システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸川FPフォーラムが終ってから一週間たった。
まだ、まとめ作業が多少残っているけどようやく多少落ち着いてきた。

終って2、3日後は「しまった!あの調整をやってない!」などと
夢に見てガバッと起きて「いや、もうFPフォーラムは終ったから!」
なんて事があったりしたので、自分自身もかなり気疲れしていたのと
反省点が沢山ある。

ブログも色々と考えたい事があって、一週間休んだ。
そのため過去一週間分の過去記事を書きながら、感じた事を過去記事にまとめてみた。
スポンサーサイト
FPフォーラムのように関係者が沢山いて、それぞれの立場や
姿勢が全く違うイベントは初めての経験だった。

実はITのプロジェクトも似たような部分があって、例えば、

・A社は、年棒契約だから残業代は一切ない
・B社は、基本給が低いけど残業代は全部出る
・C社は、月X時間までだったら残業代は出る
・D社は、残業代ではないがボーナスとして評価される

4社が業務委託されて一つのプロジェクトを実施している状況で、
更には個々人の事情も全然違っていて、

・A社のZさんは、小さいお子さんがいて責任感もあって何でも出来るが転職を検討中
・B社のYさんは、妻子持ちで他業種からの転職者で給料さえ貰えればよい
・C社のXさんは、独身でスキルアップに熱心だけど経験が足りず空回り気味
・D社のWさんは、とにかくキャバクラに夢中

そして、自分自身はA社の下請けのE社から業務請負でプロジェクトに参加する事に
なったけれども、一次受けのF社から「リーダーをやってくれ!」なんて頼まれて
とりまとめをやる事になったりする。

それぞれの立場、姿勢、利害、状況が違うし、当時、一番厳しく思ったのが、
リーダー自身が飴も鞭も持っていないと言う事だった。

逆かな。

リーダー自身が飴も鞭も持っていなかったから、マネージメントの際に
個々人の事情や状況を考慮する必要があることを学んだのだろうか。

まぁ「個々人の事情や状況を考慮する必要は一切ない!」とお考えの方も
いるかもしれないけれども、私も人選の段階ではそうだと思うけど、いざ、
プロジェクトが進行し始めると多少は考慮せざるを得ないのではないかと思う。

だが、FPフォーラムをやってわかったのは少なくとも仕事の場合は、
「金銭」という面で共通なモチベーションがあったのだな、とわかった。

ボランティアの場合は、「金銭」と言う共通なモチベーションさえないので
これって本当に大変なことなんだなぁ、と改めて思う。

FPフォーラムが終ってちょっと思ったのは、FPに対する情熱や思い入れもありすぎると
裏返しになってしまう危険があるなぁっと。

例えば、雑誌の記事を書く事になったとして、

1)半年後に2倍になる株はこれだ!
2)老後資金を考えて長期的な資産運用をしよう!

だったら、残念ながら1)の方が人気が出てウケも良い。

でも、半年後に2倍になる株が本当にわかるんだったら世の中、
お金に困る人なんていない。

だから、私も2)の記事の方がためになると思うのだけれども・・・。

ある日、何らかのきっかけでこう思ってしまうかもしれない。
「自分が正しいと思っていてもそれは世の中から求められておらず自分の収入にもならない」


この愚民どもがぁ~!!


「てぇ~んてぇ~んてぇ~ん♪てぇ~て♪てぇ~んてぇ~てぇてぇ~ん♪」
頭の中に流れるダースベイダーのテーマ。


脚注
 ダースベイダーは将来を期待される正義の味方候補だったが、
 ある事件をきっかけに、ダークサイドに落ちて悪の親玉になった。

何事もバランス感覚が大事だな。
皆様、本当にお疲れ様でした。

それにしても、打ち上げの時にいきなりパソコン自作の話をふられて面食らったが、
池袋FPフォーラムの時と同様、なぜか関係者にブログの存在がバレていた。

別に隠しているわけではないけれども、
「自分を知っている人が、自分のブログを読んでいる事を自分自身が知らない」
ってのはエラクむずがゆい。

って事で「読まないで良いです!

ペプシあずきの写メとかくだらない事しか書かないので。
いよいよ、明日開催。

他のFPフォーラムより多少深く関わっているため、例のブログでの宣伝制限などもあり、
本ブログでも紹介するのを自粛した。

って事で、例の規約を遵守して

詳細は日本FP協会東京支部のホームページへ!

ほんとはこんな直前ではなくて、一週間くらい前から制限に触れない形で色々と
書きたかったけれども、テンヤワンヤなところに加えて、パソコンぶっ壊れてしまったので
それどころではなかった。

フォーラムのテーマは「セーフティーネット」で、このブログで色々書いてきたことにも繋がる。

色々な意味で集大成。

明日本番の緊張感より、感慨の方が大きいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。