/07/03(金)に「時効特例給付支払決定通知書が到着!」という記事を書いた。

要約すると、「過去5年を超える年金支払いミスを支払う決定通知が来たけれども、
いつ振り込まれるか書いてなくて残念」って事。

その後、特に連絡はなかったけれども、ひっそり銀行に振り込まれていたようだった。
年金時効特例給付支払の振り込み時期
(クリックで拡大します)

6月15日が、過去5年以内の支払いミス分+通常の年金額の振り込みと思われる。
7月15日が、過去5年を超える支払いミス分と思われる。

通帳見る限り「国民厚生年金」としか書かれていないので、「思われる」としか言いようがない
のですが、時効特例給付支払決定通知書に書かれていた金額と7月15日の振り込み金額が
ぴったり一緒だったので間違いないと思います。

6月30日日付の時効特例給付支払決定通知書が7月15日に振り込まれていたのは
かなり優秀だなぁ、と感心しましたが、やっぱりわかりにくい。

年金って2か月に一回、振り込まれるのですが、振り込まれる年金の額が月によって
かなり上下するので6月15日の金額が正しいのか、まだ確かめる事ができてない。

また、8月15日以降の年金額が、記録ミスを修正した金額になっているのかも、
確かめる事がまだできていない。

FPなのにだらしないなぁ、と思われてしまうかもしれないが、年金の年額は計算できる。
ただ、隔月の振込額がいくらになるべきかは、まだ計算方法が分からない。

税金と社会保険料が関係して上下しているのだと思うけど、国民年金と厚生年金が一緒くた
で振り込まれるし、厚生年金も「国が預かってた金額は情報として出せるけど、
企業が代行した部分は企業に聞いてください」ってスタンスで各種書類が書かれているから、
とても計算しにくいんだよね。

実は自分自身の年金記録が間違ってる疑惑があり、そっちも調査しようと
思っているのだけれども、なかなか、そこまでいかない。

私の中では、年金不払い問題、まだまだ解決まで遠い。
「革新的なライフプランニング手法を思いついたので実験させろ!」(原文ママ)
と、過去に一緒に働いた事のある友人にメールを出して無理やりつきあわせる。

居酒屋で「あんまり酒飲むな!コレ作ってから酔っ払え!!」などと、無茶を言いつつ、
ライフプランニングを作り上げたが、その結果、判明した事がある。


お釈迦様が「人間とはどんなものでしょうか?」と聞かれた時にお話してくださったと伝わる寓話。

<helpfpの意訳>
荒野を旅人が独りトボトボと歩いていた。
すると道端に沢山の白骨がある事に気づく。これは何事かと驚き怪しみつつ道を進んでいくと、
突然、草むらの中から沢山の虎が襲いかかってきた。

白骨の理由はコレだったのか!と無我夢中で逃げたが断崖絶壁に追い詰められてしまった。
もはやこれまでか!と思ったが、一本の木がある事に気づき、急いで木に登る。
これで安心と思ったところ、虎も木に登ろうとしている。

他に逃げ道はないか?と見まわしたところ、木の頂上から藤蔓が断崖絶壁に
垂れ下がっている事に気づく。しめたと思って、スルスルと降りていくと
蔓は断崖絶壁の途中までしか長さがなかった。

しかも下を良く見てみると、荒れ狂う海。それだけでなく、3匹の竜が旅人が落ちてくるのを
今か今かと待ちかまえている。「これは下には逃げ道がないな」、と思って上を見てみると、
上は上で虎が執念深く唸りながら待ちうけている。

旅人は怖くて震えながら、蔓にしがみついたが、カリカリと妙な音がする事に気づく。
何だろうと思って音のする方向を見ると、木の上から藤蔓をかじっている2匹のネズミが
いるではないか!イカン!と思って、何とか止めさせようとしてもかじるのを止めようとしない。

怖くて、疲れて、そのうち腹も減ってきた。すると、突然、とても甘い香りが漂っている事に気付く。
何だろうとあたりを見回すと、木の上に蜜蜂の巣があり、そこからポトリポトリと5種類の甘い蜜が
滴り落ちてきているではないか。

旅人は、蜜に夢中になった。「あぁ、おいしいなぁ、もっとこの蜜が欲しいなぁ」
旅人の頭の中には、もはや虎も竜もネズミもなく、ただひたすら蜜を追い求め、蜜に酔いしれる・・・

この旅人をなんて愚かな奴だ!と思うかもしれませんが、この旅人はあなたなのです。
いえ、あなただけではなく、この世の全ての人間は、この旅人のようなものなのです。
</helpfpの意訳>

この話でお釈迦様が説いている「人間」とは「人生」の事だと私は理解している。

ライフプランニングを作る事は、この絵を描く事なんだよね。

蜜を舐めていたいのに、ネズミがいる事に嫌でも気づかされてしまうのだ。

従って、どんな人にも「ライフプランを作りたくない」という強い潜在的欲求があるのだと確信する。

もう少し若い頃だったり、FPに対して迷いがない頃であったら、これに気づけずに
「戦わなきゃ、現実と!」
と、理想論を振りかざしていたかもしれない。

でも、お釈迦さまと議論しても勝てるわけないですもんね~。

迷いも時には良いものなのかな。
革新的なファイナンシャルプランニング技法のアイディアを思いついたので、
先輩にコンセプトが間違ってないか相談に乗って頂いた。
その帰り、ついでなので、新宿のヨドバシカメラで携帯を見てくる。

残念ながら、シンプル一括0円の携帯はなし。
安い携帯でも機種変更の場合は、シンプル一括24000~27000円だった。

やっぱり高い!と思ったけれども、普通に生活しているとシンプル一括0円なんて
なかなか気づかないよなーっと、ちょっぴり安心もした。

ただ、売り場のお姉さん曰く、
「一括払いですと24000円~とお高くなってしまいますが、分割でお支払いされる場合は、
2年間で月々800円ちょっとで済みますよー」との事。

シンプル一括0円以外は眼中になかったので断ったけれども、良く考えると

プランSS
 月額 税込3,780円 ※1「誰でも割」適用後料金 税込1,890円

 ↓

プランSSシンプル
 月額 税込1,961円 ※1「誰でも割」適用後料金 税込980円

1890 - 980 = 910円

なので、月々800円ちょっと払うとしても、ただで新しい携帯になって月額も安くなるんだね!

それと、私の場合は機種変更なので高いけれども、
新規の契約、もしくはMNP(他社携帯から電話番号そのままでauに移行)の場合は
シンプル一括0円の携帯は結構あった。

T001 カラーが自分好みに変更できる 東芝

SH001 カメラが800万画素 シャープ
W64S 海外対応、カラーがお洒落 ソニーエリクソン
URBANO シックなデザインシニア向け? シャープ
K003 実用重視なシニア向け キョーセラ
W62PT 文字が大きいシニア向け PANTECH

などは、シンプル一括1円だった。

しかし、私の場合は機種変更、つまりauの携帯からauの携帯への変更なので、
3年以上使っているのに「釣った魚に餌はやらねー!」っとばかりに24000円~が請求される。

理不尽だ。

しかし、T001とかシンプル一括0円で良く見るよ~、と噂を聞いたので、
もうちょっと探してみる。

PS
50歳以上の方が新規の契約、もしくはMNPの場合は、キャッシュバックキャンペーン
やっているそうな。実はオフクロが携帯を欲しがっているので好都合。
民主党の公約の子供手当に所得制限をつけるかどうかが議論になっているとの事。

産経ニュースより引用
藤井財務相 「マニフェスト断固やる」  

・・・
 所得制限を設けない「子ども手当」の支給にバラマキ批判をあることに関連し
、「豊かな家庭とか貧しい家庭とかは関係がない。子供は社会からの預かりものという
前提にたっている」と指摘。改めて所得制限に難色を示した。
・・・
</産経ニュースより引用>

これ、僕も所得制限はあった方が良いよな、って思っていたけれども
改めて考え直してみて、藤井財務相に一票。

「年収高い人には、不要だろ!」って思う人は多いと思うけれども、
一概にそうとは言えないんだよね。

何故なら、年収高い人って、それなりのリスクを抱えていて不安で一杯の場合も多いので。

例えば、社内の責任ある立場の人、何かあったら責任を取らされる人、
そういう人は、今の年収が高くても、将来が保証されていない場合が多い。
外資系なんかとてもシビアだし、日本でも成果主義で出世競争に敗れるかもしれない。

そして、リストラの対象にされやすいという事もある。
優秀な人だから出世したのだろうけど、会社に何かあると背に腹はかえられないから
年収高い人から真っ先に早期退職勧告対象になってしまう。

ビックリするかもしれないけれども、年収が平均よりかなり高いのに、
教育資金や老後資金が心配でFPに相談しにくる人は珍しくない。

従って、「何か起こっても子供は無事に育てる事ができます!」と国が強烈にメッセージを
発する事は少子化対策として、とても意義ある事だとは思う。

とは言っても、私も独身なので、既婚者で子供2人いる人から、
「ウチの子供2人がお前の年金をささえる事になるんだから感謝しろ!」
なんて事を言われた際にはかなり言い返したくなったけど。

だから「所得制限はあるべき!」と言う意見をまっこうから反対はしないけれども、
貴女は絶対言っちゃだめでしょ!

産経ニュースより引用
「『子ども手当』の所得制限協議必要」福島少子化相

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は17日未明の記者会見で、子供1人当たり
月額2万6000円を支給する「子ども手当」制度の導入に関し、所得制限を行うかどうかを
政府内で協議していく必要があると指摘した。

民主党は所得制限を行わない考えだが、社民党は必要と主張している。
・・・
</産経ニュースより引用>
厚生労働省とやりあう事が多かったミスター年金こと、長妻議員が新厚労相になったとの事。

長妻議員と聞くと、Wikipedia編集事件を思い出す。
Wikipedia(インターネット上の誰でも編集できる百科事典)の長妻議員の項目
編集されていて、その編集が厚生労働省から行われていた事がわかった事件。

編集されていた内容は、
国会で質問して資料を作らせて、それを使って本を書いて自分の金もうけのタネにしている
なんて記述。

今見たら、さすがにその記述は消えていたけど、他にも面白い記述が残っていた。

<Wikipediaより引用>
しかし長妻への答弁書作成で官僚サイドは徹夜することも珍しくない。霞が関では「官僚泣かせ」
で名が通り、国の施設に入るテナントの選定や使用料などを個別に聞く質問主意書では電話帳
並みの厚さになる答弁書を作成させられるなど、他の議員よりも膨大な調査を求めるケースが
多いという。
</Wikipediaより引用>

ほうほう、資料作るのも大変なんだなぁ、でもなんで、「テナントの選定や使用料などを個別に聞く」
なんて事をしたんだろう、と見てみると。

国の施設に入るテナントの選定及び適正使用料等に関する質問主意書
一 国の施設に入居する店舗のうち、何パーセントが使用料無料かお示し願いたい。
・・・

答弁書
一 ・・・無償で使用されている物は54%である。

何だって~!!知らなかった。
うわっ、この資料、もの凄く面白い。
作った人大変だったと思うけど、良い仕事したと胸張って良いと思う。グッジョブ!

そっか~、小泉政権の頃の話だから今は改善されているのかもしれないけれども、
国の財政大変、なんて言われながらもこんな事も行われていたんだぁ。
政権交代で、こんな仕組みも変わっていくんだろうか。

長妻議員の事を書くつもりで、資料見るのに夢中になってしまったよ。

正直、厚生労働省って大きすぎて担当範囲が広がりすぎてしまうから、
長妻議員には年金問題解決に特化して頂きたかった気持ちもあるけれども、
長妻議員と厚生労働省の皆さま、全国のお爺さんお婆さんのために頑張ってくださいませ。
古い友人が、このブログを発見してくれたらしく、コメントを書いてくれた。
コメントで指摘されたけど、このブログって連絡先書いてないから個人的に連絡とりたくてもとれないね。
すまぬ、今のところ、諸般の事情で宣伝とみなされる行為自粛中。
そのため、連絡先はつけない方針なのだ、携帯に電話くれ。

で、コメントの中で誘われたのが、下記のセミナー。

日本の未来のために
シリーズ横浜の現場から 第1回:若者の雇用 フリーター・ニートを支える
~日本の縮図・横浜から考える新しいセーフティネットの形~


凄いなぁ、と思ったのは「久しぶり、一杯呑もうよ!」なんて誘いではなくて、
「久しぶり、セーフティネットのセミナー行ってみようよ!」なんて誘いが来るところ。
さすが、長い付き合いだと僕の性格を良く分かっているなぁ、と感心した。

しかし、油断は禁物か。
水族園が魚の生態を学ぶ場所と限らないわけだから、このセミナーの誘いも何か深い意味が
あるのかもしれないし。

で、肝心のセミナーなんだけれども、う~む、どーも、アレだ。
偏見かもしれないが、雲の上からの議論に思えてしまった。

議論をするのは素晴らしいと思うので是非やって頂ければと思うけれども、
わざわざ横浜まで行ってお金を払ってリアルタイムに聞く事なのなのだろうか。

「議論の結果と提言、もしくは議事録をどこかで公開して頂ければ後で時間のある時に
是非確認させて頂きます」なんて思うのは、水族園で魚の生態を学ぶ級に感覚ズレテル?

それとも、素直な気持ちでこういうお話も聞きにいくべきなのかなぁ。
知ってる人には今更の話かもしれないけれども、私と少なくとも一人の友人は気づいていなかった話。

昔、携帯電話は普及を最優先に考えたビジネスモデルになっていた。
携帯電話本体の値段を安く、場合によっては無料にして、そのかわり毎月の通話料を高く設定。
そして通話料金で携帯電話本体のコストを回収していたのだ。

そのおかげで、携帯電話の普及速度は早かったのだけれども一つ問題があった。

購入した携帯電話をずっと使い続ける人は、既に携帯電話本体分のコストを支払い終わっていても、
ずっと高い通話料を払わなくてはならない。
逆に頻繁に新しい携帯電話に買い替える人は激安価格でどんどん使い捨てできる。

これって不公平だよね、って事でお国からも「不健全な営業スタイルじゃ!」と言われたため、
各メーカーは料金プランを改善した。

例えば、私の使っているauだと、2つのコースを選べるようにした。

1)フルサポートコース
 端末の価格は安いけど、通話料金が高いコース(今までと同じ)

2)シンプルコース
 端末の価格は高いけど、通話料金が安いコース

この変更は2007年11月12日から適用された

この日以降にau携帯を買った人は、契約時にどちらのコースにするか選択する事が必要になった。
しかし、この変更の前からauユーザだった人はフルサポートコースと同じ料金体系
(正確にはフルサポートコースが従来の料金体系を踏襲した)


さて、2007年11月以前からauユーザーである人は、問答無用でフルサポートコースの値段を
支払っている。

例えば私の契約している料金プランだと

プランSS
 月額 税込3,780円 ※1「誰でも割」適用後料金 税込1,890円

もし、シンプルコースに変更できたら

プランSSシンプル
 月額 税込1,961円 ※1「誰でも割」適用後料金 税込980円

になる。

シンプルコースに変更できたら、通話料金が安くなる事は知っていたけれども、
変更するためには携帯電話を買い替えなくてはいけない。
しかし、シンプルコースの携帯電話は本体価格が高いから買い換えは断念していた。

ところが・・・

当初、シンプルコースは設立理念に従って携帯電話本体の価格が高かった。
しかし、競争が激化した結果、一年くらい前からシンプルプランであっても携帯電話本体の
価格が非常に安い、場合によっては0円のものも出てきていたのだ。

これが「シンプル一括0円」と言われる販売形式のもの。

気づかなかった!いつのまにか本体価格がこんなに下がっていたとはっ!

新しい携帯に無料で変更できて更に基本料金が下がるならチャレンジする価値はあるだろう、
と思ったので携帯電話を機種変更する予定。

※1
「誰でも割」とは、2年間継続して使う事を条件に基本料金が半額割引される制度。
期間中に契約を解除すると契約解除料9,500円 (税込9,975円) がかかるので、他の携帯電話
会社に乗り換えがしにくくなるが、機種変更等には影響ない。
このブログの右下に張ってあるイーココロクリック募金の募金額がやっと200円を突破しました。
一回クリックするとスポンサーが一円を寄付してくれる仕組みです。

最初にクリック募金を設定したのが2月3日
ブログを書くタイミングでほぼ毎日クリックしているので、200円のうち、9割近くは私が自分で
押した募金だと思います。

10秒もかからないので、皆さまもブログをみたついでにクリック募金してみるのは如何でしょうか?

気軽に一日一善出来るのでお勧めです。

最近、募金箱がないコンビニは落ち着かなくて、募金箱を見るとほっとする自分に気づいて、
色々と重症だと思う今日この頃です。
最近、「景気は回復している」と言う人が増えてきて、FPと話していても、
「年末には、派遣村だのセーフティーネットだのは時代遅れになってますよ」
なんて言われた事もある。

でも、改めて考えると景気って何なのだろう?
景気=東証株価指数、と考えている人が少なからずいるような気がする。

ちょっと前の日経で記事になっていたけれども、アメリカの金融機関で高額報酬が
復活しつつあるとの事。だからマネーゲームは再開されているから株価も上がると思うけど、
それは、ホントに景気の回復って考えて良いのだろうか?


YAHOOニュースより引用
8月米住宅差し押さえ、過去最悪水準続く=不動産仲介会社

 [ニューヨーク 10日 ロイター] 米不動産仲介会社のリアルティトラックによると、
8月の住宅差し押さえ件数は、7月に記録した過去最悪に近い水準となった。
差し押さえ回避策にもかかわらず高止まりしており、リアルティトラックは、
今後1年は増加するとの見方を示した。

・・・

シニアバイスプレジデントのリック・シャルガ氏は「差し押さえは今年がピークと考えていたが、
2010年末になるもようだ」と述べた。

</YAHOOニュースより引用>

アメリカの住宅価格が下げ止まった可能性がある、なんて事が明るいニュースとして報道されて
いたけれども、差し押さえ→競売の連携が止まってないのに住宅価格って下げ止まるのかな?

日本では「中国向けの輸出がけん引して業績が良くなっている企業がある」と報道されていたけど、
中国から海外への輸出ってまだ減少傾向のままなんだよね。
だから中国の景気対策の恩恵を一時的に受けてるだけなのではないのかな?

景気は回復していると判断して良いのだろうか?
そもそも、景気とは何なのか?
どの指数を重視すべきなのだろうか?

そんな事を考えていたら眠れなくなってしまって、焦ってきて気分転換にブログを書きました。
早く眠たいです。
まだ過去問は入手できてないのですが、受験申し込み手続きだけは完了。
受験票は10月26日に普通郵便はがきにて一斉発送との事。

まだまだ時間ある、って思ってるとあっと言う間に光陰矢のごとしになるからなぁ。
最新の過去問がないだけで、過去2回分はあるわけだから、準備は始めていくつもり。

同じく受験予定の方、がんばりましょー♪
以前、「保険会社の破たんに対する備え」で書いたけれども、ソルベンシー・マージン比率、
つまり「責任準備金を超えて保有する支払い余力」の計算方法の見直し案がまた変わったようだ。

平成20年2月7日
 もうちょっと厳しくしようか?って議論をしていた。

同年10月 大和生命破綻
 大和生命は、満たすべき基準とされた「ソルベンシーマージン比率が200%以上」を満たしていた。
 でも破たんした。

平成21年8月28日
 大和生命の反省も含めてもっと厳しくしようか?って事を議論中。

ただし、現在より厳しい基準でソルベンシーマージン比率を計算するわけなので、
各社のソルベンシーマージン比率がかなり減る事が予想される。
そのため、この見直し案が採用されたとしても、適用は平成24年3月期末の決算からとの事。


大和生命は、満たすべき基準である「ソルベンシーマージン比率が200%以上」を満たして
いたのに破たんした。しかし、当時の新聞では「あそこは特殊な経営だったから仕方ない」
なんて事を偉い人が話していたりした。

そんな経緯もあって、僕自身は、ソルベンシーマージンをあまり信用しなくなっていたのだけれども、
この見直しの経緯を見てわかった事がある。

結局、後追いで決めているルールなんだなって事。

サブプライム関連の金融商品が危ないって事がわかったから、それ関連の評価を厳しくできるけど、
第二、第三のサブプライムが発売されても、破たんするまで危険かどうかはわからないんだ。

「ソルベンシーマージン比率が200%以上あれば大丈夫」、なんて誰も断言できない。

A社はソルベンシーマージン比率が200%なので大丈夫 → ×
A社はB社よりソルベンシーマージン比率が高いのでA社の方が支払い余力が高い → ○

師匠も言っていたが、絶対評価ではなく、相対評価の指標として使うべきだと思った。
黄色、もしくは緑色の紙ではなくて番号が重要と言う事を知らずに無くしてしまっていたのがあった。
それと、AFP登録する前にCFP試験対策講座を受講していたので無駄になった単位が
40単位以上あった。

それでも48単位登録できた。
たぶん、全部登録できたら100単位超えてる。

AFPの更新に必要な単位は15単位だから、それを考えると結構頑張ってたんだなぁ、と思う。
同時にFPの勉強を始めた頃の自分に思いをはせる。

なんつーか、最近、迷いがあるし、だらしないよね。
滝にでも打たれたい気分だよ。
ほとんどの人には役に立たない豆知識。

昨日の記事で、住みこみ寮の家賃が非常に高い時がある事を書いたけれども、
これ、皆が知ってるような大きな会社でも派遣相手にやってたりする。
風呂トイレ共同で、この地域でこの値段はないでしょー!ってのが結構あるのだ。

貯金もできないから派遣契約が解約されたら、即、寮を追い出されて路上に迷う事になる。

ひどい話だよね~、っと思うかもしれないが実は会社側にも相当リスクがあって、
会社の寮の家賃がその周りの相場とさして違いがない、もしくは高い場合、
「これは寮ではなく、賃貸契約である」と言って争う事ができるそうだ。

賃貸契約であるとはどういう事か?
そう、居住権が発生するので「契約切れたので寮から出てってください!」って事ができなくなる。

「頑張れば六か月は家賃滞納できますよっ!」と目を輝かせながら力説してくれた人がいたが、
裏は取ってないので真偽不明。

でも、ほとんどの人はこんな知識は知らないし、知っていてもここまで元気なくて
「もう関わりたくないです」とか「自分が悪いんです」とか、自分を責めてしまう人が多いんだよね~。
派遣村が解散してからかなり経つけれども、当時の村民達はどうしているだろうか?
どうにか社会復帰しようと頑張っている人もいるようだし、やっぱりどうにもならなくて路上生活に
なってしまった人もいるようだ。

派遣村を遠い世界の出来事と思っている人達の代表的意見の一つに下記がある。

住みこみの仕事でも見つけて頑張れば良い!!

当世、住みこみ仕事事情
 寮費(3食付き) 3000円/日
 日給        6400円/日

3食付きとは言え、3000円って高いよね。
でも、もっとヒドイのは、なんと仕事が一週間に3日しかない週があったりする。

6400円x3日 - 3000円x7日 = -1800円

頑張って働いて、一週間で1800円の借金が出来たっ♪
これは、かなりヒドイ例だけれども、一ヵ月働いても収支プラマイ0円って人は珍しくない。

何故こんな条件でも働く人がいるのか?

本人に知識がない、ゆっくり仕事を選ぶような余裕がない、それに加えて、
ある程度、ちゃんとした会社だと面接時に「身元保証人」を求めてくるので、
ちゃんとした会社を選ぶ事ができないって事が大きな理由になっている。

親や親戚縁者に頼めば良い?そんな事を頼める人がいたら、そもそも
派遣切り→路上生活にはならない。

友人?まぁ、社交的な人はどんな状態になっても友人を作れるから可能性は0では
ないかもしれないけれども、仮に友人が身元保証人を引き受けてくれる事になっても

「身元保証人現住所:上野公園」

ってなるわけであって、こんなのが通るわけがない。

今の若い者は根性が足りない!
死ぬ気になれば何だってできるはずだ!
ワシの若い頃は、大変な苦労と、血のにじむような努力で貧乏から抜け出したんだ!

上記意見には、反論しないし、戦後の復興を成し遂げた世代の皆さんはホントに凄いと思う。

しかし、現代のワーキングプア、つまり働いても貧乏から脱出できない人達は、
本人の努力云々より社会的な構造による部分が大きいのではないかと思う。
ハローワークの求人情報について興味深い話を聞いた。

選挙前に報道されていた舛添厚労相の談話を覚えているだろうか?

中日新聞より引用
「怠けている連中に税金使わぬ」 派遣村めぐり舛添厚労相

 舛添要一厚生労働相は18日午後、横浜市内の街頭演説で、昨年末から今年1月にかけて
東京・日比谷公園に設けられた「年越し派遣村」に関し、「(当時)4000人分の求人票を
持っていったが誰も応募しない。自民党が他の無責任な野党と違うのは、大事な税金を、
働く能力があるのに怠けている連中に払う気はないところだ」と述べた。

 これに対し、派遣村実行委員だった関根秀一郎・派遣ユニオン書記長は本紙の取材に
「求人として紹介されたのは確かだが、誰も応募しなかったというのは全くのでたらめ。
たくさんの人が応募したが、断られたのがほとんどだ。舛添氏の発言は現場の実態が
全く分かっておらず、あきれてものが言えない」と批判した。

・・・
</中日新聞より引用>

舛添厚労相の話の是非は置いといて、確かに派遣村が話題になった当時でも、
「求人があるのに生活保護を選ぶ人達がいる!」と批判する人達がいた事は知っている。

で、派遣切りがある一方で、農業やサービス業の一部は人手が足りない、
産業構造がイビツだ!失業者をドンドン農村に連れていけ~、なんて暴論があった事も知っている。

上記の農業分野は人手が足りないって話は私も鵜呑みにしていたのだけれども・・・

さて、問題です。
農業従事経験者、指導員資格もあり、畜産も経験あり、農業にかける情熱もあり!
上記の条件で8月に関東のハローワークで農業関連の職を探したら何日で見つける事ができたでしょう?







答え
一ヶ月間、必死で就職活動しても一件も見つからず。

正確に言うと、求人情報はあるが全て落ちた。
そして、ある求人情報の面談の際にそのカラクリがわかったそうです。

「もう、人は間に合ってます」
「いや、これは今日の日付の求人情報ですよ!間に合ってるってどういう事ですか?」
「農家は確かに人手は足りないけど、お金を払ってまで人を雇う余裕のある所なんてないんです」
「じゃあ、この求人情報は何なのですか?」
「アンテナショップみたいなもので、実際にどのくらい応募があるのか見るためのもんですよ」
「どういう事なんですか?」
「何年も前からこんな状態です。農林水産省が導いてきた日本の農業とはこんなものなんです」


私自身が体験したわけではないので、真偽のほどは不明と思ってくれて構わないけれども、
とても合理的な仕組みだと思った。

1)ダミーの求人情報を出す事により、有効求人倍率を上げる事ができる。

2)ダミーの求人で面接で落とす事により、就労意欲を失わせ、失業率を下げる事ができる。
#失業率の定義は「働く意欲があるけど職がない人」なので、面接で落ち続けて
#「もう俺はダメだ」「職なんて見つからない」と諦めたら、その人は失業者ではないのだ。

3)ダミーの求人情報を出す事により、にっちもさっちもいかなくなった生活保護受給者を
 「就職活動をしない怠け者」と本人や世間に思わせる事ができる。

ダミーと言うと聞こえが悪いけど、例えばお役所から「協力要請」があったから、
採用する気はないけど、とりあえず求人票を出す、なんて事はないのだろうか?

4000人分の求人票は、果たして、本当の求人票だったのだろうか?
民主党政権になる事によって、制度や仕組みが大きく変更される事が増えそう。
社会保険制度や税制が大きく変わったらFPも無縁ではいられない。
資格取得済みの人であっても、かなり沢山勉強し直す必要があるだろうな、と思う。

ふと思ったのは、制度や仕組みが変わると何の役にも立たなくなる知識と
普遍的に通用する知識の差について。

FP資格の試験ってほとんどが前者の知識を問う問題。
「過去問3年分を勉強しなさい」って良く言われる理由の一つは、それで十分って事に加えて、
それ以上前のだと古い制度について問われていて混乱してしまう時があるから。

なるべく普遍的に通用する知識を身につけたいと思うけど、実は車輪の両輪であって、
どちらに偏よっても問題がある。

例えば、最新の制度を細かい数字まで完璧に暗記していてもカウンセリング的な相談技法を
知らなければ相談業務をこなす事はできないし、相談技法のみが抜群でも制度を知らなくては
同じく相談業務をこなす事はできない。

まぁ、これはFPだけでなくシステムエンジニアでもそうだし、会社務めの人もそうだろう。
でも、会社務めの人は普遍的に通用する知識である「部下のマネジメント」を身につければ、
管理職としてやっていけるけど、自営の人ってホント、大変だよなぁ、と思う。
FPが相談スキルを磨く際の練習方法の一つにロールプレイングがある。

ロール=役割
プレイング=演じる
とでも訳せば良いだろうか。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどは、RPGと分類されるゲームなのだけれども、
ロールプレイングゲーム、つまり、世界を救う勇者と言う役割を演じるゲームなのだ。

FPがスキルを学ぶロープレでは、FP役と相談者役、それぞれの役割を演じる事になる。
で、このロープレは賛否両論があって「実際の相談とロープレは全然違う」と言う人もいる。

この指摘は事実だと私も思うのだけれども、どこまで真剣にロープレをやった上での結論なのか
少し疑問に思う。

レベルが高い人がFP役を引き受けてくれた際に、自分がFPだったら嫌だな、
と思う事を相談者役でやってみればわかる。
私は、師匠に対して、相当色んなパターンで困らせようとしたが、全部、見事に受け流された。

役割を演じているだけなはずなのに、そう思えなくなってしまうのだ。
無茶苦茶を言おうとしているのに、そう言えなくなってしまうのだ。

これは本当に凄い事だと思うのだけど、問題点が一つあった。

「真似できない」

師匠という個性、つまりキャラクターに依る部分があるため、私がそれを素直に真似ても
同じ結果にはならないのだ。

もちろん、個性だけではなくて、リラックスしてもらう雰囲気作り、心境の変化を機敏に感じとる能力、
相談者が心の中に持っている答えに誘導させる手腕等々、何を持ってもかなわないのだけれども、
個性の部分はホントに悩みだったのだ。

師匠だから許されるが、私が言えば「若造が何を言うか!」になってしまうのはどうすれば良いのだろう?

今日、受けたロープレはその疑問に対する解となるものであった。
先生は師匠と同じく、ロープレをロープレに感じなくさせてしまう実力の持ち主だけれども、
奇をてらうわけでもなし、飾るわけでもなし、素直に、愚直に、ありのまま。

これだったら、僕にも出来るな、と思ったけれども、当然、練習は沢山必要。
日本FP協会で認定しているAFPとCFPの両資格は、資格を取った後も学習義務がある。
約2年間の間に単位を取得して更新しないと、失効してしまう。

AFPが「(FP実務と倫理を含む3課目以上で)15単位以上」
CFPが「(FP実務と倫理を含む3課目以上で)30単位以上」

キンザイのFP技能士だと1級でも2級でも3級でも資格そのものには単位取得などの
義務はないのだけれども、資格を取った後、年会費を払う特別会員になると、
色々な特典(仕事紹介なんかも書いてあったけど実態不明)とともに学習義務がついてくる。

CFP受験申し込みと同時にマイページにアクセスしたので、単位申請をしたけれども
申請用紙が部屋内行方不明で6単位しかまだ申請できず。

かなり沢山単位は取得済みのはずなのだけど何単位くらい取得しているかちょっと楽しみ。
過去問はまだ入手できないけど、出願はマイページから出願完了。
ただし、フリコミはまだなので後日行ってきます。

書面による出願は、意外に期限が短いので気をつけてください。

【CFP資格審査試験日程】
平成21年度第2回
試験日
第1日目 11月 8日(日)
第2日目 11月 15日(日)
出願期間
[願書(書面)の場合]9月 3日(木)~9月 16日(水)<消印有効>
[インターネットの場合]9月 3日(木)~10月 5日(月)
受験票発送日 10月 26日(月)
結果通知発送日 12月 16日(水)
試験に関する法令の基準日 平成 22年 4月 1日
CFP受験申込開始!
1)願書(書面)の場合 9月3日(木)~9月16日(水)
2)インターネットの場合 9月3日(木)~10月5日(月)

今日も都会に出る用事があったので、昨日買えなかったCFPの過去問を買いに、
高田馬場の資格学校に行こうと思った。

しかし、ピピピピピっと第六感が働いたので電話してみたら、なんと購買コーナーは
しばらくお休みとの事。資格学校同士が大資本に吸収された事に伴い、
書籍販売の子会社同士も合併する事になったが、方針が定まってないとか何とか。

販売を再開する日も不明、どうなるか全く不明、今のところ、
明確なことがわからないので、正式な回答ができない状況との事。
それで昨日、どうも要領を得ない返事しか返ってこなかったのか。

何となく感じていたけど、もの凄いゴタゴタしているんだなぁ、と実感する。

それに、私が大変お世話になった方が来年には転職されるとの噂も。
うわぁ~、合併する時に一番気をつけなきゃいけないはずの人材流出が・・・

購買部を止めて学生に迷惑をかけている事や人材流出の件から、
この吸収合併、失敗に終わるとみた。
某高田馬場の資格学校では、書店コーナーが閉まっていた。
正確に言うと、店員さんっぽい人はいたけど、移転なのか棚卸なのか営業終了時間だったからか、
「今日は販売できない」の一点張りであった。

仕方ないので新宿で紀伊国屋等、大きな書店を回る。
でも、どこも平成20年度第2回の過去問しか置いていなかった。

でもFP協会の教材購入コーナーには、平成21年8月28日現在の情報として
平成21年度第1回が入荷済みなので、発売されている事は間違いないはず。

他の仕事を中断してまで買いに行ったので、是非とも手に入れたかったけれども、
残念無念でありました。
トータルのアクセス数が下げ止まったようにみえるが、トップページのアクセスが
下がっているので、判断が難しいところ。

年金関係の記事は相変わらず上位。

1位 トップページ                            385人
2位 時効特例給付支払決定通知書が到着!           60人
3位 年金裁定通知書                          40人

                 6月平均     7月平均      8月平均
このブログに来てくれた人  25人/日     →20人/日      →20人/日
読まれたページ        47ページ/日  →38ページ/日   →42ページ/日

検索エンジンからのキーワードで面白かったものは下記。

1)「amazon アフィリエイト 自分で購入
 これ、密かにロングセラー。

2)「カブトムシ 捕まえ方
 まさかこのキーワードで来る人がいるとは思わなかった。

宿題事項は「年金財政見直し資料のチェック」ができていない。
しかし、民主党政権に変わった事により方向性や今までのやり方もガラリと変わる事が予想される。
自公政権で作った「100年安心年金」のコンセンプトがどのようになるのか興味深いところ。

今後の予定
 前回の予定
 ・毎日更新記録を11末まで伸ばす  → 継続中
 ・大和生命の破たん処理を調べる   → 完了
 ・年金財政見直し資料をチェックする → 停滞中(やばい!3か月連続停滞!)

 新規追加
 ・なし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。