システムエンジニアからファイナンシャルプランナーへの転身を模索する人が書くブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しまったそういえば沈黙の処理を意識する事を忘れてた。
これも失敗した。

あれ、確か師匠は何を原因とする沈黙かによって対処が異なる、
沈黙の処理は難しいと大切な事を言っていたはずなんだけど思い出せない。
確か、4パターンあったはず。

お客様が考えて沈黙している時
 →ひたすら待つ。

お客様が混乱して沈黙している場合
 →こちらから「~という事ですかね?」と要約を試みる。

てな感じだったと思うのだけど、あとの2つが思い出せない。
さっきから資料を探してるのに見つからない。

困った、忘れた、資料の山をひっくり返せ。
スポンサーサイト
ファイナンシャルプランナーの師匠から伝授された相談後チェックポイントを見直し。

1)相談内容を十分に聴く事ができたか?
 →精一杯やったつもり。

2)相談の本質に関係ない質問やアドバイスを慎んだか?
 →かなり意識した。しかし、逆に必要な質問も控えてしまったような気がする。

3)お客様の本当に相談したかったことをわかってあげられたか?
 →理解したつもり。だが不十分な質問でわかったつもりになってないか少し不安。

4)自分の意見を言う前にお客様の意見を聞いたか?
 →失敗。「お客様はどう思われますか?」を質問していない。

5)自分の知っている「知識」だけで答えようとしていないか?
 →不十分。意識が足りなかった。やっぱり多少頭でっかち。

6)お客様の持っている答えを引き出すようにしたか?
 →大失敗。意識が足りなかったし、どういう誘導が有効なのかわからない。

7)~10)は省略。

むむ、キーワードは質問スキルだな。昨日の自己採点50は甘過ぎか?

しかし前向きに考えると全部身につけると、
ものすんごい事になるような気もする。

細木数子さんに勝てるかなぁ?
え?物差しが違う?
情報を対価に報酬を得ているという点では、同じ土俵だよね。

ファイナンシャルプランナーがいま一つ、一般に普及しない理由として
「日本人は情報にお金を払う習慣がない」が良くあげられるけど、
「いや、占い師にはお金払って相談してる!」という反論を聞いて深く納得した事あり。

そうだよねぇ~、占い師さんって職業として完全に市民権得てて報酬も高いし、
雑誌やネットでも「今日の~占い」が人気コーナーになったりしてるけど、
「今日の家計見直し」「日刊住宅ローンアドバイス」なんてコーナーないよね?
何が違うんだろうねぇ。

両者とも相当勉強しないとなれないし、不確実な未来に対して安心を提供したり、
夢の実現を後押しする点でも共通なんだよねぇ。

なお、細木数子さんの鑑定料は入会1万、相談一件10万、質問一件5万だそうです。
って事は、私の最終的な相談料はそのレベルを超える事を目指そう。

いや、むしろ細木数子さんが私のお客さんになるという事にすれば良いのか。
そうか、それだな。
よし、じゃあ、そういう事でよろしくお願いいたします。
来場者数も非常に多く、FPフォーラム全体で考えるとおかげ様で大盛況でした。

以下、個人的な反省点

1.基調講演/セミナーが一杯で入れない人が何人かいたようだった。
 実際、一杯で入れないのはどうしようもないのだけど、
 こちらから話しかけて多少でも無念の思いをくめていたらと後で思った。
 その時は案内係に夢中でそこまで気が回らなかった。

2.セミナー入場管理に整理券を配ったが、それを「受付で予約してください」
 「受付で予約券を受け取ってください」と案内してしまった場合があり、
 その結果「チラシには事前予約不要と書いてるのにっ!」と不満を
 感じられたお客様がいたようだった。
 言葉の表現の問題だけど不用意だった。
 案内係同士で打ち合わせして統一できていたらと後で思った。

3.会場は中央の巨大エレベーターで1F→5Fに直接移動する必要があり、
 構成的にわかりにくかったと思う。ただ、結構冷えるエレベーター下で
 案内を頑張ってた担当もいたのだけど、「そこ(エレベーター下)で案内をしないで欲しい」
 と会場側から申し入れがあり、途中から案内ができなくなった。
 事前に会場側に案内の制限等を確認し、案内板準備するなりができていればと後で思った。
 迷われた方には大変申し訳なかったと思う。

後で思った」多すぎ。
1、とかKYじゃなければ、残念そうにしているお客さんがいるっ!ってすぐに感づいたと思うのだけど、
後で気づくんだよなぁ。

やっぱり、せっかく寒い日曜日にわざわざ来て頂いたのに不便や無念の思いをされた方が
少しでもいたとしたらとても申し訳なかったなぁ、と思う。

ディズニーランドの哲学だったかな、顧客満足度って「100-1=0」、
つまり99%完璧でも1点でも嫌な思いをして減点があると満足度は0になっちゃうって
読んだ事がある。
言うのは簡単だけど自分でやると偉く厳しい世界だなぁ、とつくづく実感。


個別相談は、現在、自分が持っている物を全て出せてお客様にもご満足いただけたかと思う。
ただ、理想を100とすると50くらいしか実力がないのも認識。

・聴く能力が足りない。-10
お客様が「言っている事」ではなくて「言いたい事」を聴きとらなくてはいけないのだとわかった。
これは「本音を聞き出す」事ではなくて、「どういう意味でその単語/表現を使ったか?」という事。

・知識体系が雑。-20
お客様が質問してきた際、「概要」は「ぼんやり」出てくるけど、確信を持ってないので
「ぼんやり」とした「概要」しか話せない。
頭の中で完璧な絵と表がさっと出てきて、お客様にわかりやすいようにその場で絵を
書きながら図解できるくらいまで整理して磨かないと駄目。

・まとめが下手。-5
相談の最後に
「お客様の抱えている問題は結局どういう事であり、今後、どのように対処していく結論となったか」
を明確にまとめて伝えきれてない。時間配分もダメ。

・質問能力が足りない。-10
「同じ質問を2度された」とお客様が感じてしまった時があった。
聞きたかった事は違う事のつもりだったが、質問の仕方が悪い。

また、例えば配偶者の有無でケースが変わってくる場合、「ご結婚はされてますか?」
と質問するのは良くない。
「ご家族構成は?」と聞く方が得られる情報量も多いし、心理的抵抗も少ない。
これは、同じ協力員の方にアドバイスして頂いた事だけど大感謝。

・表現力が足りない。-5
敬語表現など、とっさの表現を言いよどんでしまう事があった。
模擬講義の時もそうだけど、日頃の言葉使いから修正していかないと駄目だと思う。

などなどなどなど課題山盛りテンコ盛り。

課題は多いですが、とても良い経験になりました。

機会を与えてくださったFP協会、アドバイザーの皆様、実行委員の皆様、協力員の皆様、
講師の皆様、そしてもちろん、ご来場いただいたお客様、どうもありがとうございました。
蜂谷さんのセミナーで鍵をお忘れになった方、おられましたらコメント等でご連絡ください。
以前、こちらの記事にAmazonのアフィリエイトをブログに張って自分で購入したい願望を書いたけれども、
規約的にNGらしい。
嘘情報ごめんなさい。

おかしいな、規約はざっと読んだはずなんだけど、ともう一度見直したら、ばっちり書いてあった。

<アマゾン規約より引用>
乙のサイト上のリンクから始まったセッション中で乙の個人的な利用や再販または何らかの商業的使用を目的として、乙は商品を購入してはなりません。この中にはお客様のため、またはお客様を代理する注文、あるいは乙自身や、友人、身内、関係者の方々のための注文が含まれます。
</アマゾン規約より引用>

なんだ、残念、規約を読む時は相当集中しないと駄目だな~って思いながら、
他に良いのがないか色々と調べると
Yahooアフィリエイトの特集ページでYahooは自分で購入してもOKとあった。

おぉ、良いなぁ~、では扱ってる商品はどんなのかな?と見てみると
おもいっきりAmazonがいる!

つまりAmazonと直接契約すると自己購入はNGだけど、Yahoo経由だとOKと言う事。
まぁ、Yahoo経由の場合は3%固定って制限があるからなのかもしれないけど、
おかしな話。

更にひっかかるのが、かなり読んでもYahooアフィリエイトが
・Yahoo提供の無料ブログ
・Yahoo提供の無料ホームページ
以外で使えるのかどうかが明示されていない。

「Yahooアフィリエイトを始めるにはブログ開設が必要です!」
 →「Yahooブログ(無料)でブログを開設しましょう!!」
的な誘導はあるけれども。

だが、おかしな話がある時は、調べるとお得な話が隠されている時が多いのがFP道の常。
優先度は低いけどいずれ調べよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。