システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私個人はタバコは吸わないので、タスポも持ってないのだけど、
ビックリするニュースがあった。

47Newsより引用
タスポ情報、検察に提供 日本たばこ協会

 たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」を発行する日本たばこ協会(東京)が、
特定の個人が自販機を利用した日時や場所などの履歴情報を検察当局に任意で
提供していたことが25日、関係者の話や内部資料で分かった。行方の分からなかった
罰金未納者の所在地特定につながったケースもあった。

・・・・

日本たばこ協会は、共同通信の取材に事実関係を認め、
「法に基づく要請には必要に応じて渡さざるを得ない。情報提供については
会員規約で同意を得ていると認識している」と説明している。

・・・・
</47Newsより引用>

未成年者でない事を証明する身分証明カードだと思っていたら、意外に高機能。
「いつ、どこでタバコを買ったのか」の情報を蓄積しているらしい。

「情報提供については会員規約で同意を得ていると認識している」って、
規約読んでないからわからないけど、どこまで明確に書いてあるのだろうか。
スポンサーサイト
江戸川区を行ったり来たりする事が増えているのだけれども、
今日、初めて地元の方に教えて頂いて「都バス一日乗車券」を買った。

特に手続きなく乗車時にバスの運転手さんから直接買えて、500円でバス乗り放題。
今日は
 1)船堀  → 江戸川区役所
 2)江戸川区役所 → 船堀
 3)船堀 → 葛西
 4)葛西 → 葛西臨海公園
 5)葛西臨海公園 → 葛西
 6)葛西 → 船堀
なので、6x200円=1200円が500円になったのでお得だお得だと喜んでいたけど、
ブログ書く前に念のためにちょっと調べたら「都営まるごときっぷ(1日乗車券)」がある事を知った。
これだと、都営線も乗れて700円。

都営新宿線で新宿→船堀(片道310円)を往復しているから、610円が+200円で済んだのか・・・。
残念、無念、我敗れたりっ!

2枚きっぷもそうでしたが、交通費って意外に割引制度多いですね。

東京都だと70歳以上の人が買えるシルバーパスは有名だけど、これも使ってない人
っているかもしれないですね。

やっぱり知ってるか知らないかでかなり違いが出てくるもんだなぁ。
最低賃金のニュースがアメリカと日本で話題になっていた。
まずはアメリカから。

NIKKEI NETより引用
米、最低賃金11%上げ 時給690円、消費押し上げに期待

 【ニューヨーク=杉本晶子】米国で連邦政府が定める最低賃金の引き上げが24日付で適用され、
時給7ドル25セント(約690円)と、従来の6ドル55 セントから約11%上昇した。
労働人口の約4%にあたる約450万人が恩恵を受けるとされる。貧困層の家計に余裕が
生じることで消費押し上げ効果を見込む声がある一方、サービス業をはじめとする企業に
とってコスト増は必至で、雇用縮小という副作用を招く恐れもある。

 最低賃金は2007年に5ドル85セント、08年に6ドル55セントに上昇しており、
引き上げは3年連続。オバマ政権下では初めてとなる。与党の民主党も低所得者層の
支援策として実施を強く求めてきた。07年の法律改正で決めた段階的な引き上げが
これで完了した。
・・・
<NIKKEI NETより引用>

で、同じくNIKKEI NETよりこちらは日本。

NIKKEI NETより引用
最低賃金、35県で現状維持 全国平均7~9円上げ

 中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会は28日、2009年度の最低賃金の
改定額の目安を決めた。35県を現状維持とし引き上げを見送り、最低賃金額が生活保護支給額を
下回る12都道府県に限って引き上げを打ち出した。その結果、引き上げ額は全国平均で7~9円と
昨年度実績(16 円)を下回る。景気後退で産業界の負担に配慮し、賃上げより雇用確保を
優先する姿勢を示した。

 最低賃金は企業が従業員に払う義務のある最低限の賃金で、都道府県ごとに決まっている。
現在の全国平均は時給703円。今回の目安を反映すると、09年度には最低賃金額は710~712円
となる見通しだ。
・・・
</NIKKEI NETより引用>

日本が賃上げより雇用確保優先に対して、アメリカは11%上昇との事。
どちらが吉と出るのだろうか。

各国の失業率」で書いた通り、単純比較はできないのだけれども、日本より高いアメリカの失業率で
11%の賃上げはかなりチャレンジャーだと思う。しかし、「雇用優先と建前言っても、どうせクビ切る
時は切るでしょ?海外出る企業は海外出るでしょ?だからあげちまえ!」って考えは理解できる。

ただ、おそらく、大変になるのは中小零細企業で国の税金で救済されたウォール街の人達には
関係ない話なんだろうなぁ、と思うと、世の中ってやっぱり理不尽で不公平な事あるなぁ~と思う。
Yahooニュースより引用
上期の自殺者4.7%増 1万7076人

1~6月の自殺者数は、前年同期比768人(4.7%)増の1万7076人だったことが27日、
警察庁のまとめで分かった。1日平均94人以上が自殺している計算で、
過去最悪だった2003年の年間3万4427人に迫る勢いだ。

・・・
</Yahooニュースより引用>

記事中に「 [一覧表で見る]自殺の原因、動機は? 」のリンクがあったので、見てみると、

一位 うつ病 6490人
二位 体の病気 5128人
・・・・
(複数回答可、警察庁調べ)

とあった。

不謹慎だが、「複数回答可、警察庁調べ」に苦笑してしまう。

どうやって調べるんだ、こんなもん?と思って元資料を探してみると、
警察庁の統計のページ平成19年中における自殺の概要資料があった。

一年、古いが内容を見てみると、

区分原因・動機特定者原因・動機不特定者
平成19年23,2099,884
構成比70.1%29.9%

との事で、3割以上の人は原因が不明との事。
また、

<平成19年中における自殺の概要資料より引用>
平成19年に自殺統計原票を改正し、遺書等の自殺を裏付ける資料
により明らかに推定できる原因・動機を3つまで計上することとし
たため、原因・動機特定者の原因・動機別の和と原因・動機特定者
数(23,209人)とは一致しない。したがって、前年との単純比較はできない。
</平成19年中における自殺の概要資料より引用>

との事で、あくまで遺書等の自殺を裏付ける資料からの推測である事がわかった。
「自殺の原因一位はうつ病」と言っても、うつ病になった原因があるはずなのだけれども、
そのあたりは本人にしかわかりえない事としてノータッチなのだろうか。

なお、記事タイトルが「自殺者 11年連続3万人超す 目立つ若年層の増加」との事だったので、
どの程度増えているのかグラフを作ってみる。

年代別自殺者数推移

平成19年度までのデータは60歳以上が細分化されていないため、高齢者の自殺が
一番多く見える。しかし、記事中で指摘されているように細分化すればもっとも自殺が
多い年代は50歳代、働き盛りである事がわかる。

また、平成9年から平成10年の間に全体の自殺者が急増しているのだが、
これは景気と関連があるのか、それとも統計手法が変わったのだろうか。

ちなみに良く言われている事だが、自殺者の数は交通事故の死亡者数より全然多い。
同じく警察庁の統計ページより「平成19年中の交通事故の発生状況 」を引用すると
平成19年度の交通事故の死亡者数は、5744人。

しかし、この数字はちょっとごまかしがあって、
交通事故の死亡者=交通事故が発生してから24時間以内に死亡した人
なので、これに交通事故が発生してから30日以内に死亡した人=6639人を加えると
12383人となる。

平成19年度の自殺者は33,093人なので、交通事故の3倍弱の人が自殺している事になる。

交通事故はシートベルトや飲酒運転の厳罰化などで減らせるかもしれないが、
自殺はどうやって防止していけばよいのだろうか。
麻生首相がまた失言をしたと新聞などで報道されていた。

ざっと、検索すると
日経
麻生首相「高齢者は働くことしか才能ない」 活力社会巡り発言

読売
麻生首相、高齢者は「働くことしか才能がない」

などなど。

で、この報道の仕方に対して「発言の一部だけを切り取って報道している」との批判があったせいか、
発言を全部掲載しているところもあった。

時事ドットコムより引用
首相発言・要旨

・・・

全人口の約20%が65歳以上、その65歳以上の人たちは元気に働ける。
いわゆる介護を必要としない人たちは実に8割を超えている。8割は元気なんだ。

 その元気な高齢者をいかに使うか。この人たちは皆さんと違って、
働くことしか才能がないと思ってください。働くということに絶対の能力はある。
80(歳)過ぎて遊びを覚えても遅い。遊びを覚えるなら「青年会議所の間」くらいだ。
そのころから訓練しておかないと、60過ぎて80過ぎて手習いなんて遅い。

 だから、働ける才能をもっと使って、その人たちが働けるようになれば納税者になる。
税金を受け取る方ではない、納税者になる。日本の社会保障はまったく変わったものになる。
どうしてそういう発想にならないのか。暗く貧しい高齢化社会は違う。
明るい高齢化社会、活力ある高齢化社会、これが日本の目指す方向だ。

・・・
</時事ドットコムより引用>


正直な話、全文を読んでも良くわからなかった。
特に二段落目は三段落目の「だから」にどう解釈しても繋がらないように思える。
一段落目から三段落目だったら繋がるのだけれども。

二段落目は、もしかしたら
「勉強ばっかりしないで外で遊ぶ事も大事だよ」と大人が子供を諭すように、
青年会議所の人達へのアドバイスで脱線したのかなぁ、
とも思うけど、それって文字からは読みとれない。

講演時のビデオ映像を見ればわかるのかもしれないけど、それを言ってしまうと
雑誌、新聞の意義を否定する事になるので、あくまで文字で伝える事を考えると
どのように伝えるべきだったのだろうか?

2段落目を無視して1段落目と3段落目のみを伝える?
しかし、それって、2段落目のみを抜き出した報道と同じレベルだよな。

「どのように伝えるのがベストなのか?」を考え始めると、中々難しい。
軽々しく「偏向報道だ!」なんて批判はできないんだなぁ、と思った出来事でした。
なんと、一週間近く余裕のある現時点で個別相談全20回が満員御礼になったそうです。
夏休み真最中、暑い、会場が駅から遠い、などなどの悪条件を乗り越えて、これは凄い。

広報手段は新聞折り込み、公共施設へのチラシ置き、区報への掲載、バス社内広告、
知人への口コミ等だったそうですが「特にこれが有効だった!」と言う飛び抜けた手段はなかったとの事。

ただ、個別相談予約を受け付ける際に「何を見てこのフォーラムを知りましたか?」と質問して
広報手段の有効性をチェックしているそうなのだけど、確認しているのは電話申し込みの時だけだと思われる。
何故なら、東京支部のWeb申し込み画面にはそんな項目がないので。

また、このブログにFPフォーラム in 目黒関係のキーワードで検索して来てくれた方は
延べ46名。ただ、この数字はどこかで「FPフォーラム in 目黒」を知って、詳細を知りたくて
ネットで検索した人の延べ人数。
関係ないキーワードでこのブログにアクセスして「FPフォーラム in 目黒」を知った、
と言う人もいるはずなので、正確な宣伝効果はわからない。

例の「FPフォーラムの宣伝活動の注意点」の件があるので、敢えてリスクを取る気も起らず、
あまり話題にしなかったのだけれども、あの規約ってやっぱりどーなんだろう。

「私もFPフォーラムに参加しまーす!」等々の表現をすると、個人の売名に繋がるって事で、
詳細記述NGって事なのかなぁ?

個人的には「FPフォーラムに興味があるけど、個別相談はちょっと怖いなぁ。」と思ってた人が、
このブログを読んで「FPの人ってこんな事考えてるんだぁ」と多少、安心して個別相談に申し込む、
なんてパターンがあったら一番嬉しいのだけれども。

あ、ただ、FPと言っても色々な人がいますから、今回の個別相談で満足できなくても
がっくりしないでくださいね。お互い、人間ですから合う合わないはありますし、
お医者さんだってセカンドオピニオンを求める事が推奨されるじゃないですか。

特にFPフォーラムは、ボランティア主体なのでベテランFPもいれば新米FPもいます。
また、通常2時間程度の相談時間が45分と時間的な制約もあるので、中々難しいのです。
受験日
1)CFP資格審査試験 2009年11月8日(日)
 金融資産運用設計
 不動産運用設計
 ライフプランニング・リタイアメントプランニング 

2)CFP資格審査試験 2009年11月15日(日)
 リスクと保険
 タックスプランニング
 相続・事業承継設計

受験申込
1)願書(書面)の場合 9月3日(木)~9月16日(水)
2)インターネットの場合 9月3日(木)~10月5日(月)

試験要項、願書はFPジャーナル9月号

まだまだ先だなぁ、早く来てほしいなぁ。
受験申し込み開始日を未来日付でブログに書いておこう。
あ~、もぉ~、さっさとかかってこいやぁ~!!
CFP試験受験組の皆さま、お疲れ様です。
郵便でCFP資格審査試験の結果送られてきましたが、如何だったでしょうか?
CFP全6科目の取得に成功された方はおめでとうございます!

私は、残念ながら4科目受験して2科目落としました。

1)ライフプランニング・リタイアメントプランニング
 合格
 時間がかかると思った問題をパスしたのが結果的に良かったのだと思います。

2)リスクと保険
 合格
 素直な問題が多かったので素直な私にとってラッキーでした。

3)タックスプランニング
 また次回!
 何かにひっかけられて第5の選択肢が正解と出た時点で負けていたと思います。

4)相続事業承継設計
 また次回!
 「素直な問題」と私が思った問題も実はひっかけだった可能性高いです。

って事で残念です、無念です。次回、11月15日(日)がさっさと来て欲しいです。

今更ながら、CFP試験の各科目関連図を簡単にまとめると下記だと思います。

CFP科目関連図
(クリックで拡大します)

タックスプランニングは各科目への関連が沢山あるので、なるべく早めに取得する事が
望ましいと思います。私の科目の取り方は、かなり効率悪いです。

それと、ライフプランニングは全科目と関連付けられた出題が多いので残すと危険です。
(全科目の制度変更点を追わなくてならなくなるので、後に残す程辛くなる。)

資格学校などでは、
 1)タックス→不動産→相続のライン
 2)ライフプラン→保険のライン
 3)金融
の3ラインを軸に受験対策を考える事を勧める事があるようです。

なので、今回、科目を落としてしまったり、新規に受験を考えている方はこのラインを念頭に
作戦を考えてみるのも良いかもしれません。

私は、ここまで来たら、タックスと相続は超得意分野にしてやろうと思います。
毎月一定額を支払って健康食品を購入すると2年後からボーナスが還付されて黒字になる!
と言って人を勧誘していた「年金たまご」がニュースになっている。

2009年7月22日のGooニュースより引用
出資金集め「年金たまご」捜査、10億超か

・・・

 同社はこの約3年間、「年金たまご」と称した集金システムで、高齢者を中心に
全国約5万人から少なくとも10億円を集めたとみられ、同庁は資金の流れについて解明を進める。

 同社関係者によると、同社は、健康商品・化粧品販売会社として1989年5月に設立。
2006年10月頃から、ブルーベリーやコラーゲンなどの健康食品の購入費として、
毎月1万3500円を支払えば、1年目は年13万2000円を、2年目以降は年280万円以上を
ボーナスとして受け取れるとうたい、会員を募り始めた。

・・・・
</2009年7月22日のGooニュースより引用>

ちなみに2007年12月27日の時点で、livedoorニュースのパブリック・ジャーナリストさんが
勇気ある記事で詐欺の可能性を指摘している。

livedoorニュースより引用
一年間で三万人が登録したという「年金たまご」を調べてみた

・・・・

 調べた結果を母親に電話すると、「毎年10万ちょっと払って数百万もボーナスがもらえるかも
知れないけどね、その数百万は誰が出すのかって考えても、よく分からないからやめる。」
と言っていた。それがすべてだと思う。
・・・
</livedoorニュースより引用>

2007年11月23日時点でのOKWave(質問サイト)の質問
ライフ・アップの年金タマゴ

詐欺の可能性を質問した人に対して、何人か、関係者、もしくは信じたいと思っている人の回答がある。

2008年7月20日、ほぼ一年前のYahoo知恵袋(質問サイト)の質問
ライフアップという年金たまご?について。

叔母さんが聞き入れてくれないと質問者さんが嘆いている。

大規模詐欺として有名になった円天の会長が逮捕された後でも「会長が帰ってくるまで頑張ろう!!」
なんて発言をしている会員さんがいたけれども、完全に騙されてる人には
「信じたい」
と言う強い気持ちがあるので、説得がとても難しい。

もし、2008年の時点で私が相談を受けていても、Yahoo知恵袋の叔母さんを納得させるのは
難しかったと思う。
「もしかしたら自分が間違っているかも?騙されてるかも?」との不安を打ち消すために、
防衛的になってしまっていて、論理的に筋道立てて説明しても怒りだしてしまうのだ。

「そんなリターンはあり得ません。年間数%のリターンが普通です!」などと説く
ファイナンシャルプランナーなどと言う聞いた事もない自称専門家の人間が言う言葉より、
「今までにない画期的特許申請システム!自分年金を持とう!2年目以降は年280万円!!」
と、夢を説くベンチャー起業家の可能性にかけたくなるのかもしれない。

過去に私が相談された例。
1)日本の小さいベンチャー製薬会社が画期的な薬の開発に成功した。
2)その薬の特許をアメリカで取得して、アメリカの大手製薬会社に売却したいが、資金が足りない。
3)薬の開発は極秘なので報道されていない。あなたとあなたの友人への特別な出資チャンス!
4)出資枠は一口100万円。希望者は他にもいるので、早く入金しないと埋まってしまうかも!
5)◎◎特許訴訟で有名なアメリカの△△弁護士事務所と水面下で提携交渉中。
6)売却後のリターンは●●●万円以上かも!あくまで期待値なので正確な根拠は示せない。

突っ込みどころ満載だけれども、これも相談者と実際にこの詐欺話を持ちかけられた人が
違ったので、相談者は私の指摘に最もだと同意するけど、詐欺話を持ちかけられた人は
相談者が話しても全く聞き入れないで、「△△弁護士事務所は本当にある」とか、
何の根拠にもならない事を根拠として出資したがったらしい。

詐欺話作成側も詳細な突っ込みから逃げられるように逃げ道を沢山作っているので、
突っ込む事ができない。そして、詳細が突っ込めないので100%詐欺とは断定できない。

そのため、「どうしても出資したいのならば、税務処理がどうなるのか?
アメリカでどんな税金を払って、日本でどんな税金を払う事になるのか?
会社の払う税金とあなたの払う税金、そこを確かめてください。」
と、アドバイスしておいた。

それが功を奏したのかどうかは知らないが、一応、振り込む前に詐欺が発覚して
被害は免れたらしい。
残念ながら東京はバッチリ曇っています。
日食は9:30頃から正午過ぎまでとの事ですが、見えなさそうです。

国立天文台によれば次の皆既日食は26年後。

2009年7月22日 皆既食 トカラ列島、屋久島、種子島・奄美大島の一部など
2012年5月21日 金環食 トカラ列島、屋久島、種子島、九州・四国・近畿・中部・東北・関東など
2030年6月1日 金環食 北海道の大部分など
2035年9月2日 皆既食 中部・関東の一部など

26年後の私は何してるのかなぁ。
20090721001646
カブトムシのライフプランを検討するならクロ様のはどーした?
とお叱りが来そうだけど、クロ様はカブトムシより条件難しい。

鳩の寿命は十年から二十年との事で幅がありすぎるのと、性別がわからないし、年齢も不明。

更にライフプランについて考えるのが難しくなる。
先日、作った草食肉食ご夫妻のライフプランを引き続き検討する。

20097月8月9月10月11月12月
草食様(月齢)1ヵ月2ヵ月3ヵ月4ヵ月5ヵ月6ヵ月
肉食様(月齢)1ヵ月2ヵ月3ヵ月4ヵ月5ヵ月6ヵ月

この表だけでも、実は、人生の時間制限を表現できているのだと思う。
人間の場合だったら、120歳くらいまで表を作っておけば、同じ事になるのかな。

で、時間制限が明確に見えると、諸行無常感もあるかもしれないけれども
「何を残りの人生で達成したいのか?」つまり夢や目標について考えたくなるのではないだろうか?

ご夫妻の場合は、残念ながら日本語によるヒアリングが不可能であるため、想像になるが、
・子孫を残したい
・樹液を吸いたい
等々だろうか?

もしかしたら「自由に飛び回りたい」もあるかもしれないな、と思ったので、
ご夫妻は電灯が少なくクヌギの木が沢山ある山に放してあげた。

という事で、クライアントはいなくなったが、ライフプランについては引き続き検討していきたいと思う。

それにしても、ゴキブリもカブトムシも黒光りしている事は共通だが、前者がおぞましく感じるのに
何故、後者は気品あふれる美しさを感じるのだろうか。
昨日のファイナンシャルプランナーが都市部でもほとんど知られていないのは、
笑い話で済むと言えば済むのだけれども、同時に一本の電話があったのだ。

ITのお仕事のお誘いの電話であって、どうもトラぶっているプロジェクトがあるらしく、
助けてくれないかとのご依頼。しかし、火消しが必要なほどのプロジェクトって事は、
手伝うとなると忙しくなってFP関連の仕事はほぼできなくなる事は確実。

そのため「今準備中のFPフォーラムが終わる11月末まではどうしても体が空きません」
とお断りする。

「色々とトラぶってるので助けてほしいんだ」
「すいません、どうしても11月末までは体が空きません」
「そうか、それはお金の問題ではないんだな?それはお金の問題ではないんだな?」
「はい、すいません。」

この不景気に、指名で仕事依頼が来るってことは、それだけで大変ありがたい事だし、
言外にお金はだすからとにかく助けてほしいと言われているのに断った。
手伝ってあげれば良かったのではないのか?

何故SEでなくFPなのか?
「世の中にFPは必要とされているはず」と思っているが、それは本当なのか?
必要性どころか、存在さえ認識されていないではないか?

などなどと考え込む。

社会的認知度
 SE >>> FP

期待できる収入
 SE >>>>>> FP

私に期待されている役割
 SE >> FP

どう考えてもFPを選んでいる理由がわからないが、
自分の中に何か満たされぬ思いがある事も確か。

苦しいなぁ、苦しいなぁ、と思いつつ飲んだMAXコーヒーは甘さを全く感じなかった。
FPフォーラム関連の調整を行う際「日本FP協会の~です」と自己紹介をする事が増えてきた。

個人的には会費は払っていても、報酬は貰ってないし、電卓も貸してもらえないので
「日本FP協会の~」と自己紹介するのは非常に抵抗感があるのだが、役所や外部団体と
調整する際は「何処のどなた様?」と聞かれるので、名乗らざるを得ない。

ところが、この「日本FP協会」および「ファイナンシャルプランナー」は、一般の人には全く普及
してないのだなぁ、と思い知らされる事多々あり。

「で、その日本FP協会とはどのような団体ですか?」
「はい、ファイナンシャルプランナーの集まりであるNPO法人です。」
「ファイナンシャルプランナー?」
「あ、はい、あのファイナンシャルプランナーとはですね、個人のライフプランの作成の・・・」
「はぁ、横文字の資格は良くわかりませんねぇ~」
とか。


「日本FP協会の~と申します。」
・・・・・
「で、その日本FP協会とはどのような団体ですか?」
「はい、ファイナンシャルプランナーの集まりであるNPO法人です。」
「なるほど、ファイナンシャルプランナーですか」
(おぉ、この人は説明しないでもわかってくれたっ!)
・・・
「そのため、申請書をFAXで送って頂きたいのですが」
「わかりました、それでは送り先のお電話番号を・・・」

FAX送付状
日本エスピー協会様
・・・

私の声が聞き取りにくかったのかもしれないけど、「ファイナンシャルプランナー」を
本当に知っていたら「日本エフピー協会」を「日本エスピー協会」と間違える事はないと思うんだ。

「東京はFPが普及しているから羨ましい」って地方の方に羨ましがられた時があったけど、
東京23区内でも場所によっては、こんな状況だったりする。

血と汗と涙だ。
深夜、ランニングした際、カブトムシを拾う。

街灯にガッツンガッツン衝突して落ちる、ガッツンガッツン衝突して落ちるを繰り返しており、
スルーしようと思ったが、道端に落ちたタイミングで轢かれてしまった個体もいるようで、
居たたまれなくなって拾う。

小学生の皆さんへ。カブトムシは皆さんの担当だと思うので頑張って保護に努めて頂きたい。
カブトムシを捕まえるためのアドバイスだけど、19時~21時に探し回ってもダメだ。
ご両親に許可とご協力を頂いて、0時~3時くらいに起こして貰って探しに行くんだ。
その時間帯なら、山奥入らなくても街灯をパトロールするだけでつかまえる事ができるかもしれない。

話がずれたけど、拾ったのはオス2匹とメス1匹。
野生のカブトムシは力強く、手でつかむとこっちが傷だらけになるのでジャージにひっつけて帰宅。
だが、オス1匹は帰宅途中にジャージから大空に旅立ったので、都合良くカップルになる。

最近の人間界の傾向に似たのか、メスの方が積極的にグリグリ動くので肉食さん、
オスの方がおとなしいので草食さんと名付ける。

私の経験では、カブトムシは大事に育てても9月頃には寿命で死んでしまう。
しかし、12月頃までカブトムシが生きた事例を読んだ事があるので、
個体や飼育条件によっては、12月まで生きる場合もあるのかもしれない。

それゆえ、もっとも単純化されたライフプランは下記のようになる。

-7月8月9月10月11月12月
草食様1ヵ月2ヵ月3ヵ月4ヵ月5ヵ月6ヵ月
肉食様1ヵ月2ヵ月3ヵ月4ヵ月5ヵ月6ヵ月


自分で作っておいて何だが、さて、この表は何の意味があるのだろうか?
池袋FPフォーラム終了後の反省点を改めて読み直して、「質問の仕方が下手」の結論になった。

お客様の話を聴くためには話して貰う事が必要になり、話して貰うためには質問が重要になってくる。
以下、少ない経験に基づいた俺流大雑把分析だけど3種類の質問が必要と思う。

1)雑談としての質問
 「今日は暑いですね~」「会場まで迷いませんでしたか?」等々。
 初対面のお客様にリラックスしてもらうための、考えなくてもすぐ答えられるような質問。

 「雑談なんてわざわざ明記するような事ではないでしょう」と思う人もいるかもしれないけど、
 定石がないので実は一番難しい質問だと思う。単に質問するだけならば簡単だけど、
 お客様にリラックスして貰って話しやすい雰囲気を作り、信頼関係を構築していく事が必要。

 誰とでもすぐに仲良くなれる人ってたまにいるけど、先天的な才能が関係してくる事は確か。
 優秀なセールスマンや師匠はこれが抜群に上手。私はKYなのでとてもとてもとても下手

 ただ定石はないのだけれども「笑顔」「お客さんに名前で呼びかける」「姿勢」等々、
 気をつけていく事で改善されていくポイントはあるので少しでも良くなるよう努力するしかない。

2)ニーズ把握の質問
 理想は1)で信頼関係ができた後にする質問。だが現実にはお客様の方から相談開始と同時に
 「AとBはどちらが良いのですか?」「Cを使ってDしたいのですが大丈夫ですか?」等々、
 いきなり結論を求められる事もある。

 で、求められた結論に対して知識だけで答えても大体見当違いの答えになり、1)の
 信頼関係構築もできていないため、最悪、お客様が怒ってしまうような事態もあり得る。

 そのため、1)をやりつつ2)を行っていく必要が出てくるのだが、
 1)の目的が十分意識できていない場合は、お客様のプライベートな事を質問してしまったり、
 いわゆる「相談の内容と関係ない質問をしてしまうミス」をしやすくなる。

 ただ質問技法そのものは定石があるので簡単。ロジカル・シンキングの技法で言えば
 「オープン・クエスチョン」つまりYES/NOで答えられない質問をすれば良い。

 何を?なぜ?いつ?どこで?だれが?どちら?どんな方法で?どのくらいの金額/量で?

 「なぜ、AとBの違いに注目されたのですか?」「Dをしたい理由はなぜですか?」
 これをやる事により、誤解をなくし、問題の本質に迫る事ができる。
 ただ1)が不十分だとお客様が本当の事を話してくれないので失敗する。

3)問題解決の質問
 2)をやる事によって、本当の問題が見えてくる。次は
 「クローズド・クエスチョン」つまりYES/NOで答えられる質問で問題の整理をしていく。

 こう書くと簡単そうだけど、実際は2)の段階で問題がボロボロでてきたり、範囲が広がりすぎて
 収拾がつかなくなってしまったり、どこから手をつけるべきなのか途方に暮れる事もある。

 下手をしたらお客様自身が、自分が困っている事は分かっているけど、
 何に困っているのかわからない、故に、自分が何をしたいのか、何をするべきなのかわからない、
 何を相談していたのかも良くわからなくなってしまう、なんて事も珍しくはない。

 そんな混沌とした状態の中から、問題の本質を見極めて、そこに切り込んでいく質問が必要。

 大変そう?でも、大丈夫、これは経験を積んでパターンを覚える事により改善可能。
 たとえば年金の相談を何千件もこなされている先輩からアドバイスを頂いた事があるけど、
 年金相談は3パターンしかない、99%は3パターンのどれかに当てはまるとの事。

 「なるほど、老後資金が心配なのでAとBの違いに注目されたのですね?」
 「相続争いが気になるのでCに注目されたのですね?」

 もしかしたら、明確になった問題点について、自らの六分野の知識を総動員して、
 「最適且つお客様が実現可能な解決策」を提案する事も必要になってくるかもしれない。

 「老後資金の準備にはZという手段もあるのですがご検討されては如何でしょうか?」
 「CはEに注意する必要があるので、Xをご検討されるのは如何でしょうか?」


長々と書いてきたけれども、改めて考えるとFPって相当難しい仕事。
セールス+カウンセラー+コンサルタントの能力と
ライフプラン+金融+保険+相続+不動産+税金の6分野の知識が必要なのだと思う。

大変だよねぇ、でも、大丈夫。これを完全にできる人ってほとんどいない。
私の知っている限りでは、師匠と数人の先輩ができるだけで、私自身もまだできない。

仕事のやり方には色々な方法論があって良いと思うので、「上記質問技法はFPに必須!」
と主張するつもりはないけれども、これができる人は相談業務でやっていける人だと思う。
日本FP協会からアンケート協力依頼メールが来ていた事に気付いた。

以前、「不況に強い資格ファイナンシャルプランナー」で紹介した
「ファイナンシャル・プランナー実態調査」の平成21年度版作成のためのアンケート。

ちなみに回答条件と謝礼は下記。

1)アンケートの所要時間は、10分~30分程度です。

2)回答者の中から抽選で、100名様に図書カード500円分を日本FP協会より進呈致します。

20年度アンケートも同じ条件だったが、回答者が9,547人だった。
100名に謝礼って事は、1.04%程度の確率で図書券が貰えるって事。

悪くない確率だと思うけど、前回は14万7,242人の会員の中で9,547人しか答えてない。
つまり、6.4%の人しか協力してないのだけど、今回は何%になるのだろうか。

「アンケートに答えない」事で間接的に実態調査に協力する事を選ぶ人が多いのだと思う。

ちなみに締め切りは平成21年7月14日(火)24:00との事なので過ぎてました、残念。
ファイナンシャルプランナーが個別相談時を受ける際、
お客さんがしゃべる時間とファイナンシャルプランナーがしゃべる時間の割合は何対何が理想か?

教科書的には「話を聞く事が大事なので、お客さん7割、FP3割が理想」と習ったけれども、
逆にFPが7割しゃべるべき説を聞いて、少し考えこむ。

「FPは専門家であり、お客さんはお金を払って専門家の話を聞きに来ているのだから
お客さんがしゃべっても仕方ない。」との事。

講義講演が上手で実績もある人の説なので全否定はしないけれども、この人にとって、
個別相談=「定員一名で随時質問可能な講義講演」になっているのかなぁ、と感じた。

普段はテレビやコンサート会場で遠くに見る事しかできないアノ人が「お宅訪問!」で
1対1で会ってくれる!!それだったら嬉しいからアリなのかもしれない。

でも、私が感じる問題点は下記

1)お客さんが自分自身の問題や状況を整理できていない、または誤解している場合がある。
 「次の4つのうちもっとも適切な選択を選べ」なんてCFP試験チックな
 質問をしてくるお客さんはいない。

2)お客さんがズバズバ本音を言うタイプの人だったら良いが、初対面の人に自分の
 お金の悩みをストレートに質問できる人は少ない。
 つまりお客さんが「質問した事」は「質問したい事」と違う恐れがある。

3)簡単には答えのでない問題がある。知識だけでは答えられない問題がある。
 お客さんが自分自身で解を見つけるしかない問題がある。

FP7割派の人に質問はしていないが、上記の3問題にどのように対処しているのだろうか?

1)を解決するためには真剣に聴く必要があるし、真剣に聴く態度は2)の解決に繋がり、
3)も真剣に話を聴く事で、自分なりの結論にたどり着くのを手助けする事はできる。

つまり、お客さんにしゃべってもらう時間は自然と増えると思うのだ。
私はシステムエンジニアなのでFP6分野は全部アウェイ。

保険業界出身の方は保険の見直し相談はホームだから自信があるだろうし、
金融業界出身の方は資産運用相談がホーム。
6分野それぞれに、その分野をホームとする人達がいる。

ただFPを勉強している人の中には私のように「全分野アウェイです」って人は結構いる。
ホームを持ってない人は、ホームを持ってる人にある種のコンプレックスを感じる時も
あるようでそれは無理からぬ事なのだけれども、今日、面白い事に気付いた。

ホームがあるのは強みだと思っていたのだけれども、弱みでもあるのだと。
何故なら、本人も無意識のうちに、ホームの物差しでお客さんを計ってしまうのだ。

FPが相談を受けるのはお客さんのライフプラン、すなわち人生。
にも関わらず「保険に入ってない」=「この人ダメ人間」、「貯金がない」=「この人ダメ人間」の
先入観でお客さんを見てしまう危険があるのだ。

わかりやすい例で言えば、パソコンに詳しいんだけどやたら専門用語を使った会話をし、
専門用語を理解できない人を小馬鹿にしたような態度をとる人っている。

パソコンなんて別に単なる道具だから、詳しくなくても全く問題はない。
でもパソコンに詳しいか詳しくないかを人間の価値を判断する基準にしてしまっているのだ。

それと同じ事がFPの世界でも起こりえる。
そして、本人はそれに気づけない、気づかない。
でもお客さんは敏感に感じ取る。

これ、心底恐ろしい事。
アウェイ出身者で良かったと心の底から思った。
日曜日は朝から出かけるので都議選の不在者投票に行ってきました。

私の他にもかなり沢山の人が来ていてちょっとびっくりしました。
投票放棄しないで暑い中わざわざ投票に出かけるのは偉いなぁ、と思います。

やっぱり投票放棄はイカンと思うのです。
政治に文句言うならば行動は示そうよ。
行動もしないで文句だけ言うのは変だよ、と思うわけです。

どちらかと言うと東京都の中でも辺境よりであるためか、選挙カーもほとんど来ないし、
来たとしても「若さと行動力の○○!」とか「お願いします◎◎をお願いします!」などなど、
投票判断になりそうな情報を事前に得ていないため、どこに投票しようか現場で迷いました。

あっち投票してアノ人に「国民の支持を得ている」とか言われるの嫌だし、そっち投票して
ソノ人に「ミソギは済んだ~」とか言われるの嫌だし、かといって「ドラエモン」に投票して
無効票になるのもわざわざ暑い中来たので避けたいし、う~む・・・

悩んで悩んで思い出したのが下記のアメリカンジョーク。


ある男が、自分を愛している3人の女の中で
誰を結婚相手にするか長いこと考えていた。

そこで彼は3人に5000ドルずつ渡し
彼女らがその金をどう使うか見ることにした。

一人目の女は、高価な服と高級な化粧品を買い、
最高の美容院に行き、自分を完璧に見せるために
その金を全て使ってこう言った。

「私はあなたをとても愛しているの。だから、
あなたが町で一番の美人を妻に持っていると
みんなに思ってほしいのよ」

二人目の女は、夫になるかも知れないその男のために
新しいスーツやシャツ、車の整備用品を買って、
残らず使いきる と、こう言った。

「私にとってはあなたが一番大切な人なの。
だからお金は全部あなたのために使ったわ」

最後の女は、5000ドルを利殖に回し、倍にして男に返した。

「私はあなたをとても愛しているわ。
お金は、私が浪費をしない、賢い女であることを
あなたに分かってもらえるように使ったのよ」

男は考え・・・

3人の中で一番おっぱいの大きい女を妻にした。


意外に示唆に富んでいる話であるような気がしてきたので
深く考えるのは止め、フィーリングで選んで投票してきました。
かなり昔に書いた記事に思えたけれども2月12日の記事だった。

米金融安定化策  ~官民で不良資産買い取り~
-最大1兆ドル投資ファンド設立-

この続きが7月9日の日経朝刊に載っていた。

米不良資産買い取り
~400億ドル規模で開始~
金融改善で規模縮小

2月 5000億ドルからスタートして最大10000億ドル。
 ↓
7月 400億ドルからスタート。金融市場の状況が改善したので縮小。

かなりのディスカウントだけれども、そんなに状況って改善したかな?

日経.NETより引用
米住宅価格、4月18%下落 価格指数の主要10都市平均

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が30日発表した4月の
「S&Pケース・シラー住宅価格指数」は、主要10都市平均で前年同月比18.0%下落した。
18.6%の下落だった3月に比べると下落ピッチはわずかながら穏やかになった。

・・・・
</日経.NETより引用>

住宅価格はまだ下がっているから不良債権処理にかかるお金が減ったわけではないんだよね。
「潰さないための資金は供給したからもう大丈夫でしょう。不良債権の処理は民間でやってね」
って事なのだろうか。

そうだとしたら不良債権処理はかなり時間がかかる事になるのかな?
でも、今日は一回休み。
書きたい事はあるけど時間ないので一回休み。
今日あたりくると思っていた地震費用保険の資料がまだこない。

何事も起こらないで、異常現象も「日食の影響だったのかもしれません」なんて話になるのが
一番良いのだけれども、良い機会なので色々と調べ中。

日本地震学会の広報誌なゐふる2009年5月号に、地震と地下水について興味深い記事があった。

1946年の南海地震M8の1~10日前から、紀伊半島~四国の太平洋岸の11か所で
井戸水の水位が低下した事が観測されているけど、調査地域160個所中の11なので
出現率は低いとの事。

ただ、地下水に影響が出る理由は推測でしか説明できないようだ。

他にも、色々とある団体が色々な調査や学説検証をやっているようなんだけれども、
「どれも学術研究の域を出てないんだな」との印象を強くする。

その意味だと前の記事で「大気中のイオン濃度と地震予知の関連」をトンデモ学説と
表現してしまったけれども、謝罪しなければいけないな、と思った。すいません。
外すリスクを取ってでも調査結果や予知結果をどんどん公表して行く姿勢はありがたい。

そうそう地震保険で小ネタを一つ。
保険の見直しと聞くと、ほとんどの人が「生命保険の見直し」を思い浮かべると思うけど、
実は火災保険や地震保険などの「損害保険の見直し」も意外な節約につながる場合がある。

損害保険って基本は「実損払い」。損した分だけ支払われる。
不穏な例だけど、5000万円の家に1億円の火災保険かけて火をつけても5000万しかでない。
生命保険のように、1億円の生命保険をかけて保険金目当てに殺しちゃう!なんて事はできない。

で、良くある間違いに、5000万円のローンを組んで家を買ったので5000万円の火災保険に
入りました~ってのがある。

5000万円のローンには諸費用や土地、マンションの共有部分等々が含まれていないだろうか?
住居部分の価格が2500万円だとしたら2500万円以上の火災保険に入ってるのは無駄なのだ。

それと、築何十年もたっているのに新築時の価格で火災保険を継続していて
無駄になっている場合もある。ただ、これは保険のタイプによっては
「家の再建に必要な保険金を支払います」って契約になっている場合もあるので
一概に全部無駄になっているとは言い切れないけど。

一度、契約内容を見直してみると良いかもしれません。
八王子でお友達のFP3人が自主開催しているFPセミナー、
あったか生活設計の第三回にお邪魔してきました。

「今回は何人集まるかなぁ?」と主催の方が心配していましたが、フタを開けてみれば
私を入れて11名、小さな会議室がほぼ満員になりました。

「ほとんど知り合いだからサクラみたいなもんだよ」などと謙遜していましたが、
知り合いを呼べないセミナーに赤の他人が来てくれるわけもなく、
順調に立ち上がっているんだなぁ、と感じます。

講師の方が近所のお知り合いに直接手紙を出してPRしたそうで、
15人に手紙を出したら8人が来てくれたとの事。
あんまり手広く広報しすぎるとPTAの役員の座が近づいてくる恐れもあるとのお話で、
私が想像もしなかった井戸端政治の力学を垣間見る事もできました。

何にしてもせっかく取得したFP資格をペーパー資格で終わらせず、
実際に生かして使っていこうとする熱意と行動力には頭が下がります。

セミナーの内容は「失敗しない早期退職プラン」のお題で、かなり沢山の内容を詰め込んで
いたため、時間的な制限が大変そうでした。でも、お客様はそんな事情は知らないので、
講義をさえぎって質問をする方がいて更に大変。

お客さん「すいません。その割合は何を元に決まるんですか?」
講師「これは勤続年数や所得の額によって決まります」
お客さん「勤続年数だとすると・・・」
主催「すいませ~ん、質問は後でまとめて受け付けますので講義を進めさせてくださ~い」
お客さん「あ、はい。わかりました。」

・・・・5分後

講師「ですので、住民税というのは、去年の所得を元に・・・」
お客さん「すいません、所得税が還付されたのに住民税がとられるのは何故ですか?」

わ~お、主催者のお願い完全スルー見事にスルー。
そして、それに追随して別の質問を始める他のお客さんも!
そしたら、その質問に対していきなり答え始める他のお客さんも!

まぁ、私自身も逐次質問できる方が嬉しいし、雰囲気が良いから逐次質問したくなるって
わかるのですが、午前中しか会議室予約していないので時間オーバーすると施設側から
色々とクレームを言われる立場の主催者側は大変そうでした。

「質問は後で受け付けます」って最初に断りを入れても、今回のように途中質問が来る
可能性はあるので、質問受付の時間を考慮して全体の時間を配分を考えた方が良いのかなぁ、
と思いました。

なかなか、勉強になる一日でした。
奥多摩にヒバゴンが現れたらしいですよ!!
って嘘です、こんばんは。

昨日のブログを書いた後に「うほぉ~、マジメなFPのブログからどんどん方向性が変わっていくぅ~」
と苦悩して記事消したくなりましたが、我慢しました。

でも、1つの情報源から1つの推論が導かれるのは特に注目に値しないですが、
相互に関連しない2つの情報源から1つの推論が導かれるのは簡単に無視できないと思うのです。

3つ以上の情報源からだと更に注目度はアップしますが、今のところ、3つ目は
アンテナ引っ掛かってきてません。敢えて書くなら「クジラ、海水浴場で動けず…九十九里海岸
なんて話があったようですが、これは関連性が薄いと思います。

千葉や南関東のローカルニュースで何か気になる事があったらコメント等で教えてくださいませ。

それと昨日書いた地震費用保険の件です。

地震保険って基本は国が主導している制度なんですね。
だから色々な保険会社で地震保険は扱っているけど、「火災保険とセットで加入」等々の
国が定めた方針はどこも同じ。

で、火災保険とセットだから値段も高くなり「対地震」だけを考えて加入しにくいし、
支払い基準も「全壊」「半壊」等で基準が厳しい。

ところが、昨日紹介した地震費用保険は「地震で家が壊れちゃった時の保険」ではなくて
「地震が起きた時に色々とかかる生活費を補てんする保険」なんですね。

だから、保険料も安いけど、保険金も何百万レベルです。
ゆえに「家が壊れた」なんてケースの根本的な対策になりませんが、
「対地震」だけを考えて加入しやすい利点があります。

ずっと前から興味はあったのですが、加入を先送りしていたので、
「すぐ送れ、今送れ、とにかく送れ!」と資料催促しておきました。

明日以降に続くかも。
今回の話、僕自身も確信がないし裏をとってるわけではないので、
トンデモ系の眉唾な話と思って猜疑心全開で読んで欲しいのだけど、
ちょっと気になる地震予知の話がある。

NPO法人 大気イオン地震予測研究会 e-PISCO

なるNPO法人があるのだけど、そこは、
「大気中のイオン濃度を測定すると地震の予知ができるのではないか?」という仮説の元に
各地でイオン濃度を測定している団体らしい。

で、その団体が最近、南関東に対して大地震の警告をだしている。
南関東3測定点の大気イオン濃度 いっそう深刻に宏観異常情報ご報告のお願い

怪しげな団体に思えるでしょう?何かトップページにベタベタ広告貼ってあるし、
内閣府認定のNPO法人って事は一応、日本FP協会と同じ認定を受けてるって事なんだけど、
ピンキリあるだろうし。

「大気中のイオン濃度と地震予知の関連」ってトンデモ学説の域を出てないようだし、
Webサイトで公開されている「地震前兆捕捉の成功事例」って全部情報公開されてないし、
公開されているページをチェックしても測定地点が少ないためか、震源地と測定値の距離が
離れすぎていて、本当に地震を予知できていたのか判断しにくい。

それに「近畿陸域M6予測はハズレ」等のイオン濃度が異常だったけど何も起こらなかった
ケースもあるようなので、どの程度信頼がおけるものなのか、やっぱりわからない。

更に書くなら、

地震予知総合研究振興会
社団法人日本地震学会
地震予知連絡会
地震調査研究推進本部

等々の社会的信用がありそうな組織からは警告らしきものは一切発生されてない。

なので、僕も一瞬、興味を引かれたけれどもブログに書くのは止めたのだ。
地震が来るぞぉ~って警告や噂話って過去にも良くあった話だし。

では、何故今日、これを書いたか?

YAHOOニュースより引用
「重さ2千トン、貯水池浮き上がる!…千葉・東金」
7月5日8時43分配信 読売新聞

千葉県東金市下武射田の住宅地の一角で、雨水を一時的にためておくための
コンクリート製貯水池が、30メートル四方に及ぶ施設ごと地面から浮き上がる
珍しい現象が起き、管理する市や住民を「なぜ」と驚かせている。

 市によると、この貯水池は「牧野台調整池」で、1987年ごろ、近くの団地を建設した
不動産会社などの手で造成された。深さは4・3メートルで、全面コンクリートだけに
重さは約2000トンになるという。

 市が池の異変を知ったのは2日午後。住民から「池が浮き上がり、周囲の道路が
陥没している」との連絡が入った。

 市建設課職員が駆け付けると、水が入っていない池が最大で約70センチ浮き上がり、
地中に埋まっているはずの壁が露出していた。反対に周囲の地盤や道路は陥没し、
電柱が傾いていた。

 同課は翌3日にかけて道路を補修し、電柱を移動させるなどした。ところが4日朝には
池は最大で約1・5メートルも上昇。地盤の陥没も収まらず、水道管も破損し、
数十世帯が一時断水した。

 周辺の地下水位は1メートルと高い数値を示していたことから、同課は「降雨などで
地下水位が上昇し、池を押し上げたのでは。その下に土砂が流れ込み、陥没が起きた」
と推測する。ただ、ここ数日はまとまった雨もなく、詳しい原因は不明のまま。

同課は今後、池の周囲の地下水を抜き、陥没した場所の補修を進め、被害拡大を
食い止める方針だ。

・・・・

</YAHOOニュース引用>

最初、この記事も読んだ時は特に何も感じずに「へぇ~、何でだろ?」っとスルーしてたんだけど、

「あれ?待てよ?原因不明の地下水位上昇?どこだっけ?うわっ、千葉かよっ!?

地下水位の上昇っていわゆる「宏観異常現象」の一つで、動物が激しく騒いだとか、
ナマズが暴れたなどと同様、地震の前兆として民間に伝えられているけど、科学的な根拠が
認められていない現象の一つ。

大気イオン濃度の上昇も民間の伝承ではないけど、宏観異常現象と定義されているようだ。

所詮、民間伝承?まぁ、そう考えるのが正しいかもしれない。消防庁に「災害伝承情報の公開
って興味深いページがあって、語り継がれる災害や言い伝えが検索できる。

井戸」で検索すると結構出てくる。

う~む、嫌な予感して背筋がゾクゾクしてきた。
雨が降ってないのに2000トンのコンクリが浮くって相当だよね。

関東に大きな地震が起こる可能性があると思うので明日、地震費用保険に問い合わせ予定。
2009年7月1日から値下げされたとFP協会にニュースリリースが。

CFP(R)資格審査試験受験料の値下げについて

受験出願課目数1課目2課目3課目4課目5課目6課目
変更前5,250円10,500円15,750円21,000円26,250円31,500円
変更後 平成21年度第2回試験以降5,250円9,450円13,650円17,850円22,050円26,250円
割引額0-1,050円-2,100円-3,150円-4,200円-5,250円


これって、「複数科目受験時の割引制度」であって「値下げ」ではないと思うんだ。

え?細かい?

だって仮にこれがCFP試験ライフプランニングに出題されたら、

「次のうち、もっとも適切な選択肢を選べ」
1.2009年7月1日からCFP資格審査受験料が値下げされたため、受験者は今までより安く
 CFP資格審査試験を受験する事ができるようになった。
・・・

「おっ、これ知ってる知ってる。やった~。」と喜び勇んで1をチェックしたら
不正解とされて、「え~、なんでぇ~?」と解説を見ると、

解説:「一科目受験の場合は価格が変わらないため、安く受験できるとは言えない」

とか書いてあって、「むっき~!!!」とかなったりするじゃないですか。

え?こんなの絶対試験にでないって?
あ、はい、一々細かい指摘ですいません。
昨日、一昨日、と先輩独立系FPの事務所にお伺いする機会があった。

師匠やお師匠世代のFPは、相当成功されている方でもマンションの一室を事務所
としている場合が多いように感じるが、今回訪問したのは完全に住機能を切り離して
事務所として使用されていた。

ひとつは目黒で大変機能的な、必要なものをシンプルに集めている感じだった。
もうひとつは南青山でイスやテーブルにも趣向を凝らしてお洒落だった。
FPの性格や対象とする顧客層によって変わってくるのかなぁ、と興味深い。

私のFP同窓生にも「弁護士や税理士、司法書士は街中に事務所が沢山あるけど
FPはほとんど見かけない。あっても自宅兼が多いのが残念」と言ってる人がいたり、
「X年後に赤坂に事務所を開く!」と事業計画を作っている人もいる。

自分のお店を持つ、自分の事務所を持つ、独立開業を目指す人達にとって一国一城の主
となるのは夢なんだろうなぁ、と感じる。

ただ、僕自身は「初期に固定費の割合を増やしてしまうのは危険だ。」などと
シビアな思考になるので、中々事務所までは踏み出せないと思う。

慎重と言えば慎重だけど、チャンスを逃したりアクションを起こせずに終わってしまう怖さもある。
大切なのは「大胆に、そして細心に」一見相互矛盾するバランス感覚なのだと思う。

先輩FPの事務所のご成功をお祈りいたします。
昔は年金記録ミスは、ミスであっても支払いには時効があった。

社会保険庁による記録ミスが認められても、過去5年分を越える年金支払いミスは時効とされて、
5年以内の金額分しか戻ってこなかったのだ。それはあまりにヒドイだろう、って話になって、
年金時効特例法って法律ができて、今はちゃんと戻ってくるようになった。

ただし、その名残のせいで、戻ってくるタイミングが「5年以内分」と「5年を超える分」でずれる。

このブログも6月9日の「消えた年金の一部が返ってきた」で5年以内分が返ってきた事を
お知らせしたけれども、本日、「時効特例給付支払決定通知書」が届き、
「5年を越える分も戻ってくる事が決定しました」と通知があった。約一カ月。

時効特例給付支払決定通知書
(表面:画像をクリックすると大きくなります)

非常にわかりやすい文章、やればできるじゃないですか!

時効特例給付支払決定通知書(裏面)
(裏面:画像をクリックすると大きくなります)

何!
「年金時効特例法に基づき5年を越えてさかのぼって支払われる、この通知書に記載
された支払額については、所得税及び住民税は課税されません」
だそうで。まぁ、特別に作った法律で対応したからだろうけど、意外であった。
前回はばっちり取られてただけにちょっと嬉しい。

そして、計算の根拠となる表もとってもわかりやすい。
時効特例給付支払額
(表面:画像をクリックすると大きくなります)

裏面の説明もわかりやすい。
時効特例給付支払額(裏面)
(裏面:画像をクリックすると大きくなります)

ただ、「いつ振り込まれるのか?」についてはどこにも書いてなかったけれども。


考えてみると前回のわかりにくかった裁定通知書は、社会保険庁の不祥事が発覚する
前から使われている文書だけれども、今回のお知らせは年金時効特例法ができた後、
つまり村瀬長官が社会保険改革を頑張った後に作られた文書だろうから、
そう考えると、少しずつ社会保険庁が改善されてきてる証なのかなぁ、とも思いました。
日本のFP界のトップ集団を目指す!
本気のFP!
真剣にFPを極める!

と頑張っておられる知り合いの皆様に怒られそうだけれども、
先日の仲間内の打ち合わせ時に提唱された「道楽としてのFP」には一理あるような気がしてきた。

「お金にならないし、時間は取られるし、理不尽な事あるし、他人に理解されない。」
等々の表面的な部分だけで道楽としてのFPが提唱されたわけでもない。
(上記だけでも驚くほど共通点があるけれども)

たとえば、50ccの原チャリを一生懸命チューニングして、色んなパーツ付け替えたり、
オイル替えたり、色塗ったり、ヘルメット買い替えたりして、その結果、

「おっしゃ~!時速30km/h速くなったぞ~!!!」

なんて喜ぶ人っている。

どう考えても今まで使ったお金と手間があれば、もっと速くて良いバイク買える、
それどころかたぶん、余裕で軽自動車買えるくらいなんだけど、そんな指摘は無意味なのだ。

昨日の俺より今日の俺は時速30km/h速いのだ!それが嬉しいのだ、凄いのだ、ワクワクするのだ!

ねぇ、それ、何の意味があるの?お金になるの?もっと効率良い事あるんじゃないの?

わっかんねーかなぁ。この加速がすげーンだよ、それといい音鳴らすだろ、このマフラー!
後、このオイルがさぁ・・・・

その価値観を他人が否定する事はできないし、する必要もない。

役者馬鹿、空手バカ、釣りバカ、バイク馬鹿、FP馬鹿。

この境地に入ると「お金にならないし、時間は取られるし、理不尽な事あるし、他人に理解されない。」
等々の嘆きが、

「えっ、だから何?それって大事な事?それよりさぁ、すげーんだよ、これが・・・」

と、普通にスルーするようになり、結果、道楽FPは恐ろしい程の高みに自分でも知らないうちに
登っていく事になるのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。